plan01_recruit_20181113a

安部公房や星新一作品で話題の「笛井事務所」新作舞台『怪談』が2016年9月16日(金)から9月20日(火)まで武蔵野芸能劇場・小劇場(東京都武蔵野市)にて上演される! 出演はNHK朝ドラ『花子とアン』で注目を集めた中島歩や、実力派劇団「範宙遊泳」の埜本幸良。演出は「CHAiroiPLIN」主宰のスズキ拓朗、構成は岡村飛鳥による、落語の怪談噺を原案にしたオリジナル作品となっている。

「笛井事務所」第7回公演となる本作品『怪談』は、日本四大怪談のうち落語としても有名な『牡丹灯籠』『番町皿屋敷』『真景累ヶ淵』の3つの噺のエピソードを組み合わせたオリジナルの脚本と、「ポップに楽しく」表現される芝居が特徴。同事務所は、2012年立ち上げの舞台制作ユニット。戦後日本文学を通して現代社会にも通じる人間の不変の姿を見ることをテーマに、公演毎に演出家・出演者をアレンジして活動している。

また、主演の中島歩は『POPEYE9月号 ジャズと落語』特集で「はじめての落語」を執筆しているので、あわせてチェックしてみよう!

EVENT INFORMATION

『怪談』公演

2016.09.16(金)〜 2016.09.20(火)
武蔵野芸能劇場
ADV ¥4,500/DOOR ¥4,800 学生¥4,200
中島歩、埜本幸良(範宙遊泳)、奥村飛鳥ほか

詳細はこちら

オフィシャルサイト Twitter Facebook

edit by Qetic・Koichiro Funatsu

Qetic編集部

Qetic編集部

編集部

Published on

Last modified on