plan01_recruit_20170927

今年、14年振りに復活した大沢伸一のソロ・プロジェクト「MONDO GROSSO」。新作アルバム『何度でも新しく生まれる』は、MONDO GROSSO史上初となる、全編日本語ボーカルで制作され、時代を射抜いた作品の数々で […]

今年、14年振りに復活した大沢伸一のソロ・プロジェクト「」。新作アルバム『何度でも新しく生まれる』は、MONDO GROSSO史上初となる、全編日本語ボーカルで制作され、時代を射抜いた作品の数々で、2017年の音楽シーンを圧巻した。

復活の第一弾シングルとなった“ラビリンス”は、満島ひかりをボーカリストとして起用し、彼女が香港を舞台に歌い舞うミュージックビデオは、再生回数が現在750万回を超え、< VMAJ2017>にて「BEST DANCE VIDEO」を受賞するなど、今年を代表するMVとなった。

/ ラビリンス

また、アルバム発売前にボーカリストの名前を公表せずリリースされた“ラビリンス”の限定プレス12inchアナログは即完売、超プレミアとなり音楽ファンからのMONDO GROSSO再始動への期待を象徴する現象となった。

MONDO GROSSO、満島ひかり起用「ラビリンス」に続き、UA起用「春はトワに目覚める」が12インチでリリース! music171121_mondogrosso_2-700x700
“ラビリンス”

その“ラビリンス”に続いて12inchアナログとして、シングルリカットされる事が決定した“春はトワに目覚める”は、大沢伸一の盟友・UAがボーカルを務める楽曲。

この楽曲は、東京のアンダーグラウンドスポット、青山OATHにて大沢伸一が昨年よりスタートした年に4回のレギュラーパーティーでのオーディエンスとの空間からインスパイアされて生まれた楽曲という事で、アルバムの中で最もダンス仕様な楽曲となっている。

MONDO GROSSO / 春はトワに目覚める[Vocal:]レコーディングセッション

アナログ・マスタリングは、グラミー受賞エンジニアであり、アナログレコードに関してもマエストロであるHerb Powers Jr.が担当。

アルバムに収録されている(Ver.2)と、iTunes・AppleMusicでの限定トラックの(Ver.1)、それぞれ6分強の大作トラックが、極上の音質で堪能出来る。

前作“ラビリンス”のアナログジャケットは、黒猫と女性というアートワークで、黒猫に隠れた女性が、のちに満島ひかりだった事が判明したが(黒猫は大沢伸一の愛猫という事も) 、解禁された“春はトワに目覚める”のアートワークにも、黒猫と女性が登場している。ここにもメタファーが隠されているのだろうか。

MONDO GROSSO、満島ひかり起用「ラビリンス」に続き、UA起用「春はトワに目覚める」が12インチでリリース! music171121_mondogrosso_1-700x700
“春はトワに目覚める”

完売前に、予約して手に入れたい一枚だ。

PRODUCT INFORMATION

春はトワに目覚める

MONDO GROSSO、満島ひかり起用「ラビリンス」に続き、UA起用「春はトワに目覚める」が12インチでリリース! music171121_mondogrosso_1-700x700
2017年12月13日(水)
¥2,200(tax incl.)
TYO12S003

トラックリスト:
SideA:春はトワに目覚める (Ver.1)
SideB:春はトワに目覚める (Ver.2)

詳細はこちら

▼RELATED
MONDO GROSSOとは何者なのか?満島ひかり、やくしまるえつこ、乃木坂46・齋藤飛鳥らを迎えた最新作『何度でも新しく生まれる』へ至る道筋

plan02_recruit_20170927b
Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

北海道札幌市出身。The Libertinesを追いかけて渡英し文学、音楽などの英国文化に触れ帰国。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数