FILM

10
© 2018 Danjaq, MGM. 007 Gun Logo and related James Bond Trademarks, TM Danjaq. All Rights Reserved.

2018年4月29日(日)、<ジェームズ・ボンド 007「カジノ・ロワイヤル」in コンサート>の開催が決定しました。

世界的大人気スパイ映画『007』が、「シネオケ®」として初上陸!“あの有名なテーマ曲”を始め、スリリングで官能的な楽曲が、大迫力のフルオーケストラの生演奏で鳴り響きます。

2018年1月19日(金)18時より、最速先行販売が開始されます。「シネオケ®」で、新たな映画体験を!

指揮・ニコラス・バックよりメッセージ

ボンド映画の中でもトップを争う作品として高く評価されている『カジノ・ロワイヤル』の楽曲はいくつかの点で非常にユニークです。

ピアース・ブロスナン主演の007シリーズの後、プロデューサーたちはジェームズ・ボンド役に新しい俳優を起用し、シリーズを再起動させたいと考えました。

新たなジェームズ・ボンドとして抜擢されたダニエル・クレイグのデビューを印象的なものにするため、作曲家のデヴィッド・アーノルドはオーケストラベースのスコアに戻り、映画の最後の最後までボンドのテーマ曲を使用しません。

映画全体を通してテーマ曲が問題解決の手がかりとして流れるのですが、フルでの使用はエンドクレジットまでじっと待つのです。

アーノルドはまた、主題歌“You Know My Name”をクリス・コーネルと共同作曲し、このメロディーをスコア全体に織り込んでいます。そして、ボンドの相手役であるヴェスパーとの愛のテーマ曲は、ボンドと彼女の関係をより特別なものにしています。

007の映画シリーズは、私の音楽人生に多大な影響を与えました。オリジナルの007シリーズのほとんどを作曲したジョン・バリーは、若き日の私にとって偉大なインスピレーションであり、デヴィッド・アーノルドが映画『スターゲイト』のために作曲したスコアを聞いて、私は映画音楽の虜となったのです。

この2つの要素が1つになったコンサートを指揮することは私にとって本当に特別です。007ファンの皆様にとっても、『カジノ・ロワイヤル』をご自身の目の前に広がるフルオーケストラの生演奏つきで、最初から最後まで観られるということは、エキサイティングで楽しいこと間違いありません。ご期待ください。

EVENT INFORMATION

<ジェームズ・ボンド 007「カジノ・ロワイヤル」in コンサート>

2018.4.29(日)
OPEN 12:00/START 13:00
東京国際フォーラム・ホールA
S席9,800円、A席7,800円、B席2,800円(税込)/1月19日(金)18時より最速先行販売開始
指揮:ニコラス・バック
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

※3歳以下のお客様のご入場不可。
※最速先行の受付にはローソンチケット シネマ×オーケストラメンバーズの登録が必要になります。
お問い合わせ:キョードー東京 0570-550-799(平日11時~18時 土日祝10時〜18時)

詳細はこちら

edit by Qetic・川崎龍也

Published on

Last modified on