ジュラシック・ワールド

FILM

11
© Universal Pictures ©Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. and Legendary Pictures Productions, LLC.
celine_plan01_20180916

“恐竜”に 巨匠・スティーヴン・スピルバーグが命をふきこみ、かつて誰も観た事がなかったリアルでスリリングな映像体験に世界中の人々が心を躍らせ、映画史に偉大な足跡を残した『』シリーズ。

2015年に公開した『』は全世界のトータル興行収入は16億7000万ドルを突破、日本でも2015年度公開映画の“年間興行収入No.1”となるメガ・ヒットを記録しました!

いよいよ今年、3年ぶりとなるシリーズ最新作『/炎の王国』が、7月13日(金)に日本上陸を果たします!  

豪華キャストと製作陣に注目!! 

前作に引き続き主要キャストは、恐竜と心を通わせる主人公オーウェン役にクリス・プラット、「ジュラシック・ワールド」の運営責任者であったクレア役にブライス・ダラス・ハワードが続投。

監督は『怪物はささやく』で素晴らしい手腕を発揮し、ゴヤ賞9部門を受賞したハリウッド注目の鬼才J・A・バヨナが大抜擢。

前作の監督であり本作では製作総指揮・脚本を務めるコリン・トレボロウ、そしてトレボロウと共に製作総指揮を務める『ジュラシック』シリーズの生みの親スティーヴン・スピルバーグが作品を更に”進化”させています!! 

25周年の集大成、そして「究極のジュラシック体験」

そして今回、日本未解禁の最新映像がたっぷりと収められた本作の特別映像が到着しました。

映像では、世界中を興奮と感動の渦に包みこんだ『』(93)の懐かしい映像と共に、スティーヴン・スピルバーグが「25年前に撮ったシリーズ第1作は、単なる恐竜映画じゃなかった。空想科学が”科学”になる瞬間に正面から取り組んだ作品だった」と振り返ることから始まります。

続いて、コリン・トレボロウが「前作は我々が大好きな恐竜映画だ。だが、本作は我々の知識を未来へ推し進める作品だ」と語るなど、本映像では、最新作で新たに描かれる物語の一部分が明らかに! 

火山の大噴火が迫り、絶滅寸前の恐竜たちを守るためイスラ・ヌブラル島へと向かうことになった主人公のオーウェンとクレアたち。

しかし、噴火の危機が迫るその背後では、恐竜たちの密輸が企てられ、競売にかけられようとしていた…。

クレアを演じたブライスが「映画の前半はシリーズの王道だけど、後半はより危険な世界に足を踏み入れる」と語るように、恐竜から人間たちが逃げ惑っていたこれまでのシリーズから一転、人間たちの選択によって、恐竜たちの運命が決められる展開へと向かう本作。

劇中のオーウェンたちはこれまでのシリーズの中で初めて、人間のためではなく恐竜のための選択を迫られる事になるようです。

さらにその競売では、新たに創られた究極のハイブリット恐竜“インドラプトル”の姿がお目見え! 

オーウェンの相棒である”ブルー”が彼のピンチに駆けつける様子も垣間見られ、前作から紡がれてきたオーウェンとブルーによる種族を超えた新たなパートナーシップ、そしてJ・A・バヨナが「ブルーが物語の核だ」と語る、ストーリー展開にも期待が高まります!

シリーズ25周年”究極のジュラシック体験”『ジュラシック・ワールド/炎の王国』特別映像解禁! film180605_jurassicworld2-_02-1200x559

シリーズ25周年”究極のジュラシック体験”『ジュラシック・ワールド/炎の王国』特別映像解禁! film180605_jurassicworld2-_03-1200x503

シリーズ25周年”究極のジュラシック体験”『ジュラシック・ワールド/炎の王国』特別映像解禁! film180605_jurassicworld2-_04-1200x503
© Universal Pictures
©Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. and Legendary Pictures Productions, LLC.

また、J・A・バヨナがシリーズに初参戦したことによって、映像のトーンも前作より大幅にスケールアップ!

バヨナが「本作には閉ざされている恐怖やゴシック的な要素がある。一味違った緊張感だね」と解説するように、まるで座席の背後に恐竜が迫っていると錯覚しそうな、より一層リアルでスリリングな映像からはサスペンスを得意とする監督の手腕を感じ取ることができそうです。

コリン・トレボロウが「ジュラシック・シリーズの限界点を想像力で突き破ってほしい」と自信をのぞかせているように、ストーリー、恐竜、スリルと、これまでのシリーズを覆す新たな要素がたっぷりと詰まった本作。

この夏、日本中を「究極のジュラシック体験」に巻き込むこと間違いなし!! 

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』特別映像”Lookinside”

ジュラシック・ワールド/炎の王国

7月13日(金)全国超拡大ロードショー

製作総指揮:、コリン・トレボロウ
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンサ 
キャラクター原案:マイケル・クライトン
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ  
監督:J・A・バヨナ
キャスト:、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レヴィン、ジャスティス・スミス、ジェラルディン・チャップリン、
ダニエラ・ピネダ、トビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム
© Universal Pictures
©Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. and Legendary Pictures Productions, LLC.

あらすじ

ハイブリッド恐竜インドミナス・レックスと T-レックスが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有する島、イスラ・ヌブラル島では<火山の大噴火>の予
兆がとらえられていた。迫り来る危機的状況の中、人類は恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られていた――。そんな中、恐竜行動
学のエキスパート、オーウェン()はテーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と共に、恐竜を救い出すべく行動を起こす事を決意、島に向か
ったその矢先、火山は大噴火を起こし、生き残りをかけた究極のアドベンチャーが幕を開ける! 

詳細はこちら

髙橋 京太郎

髙橋 京太郎

Qetic編集部

Published on

celine_plan02_20180916