ARSKN
INTERVIEW

初インタビュー|1人バンドARSKNが虚無の中で鳴らすグランジ

奈良拠点で活動するリョウナの一人バンドARSKN(アルソコニ)にインタビュー。グランジ、ハードコアパンクなどの音楽の話やライブハウス、奈良・関西のバンドについて、また自身の『HELLS』『TOUSOU』についてなど赤裸々に語っている。

9
INTERVIEW

ワンマンライブ、俳優の夢を叶えるために。LINE LIVE BOYS LIVERグランプリ!ガッシー&久原一仁(U18部門)へ優勝コメントインタビュー

国内最大級のライブ配信サービス「LINE LIVE」。人気タレント/俳優/モデル/アーティストから一般の配信者(LINE LIVER)まで、様々な人たちがリアルタイムで動画を配信しています。今回は、今年6月に行なわれた「BOYS LIVERグランプリ!シーズン2」の優勝者・ガッシーさんと、U18部門の優勝者・久原一仁さんにインタビュー!

43
INTERVIEW

2年連続フジロック出演という初の快挙を果たすNYのカントリーバンド、ウェスタ ン・キャラヴァンに来日直前インタビュー!それぞれが抱くフジロ ックへの熱い思いとは

ギタリストのウィット・スミス(現在オースティンを拠点としているホットクラブ・オブ・カウタウンのギタリスト)が1995年に結成したウェスタン・キャラヴァン(WESTERN CARAVAN)。「NYで最も人気の高いカントリー・バンド」と呼ばれる彼らに歴史、5月に発売されたニュー・アルバム『ホンキ―・トンク』について、そして2年連続出演となる<フジロック>への抱負などを訊いた。

160
蒔田彩珠
INTERVIEW

【インタビュー】女優・蒔田彩珠『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』|透明感溢れる実力派女優の今を切り取る

「惡の華」「血の轍」漫画家・押見修造の名作を湯浅弘章監督が映画化した『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』が7月14日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開。ドラマ『anone』(日本テレビ系)で大きく話題となり、また『万引き家族』など是枝裕和監督作の常連、沢尻エリカやコムアイらと共に犬童一心監督『猫は抱くもの』にも出演を果たした蒔田彩珠の今を切り取る。

28
INTERVIEW

80KIDZデビュー10周年インタビュー。彼らと世界の音楽シーンの10年史(後編/2013〜2018年)

80KIDZデビュー10周年を記念した初ベスト・アルバムとなる最新作『BEST KIDZ 2008-2017』のリリースに合わせた本インタビューでは、ALI&とJUNに80KIDZの歴史とその時代の音楽から象徴する曲を一年ずつピックアップしてもらった。後編では、2013〜2018年までを振り返る。

175
タリー
FILM

シャーリーズ・セロンが体重を18キロ増やして熱演!映画『タリーと私の秘密の時間』試写会にご招待!

映画『JUNO/ジュノ』『マイレージ、マイライフ』でアカデミー賞®に2度ノミネートされた名匠ジェイソン・ライトマン監督が『ヤング≒アダルト』で主演に迎えたシャーリーズ・セロンと再びタッグを組む最新作『タリーと私の秘密の時間』が、2018年8⽉17⽇(⾦)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショーが決定。今回、Qeticより2018年8月4日(土)に開催される一般試写会に5組10名様をご招待。

83
LIFE&FASHION

トレンド発信地<ピッティ・イマジネ・ウォモ>からファッションスナップが到着!コーデ別に見る今年のファションのトレンドは?

2018年6月12日(水)〜2018年6月15日(土)にかけてイタリアのフィレンツェで開催された、メンズファッションの展示会<ピッティ・イマジネ・ウォモ>。先日開催された<ピッティ・イマジネ・ウォモ>より現地からスナップ写真が届いたので、コーデ別にご紹介します!

15
ニューエイジトラックメイカー

トラックメイカーはオクトパス

こんにちは初めまして、トラックメーカーのpavilion xoolです。 今回Qeticさんでコラムを書かさせて頂く機会ができましたので、これから音楽の製作やその時代に寄り添うジャンルの変化についてあれこれ綴っていけたら […]

39
MUSIC

フェスにおすすめ「ZIMA with レモン」!Czecho No Republicが夏フェスの思い出を語る

日本に上陸以来、音楽を愛し、楽しみ、盛上げる若者たちを応援し続けてきたZIMAは、暑い夏をもっと“熱く”過ごしたい全ての若者に送る『ZIMA“もっとサマーを!”キャンペーン』をスタート。今回はCzechoのみなさんに、夏を盛上げるフェスでの熱い思い出やイチオシの飲み方「ZIMA with レモン」の魅力をインタビュー。さらに、新WEB-CMの“Baby Baby Baby Baby”の制作秘話を聞きました!

17
INTERVIEW

小林うてな×Julia Shortreed×ermhoi=Black Boboi | 個々が集う音楽コミュニティー〈BINDIVIDUAL〉発のグループへインタビュー

小林うてな、Kult Cutzが中心となり誕生した音楽コミュニティーBINDIVIDUAL。今回はその誕生と同時に結成された、小林うてなと賛同メンバーであるアーティストのJulia Shortreed、ermhoiによるグループ・Black Boboiへインタビューを敢行。コミュニティ誕生秘話、ソロで活躍する3人がグループで活動するに至った経緯を伺った。

7
MUSIC

【レポート&スナップ】KAYTRANADA、KOHHら出演。世界No.1ヒップホップフェス「Rolling Loud」プレイベント

世界No.1のヒップホップフェス「Rolling Loud(ローリングライド)」が“CROSS THE BORDER”をテーマに国境を越え、プレイベントとして日本初上陸。TABLOIDで開催され、DJ MARZY、kZm、KAYTRANADA(ケイトラナダ)、KOHHが出演。

15
MUSIC

【イベントレポ】Emotions│シーンの変化を象徴するオルタナティブな新世代アーティストによるフライデーナイト

Awich、BIM、CIFIKA(from KOREA)、GOODMOODGOKU、Jin Dogg、Kick a Show、kZm(YENTOWN)、Seiho × KID FRESINO、TAWINGS、Tohji VIDEOTAPEMUSIC、YamieZimmer、ゆるふわギャング、CYK、HIBI BLISS、LISACHRIS、okadada、Sapphire Slows、YonYon、荒井優作、Aspara、BUSHMIND、KM、TENG GANG STARRらが登場した<Emoitons>を振り返る。

21
COLUMN

ヨム、ツアーに行く

こんにちは! shiggeです! 今回はヨム(Yesterday Once More/YOM)として3度行ったツアーについてお話ししていこうと思います! 初のレーベルツアー 2013年のレーベル設立からわずか1年で東海地 […]

14
INTERVIEW

カナダ人に日本の音楽を聴かせてみた (レコードショップ店員編)

カナダ・トロント滞在中の元ライブハウス店長が親友でもある元レコードショップ店員のBrananにインタビューを敢行!カナダの最新インディーシーンのトレンドやRapport
やMen I Trust(メン・アイ・トラスト)、Andy Shauf(アンディー・シャウフ)などカナダの一押しアーティストも教えてくれた。日本の音楽を聴かせてみたところ、素晴らしい意見を聞くことができた。

93
Kewl
INTERVIEW

【特集】VakulaやHunee、Tom Tragoを招聘するパーティー「Kewl」をご存知だろうか?

<Kewl>というパーティーを知っているだろうか? 表参道・VENTにて過去に2回開催し、Vakula、Huneeといった絶妙な海外DJ をブッキング。良質なパーティーだとウワサが瞬く間に都内のパーティーラヴァーに広がっている。そんな〈Sound Of Vast〉や〈Rush Hour〉関係が深い<Kewl>を開催している3人組のEITA、Knock、Noelらをインタビュー。

203
おとなまる子
LIFE&FASHION

【即レポ】吉岡里帆の“おとなまる子”が超絶キュート!竜星涼が演じるのは? おとなまる子のチルライフ展潜入!

ダイハツ新型「ミラ トコット」の新TVCM発表&<おとなまる子のチルライフ>展開催トークショーイベントがMARK IS みなとみらいで開催。おとなまる子を演じる吉岡里帆が登場し、アニメ・原作への思いやたまちゃん(奈緒)、花輪くん(竜星涼)らとの共演を語った。

7
オートモアイ
INTERVIEW

【対談】「顔がない女性の絵」を描くオートモアイの世界観に迫る

踊ってばかりの国や思い出野郎Aチーム、DC/PRGの高井康生ソロプロジェクトAhh! Folly Jetらのジャケットやイベントのフライヤーなどを手がけ、今年2月には初の画集『Endless Beginning』を刊行、顔のない女性を描いたモノクロのイラストで注目を集めるオートモアイが半蔵門・ANAGRAにて個展<THIS CAN’T BE LOVE>を開催するにあたり、柴田さやかとANAGRAの西山藍、オートモアイの三者対談が実現

95
MUSIC

【韓国ヒップホップ特集】クルー別に見る、K-HIPHOPのススメ。2018年日本で注目されるべき重要クルー5選

韓国ヒップホップ初心者も必見!2018年日本で注目されるべきK-HIPHOPクルー5選。人気ラッパー所属クルーからアングラシーンを盛り上げる重鎮まで! 各クルーおすすめの楽曲、MVも紹介。LEGIT GOONS、OSAMARI、VMCなど。

35
INTERVIEW

LINE LIVEのBOYS LIVERグランプリ!セバスチャンネル&GO😋👍(U18部門)へ優勝コメントインタビュー

国内最大級のライブ配信サービス「LINE LIVE」。人気タレント/俳優/モデル/アーティストから一般の配信者(ライバー)まで、様々な人たちがリアルタイムで動画を配信しています。今回は、今年5月に行なわれた「BOYS LIVERグランプリ!」の優勝者・セバスチャンネルさんと、U18部門の優勝者・GO😋👍さんにインタビュー!

19
Nowhere FC
LIFE&FASHION

ニューヨークで話題のストリートサッカークラブNowhere FC×CROSS THE BORDER、コラボ商品ローンチパーティーレポート

ニューヨーク発のストリートサッカークラブ『Nowhere FC』とクリエイティブ集団「CROSS THE BORDER」のコラボレーション商品の発売が決定。PIZZA SLICE 2にてローンチパーティーが開催された。創業者であるDiego氏をはじめメンバーが来日、リフティングパフォーマンスやDJパフォーマンス、LAと東京を拠点に活動しているK.A.N.T.Aによるライブも行われた。

4
INTERVIEW

いま再評価されるべき!ガービッジの紅一点シャーリー・マンソンが名作と名高いセカンド・アルバム『ヴァージョン2.0』を語る。

1994年、ニルヴァーナの『ネヴァーマインド』をプロデュースするなど、ロック界にその名をとどろかせたブッチ・ヴィグを中心に結成された、カービッジ(Garbage)。セカンド・アルバム『ヴァージョン2.0』の完全リマスター化された20周年記念盤の発売を機に、シャーリー・マンソンにインタヴューを敢行しました。

113
MUSIC

梅雨突入!雨の日に聴きたい曲プレイリスト特集。洋楽から邦楽まで

ジメジメした雨が続く梅雨の日には、ジャズミュージックやロック、ポップスなどを収録した音楽プレイリストがぴったり!今回はあらゆるシチュエーションにぴったりなAmazon Musicの音楽プレイリストをご紹介!

9
MUSIC

独特のスタイルで世界に挑むDos Monosの正体に迫るインタビュー。LAレーベルとの契約、“バグ”だらけのMVで攻め込む姿勢

荘子it、iizuka taitan、没からなる3人組ヒップホップユニット Dos Monos。<出れんの!?サマソニ!?2017>において応募総数3600組を勝ち抜き、<SUMMER SONIC2017>に出演した経歴を持ち、アメリカ・LAのレーベル〈Deathbomb Arc〉との契約、さらに初のMV“In 20xx”の公開で今話題のDos Monosにメールインタビューを行った。

5
MUSIC

【必聴】蒸し暑さも吹き飛ばす「ボッサ・ヒップホップ」特集。この夏聴きたい、ブラジル音楽×ヒップホップが届ける極上サウンド5選

夏の代名詞、ボサノヴァやラテンジャズ、サンバなど様々なブラジル音楽がサンプリングネタとして使われているおすすめのヒップホップ楽曲をご紹介。Madvillain、NxWorries、J Dillaなど新旧問わずピックアップ!有名なあの曲も歴史あるブラジル音楽が使用されていた? 

36
MUSIC

水曜日のカンパネラ×サマソニ出演のフレンチ・ポップバンドMoodoidがコラボ新曲を披露。代官山 SPACE ODD、ライブフォトレポート

昨年、水曜日のカンパネラ、SEIHO、DÉ DÉ MOUSEなど多くの日本のアーティストを招聘し話題となったフランスの音楽フェス<La Magnifique Society(ラ・マニフィック・ソサエティ)>。そのキックオフイベントとして<La Magnifique Society in TOKYO(ラ・マニフィック・ソサイエティ・イン・トーキョー)>が5月11日(金)、代官山 SPACE ODDにて開催。今回は、先日コラボ楽曲の発表があった水曜日のカンパネラとMoodoidのフォトレポートをお届け。

24
COLUMN

諦めるということ。

私は去年いっぱいで お世話になっていた事務所を離れました。 離れた後、マネージャーさん達を裏切ってしまったという罪悪感と 27という年齢でこれからフリーとして動いていく不安で もう、やっていくのをやめようかな と、悩んだ […]

17
ウラジミール・コシュマール
INTERVIEW

〈Ed Bangar〉からの新たなる刺客、怪人ウラジミール・コシュマールへ独占インタビュー。自身の正体と今後の展望を語る!

中年男性がひたすらリコーダーを演奏するという狂気的な演出の”Aulos”のミュージック・ビデオで瞬く間に話題となった謎多き覆面アーティスト、ウラジミール・コシュマール(Vladimir Caushemar)。本人とも噂されていたミュージック・ビデオに登場するリコーダー奏者の男性の正体や<Ed Bangar>からのリリースに至った経緯、日本への印象などについて語った自身初となる公式インタビューを行いました。

153
水曜日のカンパネラ
MUSIC

【イベントレポ】水曜日のカンパネラの新EP『ガラパゴス』を徹底解剖!前編

水曜日のカンパネラが、来たる6月27日(水)にリリースされるEP『ガラパゴス』公開取材イベントをワーナーミュージック・ジャパンにて開催。EP『ガラパゴス』のことはもちろん、青山蜂や原宿bonoboの報道で話題となった改正風営法についてが語られています。

28
TAICOCLUB
MUSIC

【フェススナップ】最後のタイコクラブをレポート。ファッションや音楽に敏感な来場客たち

2018年の6月2日から3日の開催をもって終了をした人気の野外音楽フェス<TAICOCLUB>。今回は2018年ラスト<TAICOCLUB>の来場客にフォーカスしたフォトスナップ&レポートを遂行。名残惜しみながらも最後まで楽しむ人たちを切り取った。

239
ZIMA BLOCK PARTY
MUSIC

【イベントレポ】PIZZA SLICE 2で開催されたZIMA主催のブロック・パーティー

「ブロック・パーティー」をテーマに青山・PIZZA SLICE 2で5月末に開催された<ZIMA BLOCK PARTY>。出演したのはkZm(YENTOWN)やあっこゴリラ、JABBA DA FOOTBALL CLUB、Taeyoung Boy、そしてZIMAレジデント / AbemaMixでもおなじみのDJ REN、MCとしてSIMONの合計6組。溢れる熱気に香ばしいピザと爽やかなZIMAが新鮮なテイストを加えたパーティーの様子を振り返る。

22
ARIKA
INTERVIEW

【インタビュー】10ヶ月に渡り666枚を鉛筆で描いたARIKAの変化とは?

過去にはBullsxxtやthe hatch、gateballer、Group2にアートワークやグッズなどに作品提供しているARIKAが6月6日(水)から16日(土)に渡って、鉛筆で描かれた666枚の個展<666>を半蔵門のANAGRAで開催する。10ヶ月にわたり666枚の作品を描くという無謀にも思える挑戦を経て、どんなことを思い、変化し、個展を迎えるのか。ARIKA自身初のインタビューをお届けする。

84
MUSIC

最注目アーティスト、ラウヴ|次世代スターとして人の心を捉える理由

エド・シーランのオープニングアクトにも抜擢され、3月に来日を果たしたシンガーソングライター/プロデューサーのラウヴ(Lauv)。”Like Me Better”がSpotifyでの再生回数で5億回を超える大ヒットしているなか、彼の物語が1つのプレイリストとなって配信が開始された。世界中で人気を読んでいる彼の『I met you when I was 18.』から、ラウヴが旅した音楽の世界を辿り、彼が人の心を捉える理由を考えてみた。

44
ART&CULTURE

澤田智洋さんが主催する<ゆるスポーツランド2018>に潜入レポート!体も心も大笑い、それがゆるスポの正体だった!?

世界ゆるスポーツ協会・澤田さんが主催する<ゆるスポーツランド 2018>をレポート!注目の新種目から笑顔が絶えない会場の様子を、競技を体験&楽しむ人たちの声とともにお送りします。

180
MUSIC

【インタビュー】テレサ・ウェイマン(Warpaint)のソロ名義TTが表現する、エモーショナルな愛について

ウォーペイントのテレサ・ウェイマン(Vo/Gt)へ、ソロ名義TTとしてリリースした『Lovelaws』についてインタビューを遂行。彼女のパーソナルな思いやエモーションな部分に触れつつ、ソロデビューからアルバムについて訊いてみた。

15
MUSIC

TWICE、防弾少年団(BTS)に次ぐ、2018年注目の“韓流サードウェーブ”。韓流・K-POPブームを経た現在

最近雑誌などのメディアを中心に聞かれるようになった「韓流サードウェーブ」とは。『冬のソナタ』をはじめとする韓国ドラマブーム、KARAらを中心としたK-POPブーム、TWICE、防弾少年団(BTS)をも内包しヒップホップなど様々な音楽ジャンル、ファッション、カルチャーへも拡大する韓流サードウェーブの系譜を紐解く。

22
MUSIC

I Saw You Yesterdayが時代に溶け込む理由|注目のインディー・ポップバンドに初インタビュー

インディー・ポップバンド、I Saw You Yesterdayの初インタビューを遂行。〈Captured Tracks〉のようなバンドと評判が高く、新作『Topia EP』をリリースしてからは、音楽業界も巻き込み注目を集めている彼ら。一体どんなことを考え楽曲を制作しているのだろうか?バンドの真髄を探った。

34
12345678910・・・
plan03_qetichub02_20180706

RANKING

DAILY

WEEKLY

MONTHLY