REPORT

THREE1989

THREE1989 "KISS" Release Tour
Photo by Toyohiro Matsushima

     

幕が上がる。

ついに平成最後の年を迎えた日本。
2019年2月8日、平成と共に産声を上げた3人の男たちは渋谷のライヴハウスに居た。

ステージ裏、ざわめく会場、乱れる呼吸。

先陣を切るのは、THREE1989のDJ DATCHだ。

おや。今日は鷹のように鋭い目つきだ。

幕が上がる-shoheyが観たワンマンライブレポート- column190218-three1989-2

この日の為に磨きをかけたDJプレイがスタートし、大ネタのWe will Rock youが会場に響き渡った。

同時に、聴いたことの無い程の歓声が聞こえた。

僕は、次にステージに立つkeyboard,guitarのSHIMOの背中をポンっと叩き、見送った。

また歓声が聞こえた。

緊張のせいか、まだ少し強張った顔のSHIMOがキーボードのレトロな音色で第一打を弾いた。
特徴的なボブヘアーをいつもより”なびかせて”

幕が上がる-shoheyが観たワンマンライブレポート- column190218-three1989-3

一曲目のFresh Kissが始まる。

僕はまだ浮遊感の残る足取りでステージ中央へと歩みだした。

歓声に包まれた。

幕が上がる-shoheyが観たワンマンライブレポート- column190218-three1989-4
幕が上がる-shoheyが観たワンマンライブレポート- column190218-three1989-5

THREE1989という音楽が、表現が、世に受け入れられた瞬間だった。

新曲を挟みつつ、ファンキーなチューンを立て続けに30分ほどやった。

会場は熱気に包まれた。

途中、周りを見渡すとあまりの集中力に狂気さえ感じられた。

いいねぇ。

幕が上がる-shoheyが観たワンマンライブレポート- column190218-three1989-6

それでもMCが始まるといつものラフな三人に戻った。

SHIMOとDATCHはネイティヴな関西弁を巧みに駆使し、会場の肩の力は一気に抜けた。

涙のダンスフロアというソウルバラードから始まった二部。

ここではTHREE1989リスナーの曲への愛を感じた。

MCで居酒屋感覚になっていた会場は曲がアカペラでスタートした瞬間、静まった。

会場へ目をやると、瞬きもせず真剣に聴いてくれていた。

嬉しかったね。ほんとに。

幕が上がる-shoheyが観たワンマンライブレポート- column190218-three1989-7

ライブアレンジされた楽曲達を次々に投下。

ここ!って時に、あっと驚いた表情をしてくれるリスナー。

一曲一曲を聴き込んで来てくれてるんだなぁ。THREE1989 の音楽が生活の一部になってるんだなぁ。とまた一つ、二つ、三つと感動を覚えた。

幕が上がる-shoheyが観たワンマンライブレポート- column190218-three1989-8
幕が上がる-shoheyが観たワンマンライブレポート- column190218-three1989-9
幕が上がる-shoheyが観たワンマンライブレポート- column190218-three1989-10

そしてここで、ゲストのえみそん(フレンズ)がヒット祈願に駆けつけてくれた。

実は、こうやってゲストを呼ぶのは一つの夢でした。ボソボソッ

正直緊張しましたね。デュエットってのは。

パートナーの瞳を見て歌う訳ですから。

もう少しで恋に落ちるとこでしたね。
危ない。危ない。

幕が上がる-shoheyが観たワンマンライブレポート- column190218-three1989-11

えみそんの”ヒットナンバー”をfeat.THREE1989 で演奏して無事にヒット祈願が終了!!

ありがとう!えみそん!キラキラ

幕が上がる-shoheyが観たワンマンライブレポート- column190218-three1989-12

ふぅ〜っと一息つきたいところですが、付かせません。踊りましょう!ということで、アルバムJET BLUEからUMBRELLA、そしてアルバムKISSからDA・KE・DOからの本編ラストはUNIVERSE!!!

ここで会場は最高潮にぃ!←よくあるやつ。

でもあの瞬間は、ほんとに最高潮だった。

全てがスローにみえた。
SHIMOのなびかせたボブヘアーの一本一本の揺れが分かるほどに。。。

さて、そんなSHIMOのトークボックスを使ったコールアンドレスポンスは凄かった。

幕が上がる-shoheyが観たワンマンライブレポート- column190218-three1989-13

天井が割れて、吹き抜けになって会場ごと宇宙まで飛んでくんじゃないか。。。

ってくらいにみんな叫んでくれてた。

浴びたね。もうアレは浴びた。

本編はこれにて終了。

幕が上がる-shoheyが観たワンマンライブレポート- column190218-three1989-14
幕が上がる-shoheyが観たワンマンライブレポート- column190218-three1989-15

新曲を交えたアンコールは、いい感じに力が抜けて、会場も揺れに揺れ、これぞ”目指してた空間”が出来上がってた。

“ライブって皆んなで作っていくもの”

この言葉の真骨頂を観た気がする。

人生で一番のHigh Timesだったよ。ほんとに。

幕が上がる-shoheyが観たワンマンライブレポート- column190218-three1989-16

幕が上がる。

THREE1989の集大成でもあり、新たなスタートであったこのワンマンライブ in WWW X

幕が上がる-shoheyが観たワンマンライブレポート- column190218-three1989-17

幕が上がる。

そしてこれからリリースツアーで全国と少しだけアジアを巡る。

幕が上がる-shoheyが観たワンマンライブレポート- column190218-three1989-18

幕が上がる。

1989年生まれの僕らは今年30歳を迎える。

想像してた30歳とは程遠いが、想像してたよりも若い。若すぎるほどに。

同時に時代も変わる。

これでもかっ!という節目の連続に戸惑う事もあるだろう。

それでも時代に追い越されず、常に遠くにある”モノ”を見つめ、先を走って行きたい。

最後に、ワンマンライブに足を運んでくれた皆様、THREE1989を聴いてくれてるリスナーの皆様、そして読んでくれたアナタへ。

ありがとう。

幕が上がる-shoheyが観たワンマンライブレポート- column190218-three1989-19

さて。

またここから。

幕が上がる。

2019.2月 THREE1989 shohey

幕が上がる-shoheyが観たワンマンライブレポート- column190218-three1989-20

Photo by Toyohiro Matsushima
TwitterInstagram

THREE1989 “KISS” Release Tour

幕が上がる-shoheyが観たワンマンライブレポート- three1989

2019.02.08(金)渋谷 WWW X [SOLD OUT]
2019.03.05(火)名古屋 ell.SIZE
2019.03.06(水)大阪 Shangri-La
2019.03.08(金)広島 4.14
2019.03.09(土)大分 10 coffee brewers
2019.03.11(月)福岡 EARLY BELIEVERS
2019.03.12(火)熊本 市民会館シアーズホーム夢ホール
2019.03.17(日)函館 South Cedar DRIVE INN
2019.03.19(火)札幌 SpaceArtStudio
2019.03.23(土)韓国 ソウル Sang Sang Madang Live Hall
2019.03.29(金)仙台 MACANA
2019.04.05(金)台湾 JOURNAL STANDARD 台北 誠品信義店
2019.04.19(金)沖縄OUT PUT

追加があり次第更新!

詳細はこちら

3rd ALBUM “KISS”

幕が上がる-shoheyが観たワンマンライブレポート- three19891

Release:2019.02.13(水)

Tracklist
1.Fresh Kiss
2.Tiny Dancer
3.DA・KE・DO
4.mint vacation
5.morning light
6.monotone
7.butterfly
8.Bad Romance
9.Rambling Rose
10.Kiss In The Sun

Qetic TOP