KEYWORD : 異色肌ギャルプロデューサー

ART&CULTURE

「異色肌ギャル」で話題のmiyakoが『水中ニーソ』に初登場!

2013年から継続されている写真集シリーズ『水中ニーソ』。月刊誌『月刊水中ニーソR』12月号がネットショップでは2017年12月13日(水)より発売開始。グラビアポエムが合体した水中ニーソ連載には、「異色肌ギャル」で話題のmiyakoが初登場!

64
ART&CULTURE

『異色肌ギャル』がVRで大暴れ!?「VR ZONE SHINJUKU」に降臨!

「VR ZONE SHINJUKU」にて、「異色」をテーマにした様々な企画、イベントが11月24日(金)より開催される。miyako率いる極彩色のギャル集団『異色肌ギャル』を起用したプロモーションビデオを、公式ホームページや公式SNS等で公開。

43
オタクがオタクとして社会で生き抜くためのライフハック

「あの人は実は〇〇!〇〇のお相手は!?」

世界はウワサに溢れている。
人はウワサをするのが大好きで、それはお昼のワイドショーでも、主婦の井戸端会議でも、女子高生のこそこそ話でも。
本当の情報も偽物の情報も一緒になって、ホントもウソも全部ウワサだ。

17
オタクがオタクとして社会で生き抜くためのライフハック

「おいオタク、オタクしてんのか」

オタクじゃない人間からしたら、インターネットにハマっている人間はみんなオタクである。
おいオタク、オタクしてんのか?

71
ART&CULTURE

噂の”異色肌ギャル”が表参道に降臨!魅惑の花魁姿で現場は一時騒然に!!

今年6月に新宿歌舞伎町で開催された撮影会がネットニュースやtwitterを中心に大きな話題を呼び、世界中にフォロワーを生んでいる謎のギャル軍団 ”異色肌ギャル”が、9月9日(土)午後20時頃、ファッションイベントで賑わう表参道に突如現れた。

70
オタクがオタクとして社会で生き抜くためのライフハック

「個性ある人になりたがる癖。」

自我を、個性を、求める我々。
自分は他人とは違うと思いたがり、そして社会に適合するものをどこかで見下す癖のある我々。
私は小さい頃から、通信簿に「協調性がありません」と書かれ、親共々、期末ともなると呼び出される子供だった。
変わっていることは社会への反抗だったし、媚びへつらう大人は大っ嫌いだった。
9歳で虹色の服を着てお団子にして、12歳でBABY,THE STARS SHINE BRIGHTのロリータ服を纏い、リアルロリータを自ら好んで着ていた小学生だった。

76

RANKING

FEATURE

COLUMN

INTERVIEW