FILM

12
© Universal Pictures ©Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. and Legendary Pictures Productions, LLC.
plan01_recruit_20181113a

“恐竜”に 巨匠・スティーヴン・スピルバーグが命をふきこみ、かつて誰も観た事がなかったリアルでスリリングな映像体験に世界中の人々が心を躍らせ、映画史に偉大な足跡を残した『ジュラシック・パーク』シリーズ。

2015年に公開した『ジュラシック・ワールド』は全世界のトータル興行収入は16億7000万ドルを突破、日本でも2015年度公開映画の“年間興行収入No.1”となるメガ・ヒットを記録しました!

そして『ジュラシック』シリーズ誕生25周年という節目を迎える2018年、新シリーズ3部作の2章にあたる最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が、2018年7月13日(金)に日本上陸を果たします。

全世界興収10億ドルの大台突破も目前

先日、主人公オーウェンを演じるクリス・プラット、クレアを演じるブライス・ダラス・ハワードをはじめとする豪華スターが華やかに来日を果たし話題となった今作ですが、すでに各国で堂々の初登場No.1を獲得し、世界中で『ジュラシック』旋風を巻き起こしている今作ですが、公開2週目を迎えた北米において2週連続No.1を獲得しています。

北米累計興行収入は先週末時点で約2億6569万ドル(294億円※7月3日時点レート換算)を突破!

さらに全世界累計興収は約9億3489万ドル(約1036億円※7月3日時点レート換算)に達し、10億ドルの大台も目前に迫る勢いです。

先日、地上波で本シリーズの記念すべき第1作『ジュラシック・パーク』がO.A.されると、Twitterのトレンドには『ジュラシック・パーク』が上がり、タイムライン上でも「何度見てもジュラシック・パークは最高だわ!」、「午後の映画がジュラシック・パーク…子供の頃家族で映画観に行って恐竜大好きになったきっかけ。ワールドも大好きなんだけど、第1作はレジェンド!最新作にはマルコム博士も出てるって聞いてドキドキ止まらんぜ」、「最新作楽しみー、やっぱハリウッドすごいな。1993年の作品だって。色褪せないなー!」と、1作目を懐かしむ声に続き、最新作への期待コメントが続々と到着し、2週間後に迫る公開に向け早くも、日本の“ジュラシック”旋風の兆しが訪れています!!

ジュラシック・ワールド/炎の王国

7月13日(金)全国超拡大ロードショー

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンサ 
キャラクター原案:マイケル・クライトン
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ  
監督:J・A・バヨナ
キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レヴィン、ジャスティス・スミス、ジェラルディン・チャップリン、
ダニエラ・ピネダ、トビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム
© Universal Pictures
©Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. and Legendary Pictures Productions, LLC.

あらすじ

ハイブリッド恐竜インドミナス・レックスと T-レックスが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有する島、イスラ・ヌブラル島では<火山の大噴火>の予
兆がとらえられていた。迫り来る危機的状況の中、人類は恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られていた――。そんな中、恐竜行動
学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と共に、恐竜を救い出すべく行動を起こす事を決意、島に向か
ったその矢先、火山は大噴火を起こし、生き残りをかけた究極のアドベンチャーが幕を開ける! 

詳細はこちら

髙橋 京太郎

髙橋 京太郎

Qetic編集部

Published on