——じゃあ、話を進めましょう。一方で、岩本さんは、一般社団法人ライツアンドクリエイションでアーティストの権利を守る活動もはじめますよね。

岩本 QUATTROの最後のアルバム『4』を出したあとに、「自分は何をやったら、音楽の中で意味のあることができるだろうか」と考えたんですよ。自分の場合は、音楽は自分が満足できればそれで完結できる。だけど、それ以外で何をやりたいか考えた時に、ちょうど息子が生まれたタイミングだったこともあって、「音楽をやっていくことや、それが楽しいということを、もっとサポートできる環境を作りたい。」と思ったんです。俺がやったところでどれだけ意味があるのかは分からないけど、まずはやってみよう、と。名目としては「今活動しているアーティストをサポートする」と掲げていますけど、一番はこれからを担う子供たちが「音楽をやるのってかっこいいよね」と思える環境を整えたいということで。

【鼎談】一夜限り?の再結成The Cigavettes、HO17と、QUATTROフロントマンが解散/現在を赤裸々に語る In170619_3band38-700x467

——これは結局、音楽とのかかわり方の話ですよね。みなさん同世代でバンドをはじめて、一緒にツアーをしたり作品を作ったりして。でも、もともと音楽とのかかわり方がそれぞれ少しずつ違っていたことが、今の活動の違いに繋がっているんじゃないかと思います。

岩本 そうですね。それに、すぐに見えるところだけでなくても、幹宗がかっこいいギターを弾いていたり、太郎がソロでも活動していたり、俺も自分のソロの作品を作ったりしていて、聴こうと思ってもらえれば俺の書いた曲は色々転がっているので。音楽とのかかわり方は、ひとつではないということですよね。俺、企業の留守番電話のバックで流れてる音楽とか作ってるし、そこに掛けてくれれば俺の作った曲聴けるよっつって。聴こうと思ったらその辺に転がってるし。幹宗は、ステージ以外でも、バーでリクエストされた曲なんでも弾けるとかやってるしね。個々に音楽との関わり方は違うからね。

▼関連記事
QUATTRO・岩本岳士、アーティストの“自由創作”の土壌を作る一般社団法人「ライツアンドクリエイション」設立

——ちなみに、みなさんが最近好きで聴いている若手アーティストというと?

山本 tricotのイッキュウちゃん(中嶋イッキュウ)から、「このバンド、The Cigavettesのファンだったよ。」って、ドミコを教えてもらって、聴いたら「あ、良いじゃない。」って。結構かっこよかったんですよ!

一同 (笑)。

山本 そういえば、前に、誰かがドミコが良いって言ってたなと思ったけど、思い出せなくて……。でも、俺の場合、この人の話は聞く、この人の話は聞かないみたいな基準があって……。

岩本 前に、ドミコを良いって言って歩いてたのはthe telephonesの誠治だから、それは、誠治のせいだな。

山本 あいつの話なんて聞かなくて良いからね。だからだと思うんですけど。

——もっと早く知れた可能性はあったんですね。

ドミコ / まどろまない(Official Video)

山本 あと、知ってるかわかんないんですけど、くるりっていうバンドがいて……。

一同 (笑)。

岩本 その流れでいうと、最近くるりが良いって言っていたCHAIも名前をよく聞くよね。

山本 くるりが、スタジオでセッションをやってた時に、岸田くんが、CHAIが良いって。

三浦 CHAI、ライブ一緒にやったことあるんですけど、むちゃくちゃ頭おかしくなるくらい……。

山本 かわいかった?

小田 今の彼女よりかわいかった?

三浦 かわい……かった。

lute live:CHAI「Sound & Stomach」

山本 たくさんいるけど、思い出せない……。

小田 太郎は?

三浦 そうですね…。

山本 ここでチャンス・ザ・ラッパー(Chance The Rapper)とか言ってもね……。

三浦 ナードマグネットは、HO17の頃から、すごい好きで。曲もこの前書いたので。

小田 あ、営業ね。

三浦 営業じゃない営業じゃない(笑)。そもそも好きなんですけど、あれなんだっけな?

ナードマグネット 「MISS YOU feat. Taro Miura(フレンズ)」
(Official Music Video | Nerd Magnet – Miss You)

小田 LOCAL SOUND STYLE?

三浦 ちょっと!

岩本 まぁ、若手は、いっぱいいますけどね。YOUR ROMANCEとか頑張って欲しいし。

三浦 PAELLASもね。

岩本 DYGLもかっこいいし。

三浦 あ、DYGLだ。すごい良かった!

岩本 テコの原理とかね。

小田 スコット&リバースは?

三浦 今っすか(笑)。

山本 加トちゃん&ケンちゃんとか。

一同 (笑)。

小田 自分たちがやってた時代と、今で違いを感じることは?

岩本 今は、多様化し過ぎていて。俺らってある一定セールスを伸ばすとか。客の動員を伸ばすとか。

山本 わかりやすいゴールがあったよね。

岩本 自分たちの時の方がわかりやすかったかなと思うけど、よくも悪くも自分たちの身の回りで完結できちゃう目標を作れる環境が今はあるから。

山本 まぁ、それも良し悪しというか……。まず、ちゃんとしたレコーディングをするためのハードルがあったよね。

岩本 そうそう。そういうのは、なんでもできるようになってしまったところのマイナス部分かも。

山本 誰かに認められないとまず世に出れないっていう。まぁ、それが良いのか悪いのかはさて置き。

【鼎談】一夜限り?の再結成The Cigavettes、HO17と、QUATTROフロントマンが解散/現在を赤裸々に語る In170619_3band35-700x467

——そういうハードルはあったってことですよね。

岩本 最近は、めちゃくちゃかっこいいのに、そこに収まっちゃうの? ってバンドも多いですね。

小田 具体的に言うと? あっこゴリラとか?

岩本 あっこゴリラじゃなくて(笑)。D.A.N.もね。すごく良いバンドだし。

山本 D.A.N.ね。あと、本日休演。インドの牛乳屋さんみたいなタイトルの曲があって、すごい良かった。

岩本 曲のタイトルが良いってこと?

山本 インドの牛乳屋さんって名前じゃないと思うけど、その曲がめちゃめちゃ良い。

岩本 わかり辛っ(笑)。

山本 Lillies and Remainsとか。

【鼎談】一夜限り?の再結成The Cigavettes、HO17と、QUATTROフロントマンが解散/現在を赤裸々に語る In170619_3band29-700x467

小田 音楽を聴くフォーマットは? Apple Musicとか?

岩本 俺、Apple Musicとかサブスク系は、ひとつも登録してない。

山本 あれ便利よ。昔は、ふいにティーンエイジ・ファンクラブ(Teenage Fanclub)とか聴きたくなった時に、押入れ開けて、ダンボールの中をガサガサってやって無くて、「ああ、実家や……。」って。それで、電源が入らなくなったiPodがあって、「これは、もうだめやって。」いうのをやってた自分としては、便利ですよ。あと、押入れの中って、なんであんなにホコリっぽいんでしょうね。

——夜家で飲んで、朝起きた時に「うわ、こんな散らかってる?」ってなったりしましたよね。

岩本 試用期間とかに登録したんだけど、一回も使わなかったな。

一同 えー!?

岩本 人それぞれ聴き方違うよね。

山本 俺なんて、昔、MD20枚とか40枚とか持ち歩いてたし。iPodが出た時に、革命だと思ったね。10GBがすぐパンパンになるみたいな。

——今はみなさん、それぞれに新しいプロジェクトや活動を進めていると思います。これからに向けてはどんなことを考えていますか?

三浦 やっぱり、今やっていることを100%できるような環境を続けていくということですね。フレンズも頑張りたいし、自分の弾き語りもやっているんで、それも続けていきたいし。だから……(真面目な顔をする)。

山本 えっ、泣く?

岩本 いやいや、それどういう感情なんだよ(笑)。感情ぶっ壊れ過ぎでしょ。

三浦 (笑)。自分の場合は、ずっとステージに立っていられたら良いな、と。そのための何かを続けていきたい。僕はそういうかかわり方が好きなんでしょうね。

【鼎談】一夜限り?の再結成The Cigavettes、HO17と、QUATTROフロントマンが解散/現在を赤裸々に語る In170619_3band30-700x467

山本 俺の場合は、サポートをやらせてもらったり、今はディレクターとしてくるりの制作をやらせてもらったり。俺もステージには立っていたいし、ありがたいことにオファーももらえているんで、そこは太郎と一緒で頑張っていきたいですね。完全に裏方だけはできない。裏方の仕事がダメだとかそういうことじゃなくて。やっぱり、ステージに立ててこそっていうのはありますからね。あとは、うまく仕事がバッティングしないようになったら良いなと。

岩本 それが、一番の悩みだろ?

山本 休みがないのよ、本当に。スケジュールがどんどん入るから。それで、カミさんに遅いの? って毎日訊かれて、「うん、遅い。」っつって(笑)。今日もね、遅いじゃないですか。今から浅草に行くんでしょ? 撮影しに。それもしょうがない。仕事あるうちが華なんで頑張りたいなっていう。普通のことを一回は言っておこうかなと。さあ!

岩本 俺?

三浦 トリみたいになってる(笑)。

岩本 自分の場合はやりたいことがステージに立つのとは変わってきて、さっき話したように、若い子たち=次に音楽をやる可能性のあるやつに何かチャンスを残せないと、俺はやり甲斐がないなと……。

山本 しー!

一同 (笑)

山本 それって、『電波少年』でヒット出さないと解散ってやってたやつ?

——なんですか?

山本 そうだ、Something ELseだ! 岳士とも、そういうの一緒にやりたいなと。随時、引っ張り出してやろうかと。ごめんね、話の途中に(笑)。

ラストチャンス / Something ELse

岩本 一般社団法人ライツアンドクリエイションもそうだし、最近は政治家の方でも、音楽カルチャーに理解のある先生方と色々話をさせてもらって、そういう音楽が文化的には……。めっちゃ堅い話じゃない?

小田 幹宗がニヤニヤしてる(笑)。

山本 サムシング・エロス(笑)!

一同 (笑)

岩本 行政の力を借りて、サムシング・エロスをやる(笑)。

一同 (笑)

山本 サムシング・エロス(笑)。

岩本 そういうことをしながら、若い子たちの音楽とのかかわり方を整えていけたら嬉しいですね。今更、そんなこと言ってる場合でもないんですけど。

山本 でも、岳士が最近出したアルバム『Bleu outremer』(Takeshi Iwamoto名義)もすごく良かったけど、誰も知らないっていう。ただ、作ったっていう。大事な啓蒙活動の傍ででも、その場で売りさばくとかしないと。ちょっともったいないね。

Takeshi Iwamoto / Blue beyond the sea inc.Al”Bleu outremer” – now on sale

岩本 そういうのもやれたら良いなとは思うよ。太郎がフレンズやったり、幹宗がギター弾いたりとか、そういう尊敬できるものに対して、俺が感動するんじゃなくて、色んな人が感動できるように、音楽の魅力を伝えていきたいと思いますね。

山本 マジリスペクトみたいなね。

岩本 マジリスペクト(笑)。