KEYWORD : PICKUP

NEW

MUSIC

【LOOK1】“didn’t exist. ” Vol.5 with 『POLICE / COIN PARKING DELIVERY』 by citrusplus

音楽ユニットユニット・citrusplusが、アパレルブランド/ショップとコラボレーションし、今までにない(didn’t exist.)=新しいトレンドのスタイルを発信していく企画に、アイウェアブランド『POLICE』と『COIN PARKING DELIVERY』が登場。

3
Yohji Igarashi
INTERVIEW

Get To Know|Yohji Igarashi

Yohji IgarashiはSTARDUST RECORDSに所属し、TRAPサウンドを軸に電波少女をはじめ数々のアーティストの楽曲プロデュースを手掛ける、今注目すべきトラックメイカー/DJの一人。OKAMOTO’Sのオカモトレイジ主宰エキシビション<YAGI>に参加したり、Qiezi MaboのライブDJを務めたりと、その活動はかなりユニークだ。CREATIVE DRUG STOREやYouthQuake、tokyovitaminなどのクルーとも親交が深く、今注目を集めるYohji Igarashiとは一体どのような人物なのだろうか?

28
どうも東京の人にはなれなかったらしい|東京
どうも東京の人にはなれなかったらしい

東京

離島出身、写真家中山桜(ららら)が体を張って、精神を削って東京社会に挑むも全く上手くいかない日常を、フィルム写真と共に語るコラム『どうも東京の人にはなれなかったらしい』。第28弾は「東京」。

15
SAEKA SHIMADA
INTERVIEW

【25’s view】フォトグラファー・SAEKA SHIMADA|25人の25歳へインタビュー

25人の25歳にインタビューをし「いまの答え」を記録する企画『25’s view』。第四回目となる今回登場するのは、フォトグラファーのSAEKA SHIMADA。大人でもなく子供でもない彼らの、等身大の自分の姿とはどんな姿なのか聞いた。

3
Foals
MUSIC

Foals珠玉の最新作『Everything Not Saved Will Be Lost Part 1』から紐解く「UKロックの雄」その軌跡

2019年の現在、UKロックシーンの頂点に立とうとしているバンドFoals(フォールズ)。冒頭では彼らが「UKロックの雄」となるまでのこれまでの道のりを過去作品と共に振り返り、後半では3月8日に発売となった最新作『Everything Not Saved Will Be Lost Part 1』がいかに名盤であるかを詳しく解説していく。

39
bearwear
INTERVIEW

Bearwearから紐解く“エモ”の新たな可能性。2019年インディシーン注目の若手バンドは何を考える?

2017年に結成をしたBearwearというバンドはインディロックやドリームポップのなかに“エモ”の要素を残し、“エモ”を聴かないシーンの人たちへ必然的にそれを聴かせている。アルバム『DREAMING IN.』のリリースなど、昨年の活動についてを振り返り、各所にフックアップされ舞台が広くなった先で見えたものについて語ってもらった。

45
りかちゃん
Creators Speak

Creators Speak:Profile 8 りかちゃん さん

普段クリエーターの方々に聞けない触れないQ&Aが見れる連載「Creators Speak」。第8回はどこかなつかしいイラストタッチでサブカル系を魅了するイラストレーターりかちゃんにQ&Aを答えてもらいました!

7
SHURE
TECHNOLOGY

「SHURE」というメーカーの飽くなき探求|その高い製品パフォーマンスの秘密とは

SHUREの高遮音性イヤホン「SE215 Special Edition」についてご紹介。構造や音質について作成したプレイリストの楽曲を紹介しながら、音質の良さについて解説。またSHUREイヤホンの特長でもある付け替え可能なケーブルや種類についてもご紹介します。

102
京口 紘人
INTERVIEW

【25’s view】プロボクサー・京口 紘人|25人の25歳へインタビュー

25人の25歳にインタビューをし「いまの答え」を記録する企画『25’s view』。第三回目となる今回登場するのは、プロボクサーの京口 紘人。大人でもなく子供でもない彼らの、等身大の自分の姿とはどんな姿なのか聞いた。

24
アンダーグラウンド・ミュージックフェスティバルはこれだ!!
宮沢香奈

世界に散らばる無数の音楽フェスから今年行くべき3つのフェスをピックアップ!!

今年行くべきアンダーグラウンド・ミュージックフェスティバルはこれだ!<Intonal 2019 Experimental Music Festival>YA<Intonal 2019 Experimental Music Festival>、<Kala 2019>などをご紹介。

316
マックイーン:モードの反逆児
FILM

【チケプレ!】映画『マックイーン:モードの反逆児』の試写会に5組10名様をご招待!

映画『マックイーン:モードの反逆児』の試写会に5組10名様をご招待! ビョーク、レディー・ガガ、リアーナなどのオンリーワンを求めるアーティストから愛されていた天才デザイナーの魅力に迫るこの映画をお見逃しなく。

62
ZONE2
INTERVIEW

ZONE鼎談|新世代の誕生、6バンド+DJが作る新たなインディシーン

2018年はTempalayやTENDOUJIら、インディシーンで愛されてきたバンドが軒並みブレイクスルー。さらにここ2〜3年で上のステージで活躍するceroや水曜日のカンパネラといったグループがポピュラーミュージック・シーンで重要な存在となり、内外のビッグフェスや独自企画も行うようになった。言わずもがな、Suchmosは9月に横浜スタジアム・ワンマンを控えている。では現在進行形のインディシーンでオリジナルな胎動を見せる動きとは何か。今回、キュレーターと6バンドが主催する<ZONE>を通じて、今、東京を中心にインディシーンに起こっている事柄、注目すべきバンド、そして彼らのスタンスを探り、その胎動をリアルにすくい上げたいと思う。

39
コウキシン女子_代官山自由が丘
初体験series

コウキシン女子の初体験vol.13老月ミカ:O 代官山 / NEW NEW YORK CLUB

ある女の子に“初体験“をしてもらう『コウキシン女子の初体験』。今回は西武渋谷店のプランニングモデルも務める老月ミカさんに、セレクトショップ「O代官山」とアメリカンダイナー「NEW NEW YORK CLUB」を巡ってもらった。

0
kamui
INTERVIEW

kamui × illicit Tsuboi 対談 | 2人の出会いからアルバム制作背景まで

ヒップホップ・ユニット、TENG GANG STARRとソロの活躍でその名を知らしめたラッパーのkamuiと、日本のヒップホップの数多くの作品のミックスを担当してきたillicit Tsuboiの初対談が実現。2人はどのように出会い、どのような印象を持っているのか。また、『Yandel City』や『Cramfree.90』はいかに作られ、何を伝えようとしているのかを語ってもらった。

101
citrusplus didn't exist
MUSIC

【LOOK1】“didn’t exist. ” Vol.4 with 『dilemma』 by citrusplus

音楽ユニットユニット・citrusplusが、アパレルブランド/ショップとコラボレーションし、今までにない(didn’t exist.)=新しいトレンドのスタイルを発信していく企画に、ドメスティックブランド『dilemma』が登場。

0
FILM

【ナード男子ファイル.03】『グッド・プレイス』チディ by ウィリアム・ジャクソン・ハーパー

【ナード男子ファイル】第三回目は『グッド・プレイス』のチディ、そしてそのチディを演じたウィリアム・ジャクソン・ハーパー(William Jackson Harper/『パターソン』などに出演)をご紹介。

0
Acidclank
-Ano(t)raksのAno(thert)raks-

チル・ポップへの変遷 Acidclank 最新アルバムを読み解く

2月10日に配信リリースされたAcidclankの新作アルバム『Apache Sound』。以前からのファンの方はそのサウンドの変化に驚いた事でしょう。オルタナティブ・ロックからチル・ポップへ。バンドからソロへ。その変化の全容を、Acidclank・森 要太に聞いてみました。

30
DAVID BOWIE is
TECHNOLOGY

レビュー|『DAVID BOWIE is』ARアプリは展覧会を拡張する

デビッド・ボウイ(David Bowie)の大回顧展<DAVID BOWIE is>が、スマホから体験できるアプリ『DAVID BOWIE is』として登場。2019年1月8日(ボウイの72回目の誕生日)に、AR(拡張現実)アプリ(iOS、アンドロイド対応)として発売された。アプリレビューをお届け。

29
THREE1989
#翔平が行くニッポン発見伝

幕が上がる-shoheyが観たワンマンライブレポート-

THREE1989によるコラム「#翔平が行くニッポン発見伝」第2回は先日渋谷WWW Xで開催された<”KISS” Release Tour>の初日公演のshoheyによるレポート。ゲストにはフレンズのおかもとえみ(えみそん)が登場。

22
メチル・エチル
INTERVIEW

4ADのホープ、メチル・エチルが語るドリーム・ポップの裏側と内面性

Deerhunter(ディアハンター)、Gang Gang Dance(ギャング・ギャング・ダンス)、EX:RE(エクス:レイ)の3組が出演し、大盛況のうちに幕を閉じた〈4AD〉のショーケース・イベント<Revue>。実はこのとき、名門レーベルが誇る俊英がツアーに帯同していた。彼の名はジェイク・ウェブ。オーストラリア出身で、Methyl Ethel(メチル・エチル)というバンドの中心人物である。そんな彼にインタビュー。

32
SAKURA
INTERVIEW

【25’s view】モデル・SAKURA|25人の25歳へインタビュー

25人の25歳にインタビューをし「いまの答え」を記録する企画『25’s view』。第二回目となる今回登場するのは、モデル・アーティストのSAKURA。大人でもなく子供でもない彼らの、等身大の自分の姿とはどんな姿なのか聞いた。

20
MUSIC

ラインナップ第一弾発表前日!フジロック2019のヘッドライナーを大胆予想!

<SUMMER SONIC 2019(サマーソニック・サマソニ)>の出演者が続々と公表され、<FUJI ROCK FESTIVAL’19(以下、フジロック)>の発表もそろそろなのではないかというこの時期。公式アカウントは […]

213
Shure
INTERVIEW

「Shure」開発総責任者に聞く、世界のトップ・ミュージシャンから選ばれ続ける確かな品質と魅力

リスナーが選ぶイヤホンの定番として高い人気を博しているShure(シュア)。Shureの最大の特徴は、どのアイテムも「プロのミュージシャンのために」開発されていること。そして、断線時に交換可能な着脱式の「ケーブルシステム」や「再現度の高い音像」も特徴である。では、なぜShureのイヤホンが選ばれるのか。開発総責任者を務めるマット・エングストローム氏に、Shure製品の魅力や、その開発秘話を聞いた。

112
forme
MUSIC

ディスクレビュー|YUKI新作アルバム『forme』のフレッシュかつオルタナティヴな魅力を紐解く

YUKIの9作目のオリジナル・アルバムとなる『forme』。細野晴臣や堀込泰行、西寺郷太(NONA REEVES)に尾崎世界観(クリープハイプ)、津野米咲(赤い公園)に前野健太といった錚々たる作家陣を迎え作り上げ「自分のための2回目のソロデビューのような、フレッシュなアルバムになりました」とYUKI自らがコメントを寄せている今作を通して、YUKIというボーカリストが今なお選び続ける「オルタナティヴ」という道について探っていく。

18
Advertisement japan_qetic_300x600_summer19_store_omotesando_image01

RANKING

FEATURE

COLUMN

INTERVIEW

Advertisement japan_qetic_300x250_summer19_store_omotesando_image01