Qetic Instagram 01 B

1月15日(月)21時から放送された新月9ドラマ『海月姫』で「尼〜ず」のメンバーで三国志オタクの“まやや”役の内田理央の演技が振り切りすぎていると話題になっています。ドラマ『海月姫』は大人気漫画家の東村アキコによる、累計発行部数440万部超えを誇る大ヒット同名作が原作で、クラゲを愛しすぎてしまった筋金入りの “クラゲオタク女子”(芳根京子)が、ある日、女装美男子(瀬戸康史)と童貞エリート(工藤阿須加)の凸凹兄弟に出会い、なんとも複雑でややこしい三角関係に突入。そんな中で自分には一生縁がないと思っていた恋を知り、新しい自分を見つけていく“シンデレラ・コメディー”。

1月15日(月)21時から放送された新月9ドラマ『海月姫』で「尼〜ず」のメンバーで三国志オタクの“まやや”役の内田理央の演技が振り切りすぎていると話題になっています。

『海月姫』とは?

『海月姫』は大人気漫画家の東村アキコによる、累計発行部数440万部超えを誇る大ヒット同名作が原作で、クラゲを愛しすぎてしまった筋金入りの“クラゲオタク女子”(芳根京子)が、ある日、女装美男子(瀬戸康史)と童貞エリート(工藤阿須加)の凸凹兄弟に出会い、なんとも複雑でややこしい三角関係に突入。

そんな中で自分には一生縁がないと思っていた恋を知り、新しい 自分を見つけていく“シンデレラ・コメディー”。

内田理央が三国志オタクを演じる

月海と共に男子禁制アパート「天水館」で暮らし、“尼〜ず”は、それぞれ個性が強く、ひとりひとりが印象に残るキャラだが、その中でもひと際反響が大きかったのは、女優でモデルの内田理央だ。

これまでは、内田のスタイルとルックスを活かし、小悪魔的な役柄が多かったが、今回の役では前髪が常に顔に覆いかかり、赤ジャージをインしたビジュアルは、視聴者を驚かせた。

「え、赤ジャージってだーりお!?」ドラマ『海月姫』での内田理央の演技が話題! art180116_kuragehime_1-700x971

「え、赤ジャージってだーりお!?」

SNS上では、「え、赤ジャージってだーりお!?」、「まややが原作通りすぎるww」、「だーりおが最高に面白い」、「まやや、だーりおだったのかよ! 一番マンガ通りだった気がする。ヲタク演技上手いな」、「まややって内田理央なの!? こんな体当たり演技できる人だったんだ」、「海月姫、だーりおがあんなにかわいいのにだーりおの前髪でほとんど隠れているから、すごい贅沢」。

さらには、「だーりお出ないじゃんって思ってたけど、もしかして上下ジャージの三国志ヲタ役なのか?」と終盤まで内田が“まやや”を演じていることに気付かなかったという声など、内田のオタク演技に対し、驚きと賞賛の声が数多く見られた。内田は「海月姫」が月9初出演となるが、2話以降も内田の振り切った演技に期待が集まる。

「え、赤ジャージってだーりお!?」ドラマ『海月姫』での内田理央の演技が話題! art180116_kuragehime_3-700x467

ドラマ『海月姫』での内田理央の画像をもっと見る

INFORMATION

『海月姫』

2018年1月スタート毎週月曜午後9時放送
出演者:芳根京子、瀬戸康史、工藤阿須加、木南晴夏、松井玲奈、内田理央、富山えり子 他
原作:東村アキコ「海月姫」(講談社「Kiss」所載)
脚本:徳永友一
編成企画:渡辺恒也
プロデュース:小林宙
演出:石川淳一、山内大典
制作:フジテレビ/共同テレビ

原作紹介
ドラマの原作は、今年「東京タラレバ娘」(講談社「Kiss」所載)が日本テレビ系でドラマ化され大ヒットしたことが記憶に新しい人気漫画家の東村アキコの同名作品(講談社「Kiss」所載)。17巻まで発刊されているコミックスは、累計発行部数440万部超えを誇り、2010年には「第34回講談社漫画賞少女部門」を受賞、2011年には「このマンガがすごい!2011 オンナ編第3位」を受賞するなど、東村さんの代表作となります。そんな希代の人気作品だからこそ、2010年にはフジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」でテレビアニメ化、2014年には実写映画化もされており、ともに大きな話題を呼びました。そして11月13日にコミックス最終巻となる17巻が発売されたことを機に、今回、満を持して初のテレビドラマ化で物語を完全に映像化。この冬、日本中に“海月姫”旋風を巻き起こします!
詳細はこちら

内田理央Twitter

内田理央Instagram

▼RELATED
新月9ドラマ『海月姫』で内田理央の衝撃ビジュアル解禁!だーりおが“三国志オタク”を演じる!?

“すっぴん”も“お尻ヌード”も大胆披露!「だーりお」こと内田理央、写真集2冊同時発売が決定!

plan02_recruit_20170927
Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

北海道札幌市出身。The Libertinesを追いかけて渡英し文学、音楽などの英国文化に触れ帰国。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数