#実録りんご音楽祭の裏側(閲覧注意)

4
plan01_recruit_20181113a

さてと、久し振りに帰って参りました「#実録りんご音楽祭の裏側」(閲覧注意)連載でございますが…駄文綴らせて頂きますは、90年代後期に勢いで家出して夜遊び続けて早くも20年弱…昼夜逆転が逆転すると体調を崩して最近は微熱が続くという、摩訶不思議な生態系に属する「しぶやの女神」(注:ペンネーム)と申します。どうぞ良い塩梅の距離感でのお付き合いを宜しくお願い致します。(注:AB型なので距離感が最も重要)

先ずは主題の「りんご音楽祭」の説明をかいつまんで…都心からのアクセスも良い長野県は松本市で開催中の野外音楽フェス、今年で8年目となります。日本を代表する新世代のフェスとして、毎年多くの人気アーティストから、アンダーグラウンドシーンの重鎮、注目の若手までが一同に会する粋なフェスとして話題なのですが、近年は「RINGO A GO-GO」という全国津々浦々~そして海外にまで触手を伸ばしたオーディション企画、各地のイベント・オーガナイザーやパーティとのコラボレーションなど、フェスやイベントの概念を越えて、ひとつの音楽を軸としたライフモデルとして進化を遂げております。きっと音楽好きやフェス愛好家の方は、どこかで名前をご覧になったこともあることでしょう。

しかし、どんな現場もそうですが…新しい事を成し遂げようとするチームの舞台裏は、それはそれは壮絶な、想像を絶する紆余曲折、迷いや葛藤と困難に満ちあふれており、過密情報の社会の網をかいくぐり、新たなトレンドをキャッチすることも忘れず、伝統を重んじながら、絶妙な温度感で築きあげた集大成も…1年のうちの2日感で結晶と化す。。。(それは…儚い通り雨のように)

この連載では、「りんご音楽祭」を支えるチームや、名物主催者であり、主たる頭脳であるdj sleeperこと、古川陽介くんとほどよい距離感で接している「しぶやの女神」が、関係者のSNSや古川くんがポロリと告げた一言までを吸い上げて、独自の視点で綴ってゆきたいと思います。(ここまで定型文)

さてさて今年も無事に終幕となりました「りんご音楽祭@アルプス公園」ですが、どんな感じだったかは、オフィシャルレポートを読むとよいのでは?来れなかった方は来年~♬

しかし来年のことを言うと鬼が笑うというけれど、鬼には笑われたくないよね。

少なくとも”渡る世間は鬼ばかり”なこんな世の中で、更に鬼にまで絡まれたくないよ。。。

そんな貴方に朗報が!!!

以下、参照~☆☆☆
 
明治神宮外苑で催されるクリエイティヴの祭典「TOKYO DESIGN WEEK 2016」内にて、長野県松本市発祥の人気音楽フェスであり、現在は日本各地で話題のパーティを繰り広げ続けている「りんご音楽祭」が、気鋭のアーティスト、VJ、プロデュース・チームやクルーをコンパイルした、映像と音楽のショーケース・イベント「THE NIGHT PARTY supported by りんご音楽祭」を、10月29日、30日、11月3日、11月5日、11月6日の計5公演に渡り開催。
 
りんご音楽祭とTOKYO DESIGN WEEKってどゆこと?? 14725743_1048644331923145_4259937031158310688_n

10月29日と30日は「りんご音楽祭」主催のdj sleeper氏が全ブッキングを担当。ヤン富田、seiho、Polaris、アナログフィッシュ、OGRE YOU ASSHOLE、Open Reel Ensemble、VJのSNEEK PIXX + ハラタ アツシや画家のina takayukiなどが出演する卓越した二公演を開催。

11月3日は、渋谷道玄坂のウォームアップ・バー、しぶや花魁&OIRAN MUSICがプロデュース。m-floの☆Taku Takahashi、ナマコプリ&おしゅし、西郡勲などが登場する。現在進行形のガールズ・アートからテクノまでをコンパイルしたマジカルな夜になることは間違いない。

11月5日は、mabanuaやKan Sanoなど各方面で活躍中の実力派サウンド・クリエイターを擁するorigami PRODUCTIONSが、青葉市子をゲストに迎えたライブアクトをプロデュース。PROTOTYPE INCによる映像演出とのコラボレーションを展開する。

最終日となる11月6日は、SIMI LABなどが所属するSUMMITがプロデュース。りんご音楽祭との親和性が非常に高く、りんご音楽祭が加山雄三との奇跡のコラボを果たすきっかけともなったPUNPEE。そして、一十三十一がkashifやLUVRAW、Mr.MELODYをメンバーに、niceclubsetを披露するなど、音楽ファンとみならずとも幅広い世代が五感で楽しめるラインナップと演出を予定している。

りんご音楽祭とTOKYO DESIGN WEEKってどゆこと?? 14725635_1048644338589811_2774559881799489257_n

是非「TOKYO DESIGN WEEK 2016」、そして「”THE NIGHT PARTY” supported by りんご音楽祭」にて、芸術の秋を堪能しましょう。
 

EVENT INFORMATION

“THE NIGHT PARTY” supported by りんご音楽祭

@TOKYO DESIGN WEEK 2016・明治神宮外苑・りんご音楽祭TenT
Sound:MRD Co.,Ltd./Light:BN4D/Decoration:sid yuuri+vaaaahana(秘境祭)

10/29(土)16:30~21:00
【Music】アナログフィッシュ/STUTS/Seiho/Polaris/DJやけのはら/ヤン富田
【Visual】ALi(anttkc)/Osawa Yudai(Aroe Inc.)/SNEEK PIXX + ハラタ アツシ
【Live Painting】ina takayuki(funkizm.net)
【Produce】dj sleeper(りんご音楽祭/Record & Music Bar “on”/瓦RECORD)

DJやパーティー・ピープルとしての経験値を活かした、独特のブッキングが話題の野外フェス「りんご音楽祭」主催のdj sleeperがブッキングを手掛けた音楽と映像のショウケース。世界で活躍する気鋭のトラックメーカーから、円熟味を増してゆく極上のダブポップバンド、アンダーグランド・シーンを支えるVJ、日本音楽界の至宝とも言える音楽家のヤン富田までが揃い踏みをする、空間のマジックを見逃さないで欲しい。@ringofes ringofes.info
 
10/30(日)16:30~21:00
【Music】OGRE YOU ASSHOLE/Open Reel Ensemble/川辺ヒロシ(TOKYO No.1 SOUL SET)/KIREEK/downy/DE DE MOUSE
【Visual】北千住デザイン/SNEEK PIXX + ハラタ アツシ
【Live Painting】ina takayuki(funkizm.net)
【Produce】dj sleeper(りんご音楽祭/Record & Music Bar “on”/瓦RECORD)

常にDJとしての感覚に軸を置いた、リスナーやセレクター視点でのユニークなブッキングで新たなトレンドを産み出し続けている「りんご音楽祭」の主催のdj sleeperが感じた、常に表現に磨きをかけ続けるアーティスト達が集結。世界の舞台で活躍するDJ、ライブアクト、バンドに呼応するように、ライブ・ペインティングやVJが連動してゆくソリッドな空間演出に注目!@ringofes ringofes.info
 
11/3(木・祝)16:30~21:00
【Music】ヴィーナス・カワムラユキ(しぶや花魁)/Sakiko Osawa(feat. Violin:斎藤ネコ)/☆Taku Takahashi(m-flo/block.fm)/TeddyLoid/ナマコプリ(feat. DJ:タイチマスター)
【Visual】おしゅし(作者:やばいちゃん)/西郡勲/BENZENE by VMTT/HATEGRAPHICS/清水貴栄と林響太郎(DRAWINGANDMANUAL)
【映像監修】林永子
【Produce】OIRAN MUSIC

2010年のオープン後、国内外から多くのゲストが訪れるスポットとして、多種多様なコミュニケーションを発信し続けている渋谷道玄坂のウォームアップ・バー「しぶや花魁」発のミュージック・ブランド「OIRAN MUSIC」プロデュースの映像と音楽のショウケース。DJ、芸術家アイドル、Twitterで話題のすし漫画、人気映像作家によるVJなど、2016年の渋谷道玄坂を体現するカルチャーのコンピレーションを体感して欲しい。oiranmusic.com @OIRAN_MUSIC
 
11/5(土)16:30~21:00
【Music】青葉市子/Kan Sano/DJ Stupid Kozo/Hiro-a-key/mabanua(acoustic set)
【Visual】PROTOTYPE INC.
【Produce】origami PRODUCTIONS × PROTOTYPE INC.

日本を代表するレーベル/クリエイターチーム origami PRODUCTIONS プロデュース!mabanua、Kan Sano、Hiro-a-keyといった所属アーティストに青葉市子を加えたライブアクト、DJにStupid Kozoを迎えて開催。さらに、体験をデザインするクリエイティブカンパニーPROTOTYPE INC.が手掛ける映像演出との一夜限りのコラボレーションが実現。音と映像がインタラクティヴにリンクする、この日この場でしか体感できない時間を創造します。
 
11/6(日)16:30~21:00
【Music】SIMI LAB(OMSB/MARIA/DyyPRIDE/Hi’Spec)/スカート/VaVa(CreativeDrugStore)/PUNPEE/一十三十一 niceclubset(Kashif+LUVRAW+Mr.MELODY)/藤井洋平 with Mr.MELODY/DJ RE-JI/wardaa
【Visual】onnacodomo
【Produce】SUMMIT
デザイン、ファッション、建築、テクノロジー、アート、音楽、その他。この日、SUMMITからはSIMI LABのライブ、PUNPEEがDJ出演。一十三十一や、藤井洋平、スカート等、その他にも幅広いジャンルから親和性の高いアーティストが参加。映像では、昨年Ryan HemsworthのVJとしてCoachellaフェスティバルにも出演したODDJOB所属のVJユニット、onnacodomoが参加。ふらっとTDWにお越し頂いた人にも、楽しんで頂ける一日になると思います。
 
<ABLE & PARTNERS TOKYO DESIGN WEEK 2016 開催概要>
会場:明治神宮外苑 絵画館前 〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町2-3
前期:2016年10月26日 ~ 10月31日
後期:2016年11月2日 ~ 11月7日 ※11月1日は終日閉場
開場時間:11:00~21:00 ※最終日は20:00まで
 
<チケット>
前売り:2,000円 Peatix/ローソン【Lコード 34629】/チケットぴあ【Pコード 767-478】
当日:一般2,500円/学割:大学生1,500円・高校生1,000円・中学生500円/親割:親1名当たり1,800円/ナイト割:2,000円/通期割:3,800円(前期1枚+後期1枚)

※TOKYO DESIGN WEEK 2016のチケットで”THE NIGHT PARTY” supported by りんご音楽祭を含めたほとんどのステージや展示がご覧になれます。
※一部の特別イベント、ワークショップなどには、追加料金がかかる場合がございます。
※TOKYO DESIGN WEEK会場内への1回入場券になります。
※再入場はできません。
※一度購入されたチケットの、キャンセル・変更はできませんのでご注意ください。
※ペット同伴の入場はできません。
※詳細はTOKYO DESIGN WEEK 2016のホームページをご確認ください。

詳細はこちら

しぶやの女神

しぶやの女神

コラムニスト

Published on