KEYWORD : PICKUP

コウキシン女子_池袋
LIFE&FASHION

コウキシン女子の初体験vol.12サエコ / 夏:BOOK AND BED TOKYO

ある女の子に“初体験“してもらう『コウキシン女子の初体験』。フリーランスモデルの石川夏さんと、「BOOK AND BED TOKYO」池袋本店スタッフのサエコさんに店内での宿泊体験と、タピオカ屋「宣喜茶」を巡ってもらった。

5
Indie Pop
-Ano(t)raksのAno(thert)raks-

Ano(t)raksのDai OgasawaraによるインターネットのIndie Pop 最新7選

Ano(t)raksのDai OgasawaraによるインターネットのIndie Pop 最新7選!self serviceやNod…Off、Waater、GeGeGe、Happypills、IN ANOTHER NORTH、R4CXをご紹介。

66
MUSIC

今フランクフルトがおもしろい。高層ビルの隙間で構築されるアンダーグラウンドカルチャーを探る

ドイツ屈指の金融都市フランクフルト、高層ビルが立ち並ぶこの街に根付き始めた新しいアンダーグラウンドカルチャーに世界はまだ気付いていない。ファッション、音楽、アート、全てを網羅して発信するアーティスト集団”das blumen”との偶然の出会いをきっかけに、フランクフルトで構築されていくディープで洗練されたローカルカルチャーを紹介したい。

70
stylophone
TECHNOLOGY

童心に返って遊べるユニークなポケット・ドラム・マシン『Stylophone Beatbox』が面白い

英国の会社「Dubreq社」が、1968年に子供用のおもちゃとして発売し、デビット・ボウイや、クラフトワーク、その他様々なミュージシャンが使用した事で有名な小型シンセサイザー、『Stylophone』(スタイロフォン)。今回は『Stylophoneシリーズ』の中でも、内蔵のルーパー機能でリズム・パターンを作って遊ぶ事ができるポケット・ドラム・マシン、『Stylophone Beatbox』(スタイロフォン・ビートボックス)を紹介。

132
Creators Speak

Creators Speak:Profile 6 monet さん

普段クリエーターの方々に聞けない触れないQ&Aが見れる連載「Creators Speak」。 第6回は1/18(金)から新宿眼科画廊で初の個展を開催する現役美大生アーティストmonetさんにQ&Aをお答え […]

5
どうも東京の人にはなれなかったらしい|死んだ夢
どうも東京の人にはなれなかったらしい

死んだ夢

離島出身、写真家中山桜(ららら)が体を張って、精神を削って東京社会に挑むも全く上手くいかない日常を、フィルム写真と共に語るコラム『どうも東京の人にはなれなかったらしい』。第20弾は「死んだ夢」。モデルは須藤蓮。

15
FILM

DVの恐怖を描いた映画『ジュリアン』|来日中の監督グザヴィエ・ルグラン、主演トーマス・ジオリアが語る制作の裏側

ドメスティック・ヴァイオレンス(DV)の恐怖を描いた映画『ジュリアン』は、11歳の少年、ジュリアンをめぐる物語だ。監督のグザヴィエ・ルグランは、長編デビューとなる本作で2017年のヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)を受賞。ジュリアンを演じたトーマス・ジオリアも同じく本作が長編映画デビュー。来日中の2人にインタビューを行った。

13
MUSIC

音楽ライター・黒田隆憲が独断と偏見で選ぶ、2019年注目の来日アーティスト14組!

2019年もすでに素晴らしいアーティストの来日が続々と決まっている。初来日となるサッカー・マミーから、デビュー20周年となるルーファス・ウェインライトまで、主だったところを独断と偏見で紹介していきたい。

62
津野青嵐
Creators Speak

Creators Speak:Profile 5 津野青嵐さん

イラストレーターAzyが普段クリエーターの方々に聞けない触れないQ&Aが見れる連載「Creators Speak」。 第5回は去年6月に欧州最大のファッションコンテスト「ITS」のファイナリストとしてイタリアへ渡 […]

1
Pennakcy
MUSIC

最注目若手映像監督“Pennacky”のMVまとめ|V6、Yogee New Waves、きのこ帝国など

近頃、噂になっている若き映像監督Pennacky。きのこ帝国、Yogee New Waves、前野健太のような人気アーティストから、インディーロック、シューゲイザー、ハードコアなどの若手インディーズバンドまで幅広く手がけてきたMV監督Pennackyの作品をまとめた。

57
MUSIC

<EDC JAPAN 2019>ヒップホップ、ハウス、テクノを巻き込みネクストステージへ!いまチケットを買いたい理由

1997年にロサンゼルスでスタートしたダンスミュージック・フェスティバル<Electric Daisy Carnival(EDC)>。日本では2017年から開催され、ZOZOマリンスタジアム&幕張海浜公園に2日間に8万人を動員。今回は<EDC JAPAN 2019>に向け、「HARD」や「factory 93」の参画、キックオフパーティー<HARD presented by EDC Japan>の盛り上がりとともに、今チケットを買うべき理由を徹底解説する。

388
FILM

「アイ・アム・サム」や「ファイト・クラブ」など新年最初に観たい映画7選

新年最初に観たい映画をご紹介。「家族で観たい映画」から、「友だちと観たい映画」、「カップルで観たい映画」、「ひとりで観たい映画」まで、4つのパターンに合う作品を選びました。

59
MUSIC

【洋楽編】FLAKE RECORDS店主・DAWAが選ぶ、2018年のベストトラック

大阪南堀江にある音楽セレクトショップFLAKE RECORDSの店主・DAWAさんに、2018年のベストトラックを選んでもらいました。今回は洋楽編。Samm Henshaw(サム・ヘンショウ)、Angelo De Augustine(アンジェロ・デ・オーガスティーン)、Superorganism(スーパーオーガズム)、BROCKHAMPTON(ブロックハンプトン)、Sobs(ソッブス)をはじめ、2019年要注目のアーティストの名前が続々と登場します。

21
MUSIC

80年代のパソコンやOA機器の音でリズムが作れる、小型ドラム・マシン『PO-24 office』の魅力

ストックホルムのメーカー「Teenage Engineering」(ティーン・エイジ・エンジニアリング)から発売されている、電卓のようなルックスでおなじみの、ポケット・オペレーター・シリーズ(以下POシリーズ)は、手のひ […]

46
INTERVIEW

独占インタビュー|世界No.1DJ、マーティン・ギャリックスが凄い5つのワケを検証

20歳で世界No.1DJとなったマーティン・ギャリックス。マイク・ヤングとのコラボ楽曲「ドリーマー」の制作過程や、彼にとっての2018年についてインタビューを遂行。またマーティン・ギャリックスの凄さについて改めて検証をしてみた。

46
どうも東京の人にはなれなかったらしい
どうも東京の人にはなれなかったらしい

どうも東京の人にはなれなかったらしい|forever21

離島出身、写真家中山桜(ららら)が体を張って、精神を削って東京社会に挑むも全く上手くいかない日常を、フィルム写真と共に語るコラム『どうも東京の人にはなれなかったらしい』。第18弾は「forever21」。

21
MUSIC

【LOOK1】“didn’t exist. ” Vol.2 with 『A LITTLE TOO SERIOUS』 by citrusplus

音楽ユニットユニット・citrusplusが新しいトレンドのスタイルを発信していく企画の第2回目。今回はデザイナー関根深雪が手がけるブランド『A LITTLE TOO SERIOUS』。

22
INTERVIEW

Aoi Mizuno インタビュー|世界初のクラシック音楽によるミックスCD 制作と“We Will Classic You”に込められた思いとは?

ドイツの名門レーベル〈ドイツ・グラモフォン〉から正式にオファーを受け、世界初となるクラシック音楽のミックスCDを制作したAoi Mizuno。クイーンの名曲“We Will Rock You”へのオマージュが捧げられた『Millennials -We Will Classic You-』について、またクラッシクの楽しみ方や魅力を語っていただきました。

44
INTERVIEW

NOISEMAKER×WK Interactインタビュー|最新作『RARA』で実現したコラボとサウンドとアートワークで示すオリジナリティ

2019年1月23日(水)に6枚目となるミニ・アルバム『RARA』をリリースするNOISEMAKER。最新作『RARA』のアートワークを手がけたWK InteractとNOISEMAKERにコラボレーション実現の経緯、AGとHIDEによるアートプロジェクト「DOTS COLLECTIVE」、『RARA』についてインタビュー。

51
Emotions
MUSIC

【レポート】WWW「Emotions」|限りなく速いスピードで時代の空気を吸収するジェネレーションの祭典

WWWを舞台に2018年10月12日(金)に開催された<Emotions>。Black Boboi、Jvcki Wai(Korea) 、JJJ、KEIJU、KEITA SANO、KID FRESINO、Normcore Boyz、Shurkn Pap、STUTS、Tohji、TOYOMU、YDIZZY、ゆるふわギャング、Aspara、MARZY、nutsman、SHIZKA、Torei、1017 Muneyらが登場した本イベントレポをお届け。

32
LINE LIVERグランプリ受賞者インタビュー | 俺&川端かなこ
INTERVIEW

LINE LIVERグランプリ受賞者インタビュー | 俺&川端かなこ

人気コミュニケーションアプリ「LINE」でお馴染みのLINE株式会社が手がける、いつでもどこでも無料でライブ配信&視聴可能な国内最大級のライブ配信サービス「LINE LIVE」。 このプラットフォームでは時間や場所に捉わ […]

10
SLEEPING BAG
INTERVIEW

<SLEEPING BAG>座談会|オープン10周年を前にそれぞれが語る、イベントへの熱い想い

12月21日(金)、VENTにてダンスパーティー<SLEEPING BAG>設立10周年を記念したイベント<Johannes Brecht At SLEEPING BAG 10th ANNIVERSARY>が開催される。<SLEEPING BAG>の発起人であるHIROとレジデントのkosuke itoda(プランナー)、ryota arai(アートディレクター)と今回のローカル・ゲストDJのSATOSHI OTSUKIの4人が集まり、この10年の歴史やイベントへの意気込み、<SLEEPING BAG>への熱い想いなどを語り合う。

31
chay×Crystal Kay
INTERVIEW

chay×Crystal Kay対談 ドラマ『あなたには渡さない』主題歌「あなたの知らない私たち」で見せた化学反応を紐解く!

愛人が本妻に「ご主人をいただきにまいりました」と挑戦状を叩きつけ幕を開ける木村佳乃主演の土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』。その世界観をより紅く濃厚に彩る昭和レトロでエキゾッチックな主題歌“あなたの知らない私たち”を歌うchayとCrystal Kay(クリスタル・ケイ)にインタビュー。曲の印象やレコーディング秘話、振り付けの細かいミュージック・ビデオでの苦労話などについて聞くことで、そこに生まれた化学反応の秘密を紐解く。

12
amazarashi
MUSIC

amazarashiが朗読演奏実験空間“新言語秩序”で示した「圧倒的なセカイカン」

2018年11月16日(金)に日本武道館で開催されたamazarashiの朗読演奏実験空間『新言語秩序』。スマートフォンアプリを用いてオーディエンスの意思が介入する、今までにない参加型のプロジェクトをオーディエンス目線でレポート。

22
plan03_jetstar_20190122