plan01_celineH2_20181015

Appleは現地時間2017年12月28日にバッテリーが劣化したiPhoneのCPU性能を意図的に制限していたことに対しユーザーに謝罪した。

「わたしたちは謝罪します。この問題に関して多くの誤解があります、だから、誤解を晴らしいくつかの変化を伝えたいと思います。」と謝罪した。

「わたしたちは常に顧客にiPhoneをできるだけ長く使って欲しいと考えています。わたしたちは、Appleの製品が耐久性があり、競合他社の製品と比べて製品の価値を長く保てることに誇りを持っています。」とのコメントを発表。

そして、3つの変更点を発表した。

保証期間のきれたバッテリーの交換費用を50ドル値下げ

6以降の機種でのバッテリー交換費用を79ドルから29ドルに値下げすることを発表。値下げは2018年1月下旬から2018年12月まで実施される。

iOSのアップデートでバッテリーの状態を把握できるようにする

2018年の初めにはiOSをアップデートしてユーザーがバッテリーの状態がパフォーマンスに影響を与えているか確認できるようにする。

バッテリーの劣化による急なシャットダウン問題の改善に取り組む

バッテリーの劣化で引き起こされる急なシャットダウンを回避するための改善など、ユーザー体験の改善に引き続き務める。

Appleは『The Verge』にリチウムイオン電池が寒い場所で、バッテリー残量が低下したとき、経年劣化により十分な性能を発揮できなくなった際にデバイスが予期せずシャットダウンするのを防ぐための機能をiPhone 6、 6s、 SEに導入していることを先週明かしていた。

Appleがバッテリーが劣化したiPhoneのCPU性能を意図的に制限していたことに対し、Appleを相手の訴訟起こすiPhoneユーザーも現れていた。

バッテリーの駆動時間と
耐用年数を最大限に延ばす

▼RELATED
iPhoneユーザーがAppleを訴える。「知ってたらバッテリー交換を選択していたのに!」

バッテリー性能低下でiPhoneが遅くなる?Appleが事実を認める。

Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

Published on