plan01_celineH2_20181015

藤原竜也蜷川実花監督が初タッグを組むサスペンスエンターテイメント大作映画『Diner ダイナー』が2019年に公開されることが発表されました。

原作は、映像化不可能と言われた平山夢明著『ダイナー』(ポプラ社「ポプラ文庫」)。

小説からコミック化もされている中、満を持しての映画化となります。

今度の藤原竜也は元殺し屋の天才シェフ!!

唯一無二の演技派俳優、藤原竜也が今回演じるのは、天才シェフであり、元殺し屋のボンベロ。

要塞のような分厚い鉄扉の奥に広がる、カラフルで強烈な色彩美を放つ店内。

店主と名乗る男が、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。

「ここは、殺し屋専用のダイナーだ。皿の置き方一つで消されることもある」

次々と現れる一筋縄ではいかない凶悪な殺し屋たち。

物語は、一瞬たりとも目が離せない展開へと加速していきます!!

藤原竜也は、幾多の超個性的なキャラクターを怪演し、その圧倒的な演技力と存在感で『デスノート』『カイジ』『僕だけがいない街』『22年目の告白-私が殺人犯です-』をはじめとする主演作を大ヒットに導いてきました。

サスペンス映画のヒット作も続く中、一癖も二癖もある刺激的なキャラクターでまたしても観客を魅了することでしょう。

父の愛弟子と初タッグ、監督は『ヘルタースケルター』蜷川実花

今作の監督を務めるのは、世界中の女性から絶大な支持を持つ、写真家・映画監督の蜷川実花。

2007年公開作品の『さくらん』そして、22億円を超え社会現象にもなった2012年公開『ヘルタースケルター』に続き3本目の監督作品となります。

次々と現れる殺し屋たちとのアクションや色彩美豊かな美術品。

そして、作品に彩りを添える料理の数々と蜷川実花でしか描けないファンタジック・ワールドが開宴します。

また、蜷川幸雄氏演出によって芸能界デビューを果たし“愛弟子”として数多くの作品に出演し続けてきた藤原竜也と蜷川実花がどのような化学反応を起こすか、話題が尽きません!!

『Diner ダイナー』

2019年 全国ロードショー

主演:藤原竜也
監督:蜷川実花、
原作:平山夢明『ダイナー』(ポプラ社「ポプラ文庫」)
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

一人ぼっちで人生どん底…ほんの出来心で怪しいサ イトのバイトに手を出したばかりに、一瞬で普通の生活 から転落したオオバカナコは、とあるダイナーにウェイト レスとして売られる羽目になってしまった。 そこは、要塞のような分厚い鉄扉の奥に広がる、カラフ ルで強烈な色彩美を放つ店内。 店主と名乗る男は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。 「ここは、殺し屋専用のダイナーだ。皿の置き方一つで 消されることもある」 次々と現れる一筋縄ではいかない凶悪な殺し屋たち。 毎日が極限状態の最高にブッとんでいる世界に放り込 まれたカナコ。物語は、一瞬たりとも目が離せない展開 へと加速していく…

詳細はこちら

髙橋 京太郎

髙橋 京太郎

Qetic編集部

Published on