Advertisement japan_qetic_1140x180_summer19_logo

2019年4月5日(金)全国公開の東映配給の新作映画『麻雀放浪記2020』。不朽の名作として、今なお読み継がれている阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説「麻雀放浪記」が、和田誠監督の映画化以来、35年ぶりに再び映画化。主演は、映画版『麻雀放浪記』を生涯ベストの1つと公言している斎藤工。そして今回、この映画主題歌を今大注目の『NEOかわいい』バンドCHAIが担当することが決定した。

CHAIを、本作の白石和彌監督が大絶賛。ぜひ本作の主題歌に、ということで、今回の企画を提案。ラッシュ(音声の入っていない完成前の映画)を見て、そのアグレッシブな内容に圧倒され、初めて見るような世界の驚きを現しつつ、本作のために主題歌“Feel the BEAT”を制作したそうだ。CHAIにとっても初の映画主題歌の書き下ろしとなっている。

CHAI コメント

この映画で描かれていることが本当に起きたらと考えると怖すぎる!深刻なことがコミカルに詰まっているけど、すごく現実的でヤバい。リアルに感じます。
哲(斎藤工)の「もっと命かけて麻雀やったらどうなんだ!」と言うセリフの熱さがすごくて、誰に対しても刺さる言葉・刺さる映画なんじゃないかなと思いました。ビシッとしなきゃ、ちゃんと生きなきゃ!と思いましたし、たくさん笑えて感動するから、何かに熱中したくなりました!
そして、哲の“絶対に俺はこれだ!”という一生懸命さと譲れない気持ちが「Feel the BEAT」のテーマになっています。誰かに聞いたり迷ったりするのではなく「言い切る!」という大事な気持ちは、哲にもあるしドテ子(もも)にもあるし、そしてCHAIにもあると感じて曲にしました。だから【思いっきりCHAI】な曲になっています!!映画の曲は初めてだったのでエンドロールで流れているのを想像しながら作ったのですが、合っていて嬉しかった(笑)!映画の最後にみんなの気持ちをグッと掴めるといいなと思います!

白石和彌監督コメント

CHAIのアーティストとしてのグローバルな活動と限りなく広がる世界観に一目惚れしてお願いしました。
初めて会った時、CHAIのみんなは「どんな感じの曲がいい?」って優しく僕に聞いてくれたので、一生懸命説明するとキャッキャしながら「わかった!やってみる!」と言ってくれました。少しだけ不安を覚えましたが、上がってきた曲は超カッコよかったです。その時『孤狼の血』のムビチケを渡したのですが、果たしてCHAIは見てくれたのか、今度会ったら聞いてみようと思います。CHAIありがとう!

また本日9日(水)22時~放送のNHK「クローズアップ現代+」で「CHAI」の全貌が明らかになる彼女たちの現象を大特集! CHAIって?NEOかわいいって?と疑問を感じた方は番組をチェックしてみよう。

麻雀放浪記2020 Twitter

CHAI officialsite

maomao

まおまお

ライター

Published on

Last modified on