COLUMN

11
photo by motohisa saito
plan01_recruit_20181113b

私は去年いっぱいで
お世話になっていた事務所を離れました。
離れた後、マネージャーさん達を裏切ってしまったという罪悪感と
27という年齢でこれからフリーとして動いていく不安で
もう、やっていくのをやめようかな
と、悩んだ時期があったの。

その時にはじめて
私は『諦める』が追いかけてくる感覚に襲われました。

意味わからないですよね、、、笑

そう、例えば
なりたいな。と思う夢があったとして

あ、無理かもな。と思う時が必ずくる。

それが小学生のときにくる人もいれば
高校や、大学のときの人もいる。

周りを見渡して
周りの人の才能や努力に目を向けて
自分の実力を知る。
そこでまってました!と『諦める』が追ってくる。

そんな感覚、、、わかるかな。笑

それが、
『諦める』が追いかけてくる。です。

諦めるということ。 column_shino02_002

実は、このお話は
事務所を離れたタイミングで
プロ野球選手を目指していた父親にもらった手紙に書いてありました。

これを読んだときには
わたしはもうやめようと決断していました。

諦める、に追いつかれた時期だ。と。

ただ、私がそいつに追いつかれずに
今もこうしてなんとか続けられているのは
その時に
そうだ。最後にもう一度だけ
お世話になった人たちに
お礼を伝えていこう。と思ったこと。
最後に、本当に最後に
もう、諦めると決めたのだから
最後にもう一度だけでも、がむしゃらに恥ずかしいを捨ててやってみよう。と思ったこと。
だと思っています。

感謝の言葉を告げるたびに、
もう最後だから、と心でつぶやきました。
そう思うほどに

最後だからいいものにしたいと
全力でやりました。

そうしていくうちに、
なんだか周りがわたしにどれだけの力を与えてくれていたのかを
知りました。

諦めるということ。 column_shino02_003
そして、
今。

私はもうちょっと。もう少し。と思っています。笑

自分で言ってしまいますが、、、笑
それが、大切だと思いました。

そのちょっと、もうちょっとが大事だな。と

才能はなくても
自分ができる精一杯の全力疾走はできる
才能には届かなくっても
ありがとうの気持ちを忘れないようにすることはできる。

このコラムの
とりあえずあと一歩。
は、そんな思いからつけました。

とりあえずあと一歩。
もうちょっとだけ。

そんなあなたはもう、100点満点なのです。
あ、ということはわたしも100点満点ですね。笑
ふふふふ。

夏目志乃

夏目志乃

女優

Published on