COLUMN

生ぬるい愛を食べて
どうも東京の人にはなれなかったらしい

生ぬるい愛を食べて

離島出身、写真家中山桜(ららら)が体を張って、精神を削って東京社会に挑むも全く上手くいかない日常を、フィルム写真と共に語るコラム『どうも東京の人にはなれなかったらしい』。第34弾は「生ぬるい愛を食べて」。

8
コウキシン女子の初体験vol.16 ナナヲアカリ
初体験series

コウキシン女子の初体験vol.16 ナナヲアカリ:Red Bull Music Festival Tokyo 2019「DāM-FunK – A Roller Skate Affair」Photo by 中山桜

4月8日~20日まで都内各所で開催されたレッドブルの都市型音楽フェス<Red Bull Music Festival Tokyo 2019>の中でも多くの注目を集めた「DāM-FunK – A Roller Skate Affair」のフォトレポをお届け。モデルは4月10日に1st EP『しあわせシンドローム』をリリースしたばかりのナナヲアカリ。写真はQeticでコラム「どうも東京の人にはなれなかったらしい」を連載中の中山桜。

25
ピンク晴れ
どうも東京の人にはなれなかったらしい

ピンク晴れ

離島出身、写真家中山桜(ららら)が体を張って、精神を削って東京社会に挑むも全く上手くいかない日常を、フィルム写真と共に語るコラム『どうも東京の人にはなれなかったらしい』。第33弾は「ピンク晴れ」。モデルはナナヲアカリ。

14
-翔平が行くニッポン発見伝-|#1 じゃがいも
#翔平が行くニッポン発見伝

-翔平が行くニッポン発見伝-|#1 じゃがいも

一つ、感動を覚えた時にのみ書くべし。ルールはそれだけ。文化・食・自然、良きものを探して。翔平が行くニッポン発見伝の始まり始まり。

2
宮田維人

#13 MIGHTY CROWN × DAVID RODIGAN 【LIFE of LONDON】

日本が誇る世界最強レゲエサウンドシステム MIGHTY CROWNのUKツアーが今年もやってきた。

今回の目玉はなんと言っても、BBCなどでラジオDJとして活躍し、昨年に40周年を迎えたDAVID RODIGANとの共演。

2012年には外国の文化を広めることに大きく貢献したとして大英帝国勲章(MBE)を贈られたRODIGAN大先生は、自身もファンだと公言するMIGHTY CROWNとこれまでに何度もサウンドクラッシュで対戦していて、MIGHTY CROWNにとっても「一番尊敬するDJ / セレクター」と敬う存在。

7
もしこの世のが有毒ガスでまみれたときに
どうも東京の人にはなれなかったらしい

もしこの世が有毒ガスでまみれたときに

離島出身、写真家中山桜(ららら)が体を張って、精神を削って東京社会に挑むも全く上手くいかない日常を、フィルム写真と共に語るコラム『どうも東京の人にはなれなかったらしい』。第32弾は「もしこの世が有毒ガスでまみれたときに」。

3
kairisane-interview-info
みちくさボンバイエ

ボンバイエインタビューVol.23/カイリ・セイン

皆さん、こんにちは! 先日、日本のファンが歓喜する待望のニュースが届きました。なんと、中邑真輔さん、アスカさんに続く、カイリ・セインさんのスマックダウン昇格!! まだアメリカに渡って2年も経っていないのに、本当に素晴らしい快挙だと思います。早速結成したアスカさんとのタッグも絶好調で、2人がタッグ王者になるのもそう遠くないかもしれません。今回はそんなカイリさんの合同インタビューに参加させて頂きましたので、その様子をお届けしたいと思います。それではいってみましょう!! 

77
Rush Hour
宮沢香奈

祝Rush Hour!! ダンスミュージックと日本酒の美味しい関係

ヨーロッパや日本をはじめ、世界中にマーケットを持ち、アンダーグラウンドダンスミュージックシーンにおける絶大な支持と確固たる地位を築いている”Rush Hour”が4月5日~7日の三日間に渡り、豪華ラインナップと共にレーベルナイトを開催した。

15
ギブミ〜!トモタカ
Creators Speak

Creators Speak:Profile 10 ギブミ〜!トモタカ さん〜

普段クリエーターの方々に聞けない触れないQ&Aが見れる連載「Creators Speak」。第10回は極彩かつ極道でポップな世界観を放つイラストレーターそしてアニメーターであるギブミ〜!トモタカさん!5月3日(金)からはギブミ〜!トモタカ初個展<極楽苑>が新宿眼科画廊にて始まります。そちらも要チェック!

2
お父さんはなんでもできると言った
どうも東京の人にはなれなかったらしい

papa said…

離島出身、写真家中山桜(ららら)が体を張って、精神を削って東京社会に挑むも全く上手くいかない日常を、フィルム写真と共に語るコラム『どうも東京の人にはなれなかったらしい』。第31弾は「お父さんはなんでもできると言った」。

4
KOFFEE
宮田維人

#12 KOFFEEを聴け 【LIFE of LONDON】

「レゲエの未来を担う存在」、「ジャマイカのニュースター」と称賛される19歳の女性アーティスト・KOFFEEを見ろ【LIFE of LONDON】

31
どうも東京の人にはなれなかったらしい|死にたくないなあ
どうも東京の人にはなれなかったらしい

死にたくないなあ

離島出身、写真家中山桜(ららら)が体を張って、精神を削って東京社会に挑むも全く上手くいかない日常を、フィルム写真と共に語るコラム『どうも東京の人にはなれなかったらしい』。第31弾は「死にたくないなあ」。

14
Creators Speak:Profile 9 NABEchan
Creators Speak

Creators Speak:Profile 9 NABEchan さん

普段クリエーターの方々に聞けない触れないQ&Aが見れる連載「Creators Speak」。第9回は現役美大生にしてパワフルな表現者NABEchanのご登場です!4月12日(金)からはNABEchan氏が主催するグループ展「ラストピンク」が新宿眼科画廊にて開催されます。平成最後のピンク溢れる多彩なアーティスト10名が創り出す空間をお見逃しなく!

13
コウキシン女子の初体験vol.15 内田珠鈴
初体験series

コウキシン女子の初体験vol.15 内田珠鈴:Alee Beach/森の図書室

Qetic企画「コウキシン女子」で、モデルや歌手など多岐にわたって活躍する現役高校生アーティストの内田珠鈴がハワイアンカフェ&バー「アリービーチ(Alee Beach)」と本の森としておなじみの「森の図書室」を初体験。4月10日(水)にリリースされる初のパッケージシングル『君はもういない/nude』には、サウンドプロデュースにCity Your CityのTeppei Kitano、作曲に術ノ穴のアサキと間違いない布陣に、“君はもういない”では自身が作詞を担当しています。

36
どうも東京の人にはなれなかったらしい
どうも東京の人にはなれなかったらしい

カルチモンを探しにいく

離島出身、写真家中山桜(ららら)が体を張って、精神を削って東京社会に挑むも全く上手くいかない日常を、フィルム写真と共に語るコラム『どうも東京の人にはなれなかったらしい』。第30弾は「カルチモンを探しにいく」。

8
コウキシン女子
初体験series

コウキシン女子の初体験vol.14 けんだる えれな:東京スカイツリー / akaru records

ある女の子に“初体験“をしてもらう『コウキシン女子の初体験』。今回は弱冠18歳のモデルけんだるえれなさんに、東京スカイツリーとレコード・ショップ「akaru records」を巡って貰った。

4
どうも東京の人にはなれなかったらしい|Air pocket
どうも東京の人にはなれなかったらしい

Air pocket

離島出身、写真家中山桜(ららら)が体を張って、精神を削って東京社会に挑むも全く上手くいかない日常を、フィルム写真と共に語るコラム『どうも東京の人にはなれなかったらしい』。第29弾は「Air pocket」。

15
TREKKIE TRAX REPORT Vol.3|Introducing Native Rapper
TREKKIE TRAX REPORT

TREKKIE TRAX REPORT Vol.3|Introducing Native Rapper

〈TREKKIE TRAX〉のfutatsukiです。Qeticでのコラム連載も3回目ということで、しばらく時間が空いてしまったのですが、今回は2019年3月13日に発売した、TREKKIE TRAX7枚目の全国流通CDアルバム『Native Rapper – TRIP*について、本人からリリースした楽曲へのコメントをもらえたので、そちらを掲載したいなと思います。

27
原島“ど真ん中”宙芳
Good Friends Hard Times

So I’m Your Friend ―― 原島“ど真ん中”宙芳、インタヴュー

音楽ライターの二木信が、この困難な時代(Hard Times)をたくましく、しなやかに生きる人物や友人たち(Good Friends)を紹介していく連載「Good Friend Hard Time」第1回目に登場するのは原島“ど真ん中”宙芳。PUNPEE、仙人掌、GAMEBOYS(CHAPAH & KAICHOO)といったラッパーたちのライヴDJを務め、PUNPEEのファースト『MODERN TIMES』収録の“夢のつづき”でラップを披露していることで知られる。

187
どうも東京の人にはなれなかったらしい|東京
どうも東京の人にはなれなかったらしい

東京

離島出身、写真家中山桜(ららら)が体を張って、精神を削って東京社会に挑むも全く上手くいかない日常を、フィルム写真と共に語るコラム『どうも東京の人にはなれなかったらしい』。第28弾は「東京」。

10
どうも東京の人にはなれなかったらしい|どうでも
どうも東京の人にはなれなかったらしい

どうでも

離島出身、写真家中山桜(ららら)が体を張って、精神を削って東京社会に挑むも全く上手くいかない日常を、フィルム写真と共に語るコラム『どうも東京の人にはなれなかったらしい』。第27弾は「どうでも」。

12
りかちゃん
Creators Speak

Creators Speak:Profile 8 りかちゃん さん

普段クリエーターの方々に聞けない触れないQ&Aが見れる連載「Creators Speak」。第8回はどこかなつかしいイラストタッチでサブカル系を魅了するイラストレーターりかちゃんにQ&Aを答えてもらいました!

6
ブラックめんそーれ
みちくさボンバイエ

蛇バディ諸君、一緒に・・・シャーーーッ!!!

皆さまこんにちは! 今回は僕がどうしても最近気になってしょうがない、とあるレスラーを紹介したいと思います。そのレスラーとは全日本プロレスのブラックめんそーれ選手。全日本プロレスで昨年8月に突如現れたブラックめんそーれ選手は、頭の器では蛇を飼い、左手が「シャーーーッ!!!」と蛇になっているという衝撃の風貌で登場しました。

21
どうも東京の人にはなれなかったらしい|不器用らぶゆー
どうも東京の人にはなれなかったらしい

不器用らぶゆー

離島出身、写真家中山桜(ららら)が体を張って、精神を削って東京社会に挑むも全く上手くいかない日常を、フィルム写真と共に語るコラム『どうも東京の人にはなれなかったらしい』。第26弾は「不器用らぶゆー」。

2

RANKING

FEATURE

COLUMN

INTERVIEW