勝手にふるえてろ

FILM

10
©2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会
Qetic Instagram 01 B

松岡茉優が初主演を務める映画『勝手にふるえてろ』(大九明子監督)の公開日が12月23日(土)に決定し、主題歌として黒猫チェルシーの新曲“ベイビーユー”の冒頭15秒が主題歌決定トレーラーとして公開。原作は2001年に『インストール』でデビュー、『蹴りたい背中』で第130回芥川賞を受賞した作家・綿矢りさ。渡辺大知、石橋杏奈、北村匠海(DISH//)らが出演する。

松岡茉優が初主演を務める映画『勝手にふるえてろ』(大九明子監督)の公開日が12月23日(土)に決定し、主題歌として黒猫チェルシーの新曲“ベイビーユー”の冒頭15秒が主題歌決定トレーラーとして公開されました。

7月16日(日)に黒猫チェルシーの出演する北海道・岩見沢で開催された音楽フェス<JOIN ALIVE>の舞台上でヴォーカル渡辺大知さんの口から発表され、会場は大きな歓声に包まれました。

映画『勝手にふるえてろ』は、『蹴りたい背中』で芥川賞を受賞した綿矢りさが2010年に発表した小説をもとにした作品です。松岡茉優演じる24歳まで片思いしか恋愛経験がなかったOL・ヨシカが、突然交際を申し込んできた同期の二との「リアルな恋愛」に乗り切れず、「脳内の片想い」を続けている中学時代の同級生・イチと再会するために同窓会を計画するというストーリーです。

映画に、自身も松岡茉優さんの「“リアルな恋愛”の彼氏」の二役として出演をしている渡辺さんは「“映画が終わるとき、こんな感じで終わってくれたら、おれは嬉しい!”っていう自分なりのこの映画への愛が伝わればと思って曲を書きました。出演して、現場の空気を感じた上で主題歌を作れたのはとても贅沢なことだなと思います。」とコメントをしています。

黒猫チェルシー『ベイビーユー』-映画「勝手にふるえてろ」主題歌決定特報

松岡茉優コメント

壁ドン顎クイ肩ズン
そりゃあキュンキュンするけれど
ベイビーユーを例えるなら
不器用に正面からただ抱きしめる
映画をご覧の際にはぜひこの温かさを感じてください。

渡辺大知コメント

「映画が終わるとき、こんな感じで終わってくれたら、おれは嬉しい!」っていう自分なりのこの映画への愛が伝わればと思って曲を書きました。出演して、現場の空気を感じた上で主題歌を作れたのはとても贅沢なことだなと思います。

実際にこの曲が映画でかかるのはまだ観れてないんですが、試写を観た主演の松岡さんが「主題歌、素敵だった」と言ってくれて、それが嬉しかった。いい曲ができちゃったぜ。冬が来たら、甘酸っぱさをもらいにおれも映画館に観にいこうと思う。公開が楽しみです。

大九明子監督コメント

主題歌……というよりはむしろ、この映画をどう終わらせるかを考えた時、大知くん演じるところのニ君の歌声で閉めたいと思い、黒猫チェルシーにお願いしました。

大知君は、物凄く真面目に頭で考えるタイプで、決して「あ、降ってきた」とか言って曲を作る人ではないのです。

悶え苦しむ姿は、まるでニっぽくて、超絶チャーミングでした。おかげさまで聴きたかった楽曲を頂戴できて嬉しゅうございます。ありがとう、黒猫チェルシー!

映画『勝手にふるえてろ』

本作の原作『勝手にふるえてろ』は、01年に『インストール』でデビュー、『蹴りたい背中』で第130回芥川賞を受賞した作家・綿矢りさによる同名小説。微妙な年頃の女性の行き場のない感情をリアルに描き、高い評価を受けています。そして今回主演を務めるのは、本作で映画初主演となる女優・松岡茉優。役どころは、絶滅した動物が好き過ぎて、アンモナイトの化石についてネットで調べていたら気づくと朝になっていたり、中学時代の初恋の相手との過去を思い出しては、胸をトキめかせる、ちょっと変わった恋愛ド素人OLのヨシカ。本作では、“2人の彼氏”を自分の中で、イチ、ニと勝手に命名し、“リアルな恋愛”と“脳内片思い”を繰り広げるという、極度に捻じ曲がった乙女心を披露。そんなヨシカの“リアルな恋愛”の彼氏に、『色即ぜねれいしょん』で俳優デビュー、黒猫チェルシーで、ボーカルを務めながら、役者としても独特の存在感を放つ渡辺大知。ヨシカに鬱陶しがられるほど猛アタックをし、若干強引に(?)彼氏となる男・二を熱演。そして“脳内片思い”の彼氏には、DISH//でボーカル・ギターを務め、『君の膵臓を食べたい』(17/月川翔監督)、『恋と嘘』(17/古澤健監督)など話題作への出演が控える、今最も注目の若手俳優・北村匠海。ヨシカの中学時代からの片思いの相手・イチをクールかつ魅力的に演じました。その他、ヨシカを取り巻く共演者にも、個性的な役者が揃いました。ヨシカの恋を搔き乱してしまう同僚に石橋杏奈、ヨシカの話し相手になる釣りのおじさんに古舘寛治(※正式には外字の舘(※舎官)となります。WEB上では、表現できない文字のため、「舘」を使用しています。)、同じアパートに住む、すこしおかしな隣人に片桐はいり。24歳まで恋愛経験ゼロの遅咲きな主人公・ヨシカが繰り広げる、悩んでは傷つき、暴走する恋の行方を、誰しもが最後まで応援したくなる痛快コメディの誕生です!

『勝手にふるえてろ』

12/23(土)、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー

原作:綿矢りさ著『勝手にふるえてろ』文春文庫刊
監督・脚本:大九明子 
出演:松岡茉優 渡辺大知(黒猫チェルシー) 石橋杏奈 北村匠海(DISH//)古舘寛治 片桐はいり
配給:ファントム・フィルム
主題歌:黒猫チェルシー「ベイビーユー」(Sony Music Records)
©2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

STORY:私には彼氏が2人いる──中学時代からの片思いの相手イチ(北村匠海)と、突然告白してきた暑苦しい同期のニ(渡辺大知)。「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが……。 “脳内の片思い”と“リアルな恋愛”。同時進行で進むふたつの恋の行方は?

詳細はこちら

Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

北海道札幌市出身。The Libertinesを追いかけて渡英し文学、音楽などの英国文化に触れ帰国。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数