正真正銘の新人監督の長編デビューとして、<28回東京国際映画祭>日本映画スプラッシュ部門にて作品賞受賞の快挙が話題となった映画『ケンとカズ』が、7月30日(土)より渋谷ユーロスペースほか順次公開することが遂に決定! そして、裏社会に生きる男達の生きざまを、甘さも容赦もないハードな激辛タッチで描いた“ジャパニーズ・ノワール”とも言うべき、本作の世界感を象徴するかのような刹那的で荒々しいポスタービジュアルも完成しました!

映画『ケンとカズ』予告編

一度味わったらやめられない!映画『ケンとカズ』、裏社会に生きる男達の生きざまを描いた予告解禁 film160524_kenkazu_7

本作は正真正銘の新鋭監督・小路紘史によるデビュー作で、W主演には無名の新人を起用し、自主制作で作り上げた渾身の作品となっています。『FORMA』、『百円の恋』など日本映画の注目作にいち早くスポットライトをあててきた<東京国際映画祭>日本映画・スプラッシュ部門にて、作品賞を見事受賞。新たな才能に審査員たちからは「運命に翻弄される2人のキャラクター、ケンとカズ。2人の哀しい旅をシェイクスピアの様に描いた作品」とも評されました。

一度味わったらやめられない!映画『ケンとカズ』、裏社会に生きる男達の生きざまを描いた予告解禁 film160524_kenkazu_1

一度味わったらやめられない!映画『ケンとカズ』、裏社会に生きる男達の生きざまを描いた予告解禁 film160524_kenkazu_6

今回ついに解禁された映像は、新人俳優たちの生の狂気や哀しみがぶつかり合う予告編となっています。覚醒剤の密売を続けるうちに堕ちる所まで堕ちていく男たち。彼らの日常は死や絶望と隣り合わせで、一見和やかな場面でも終始緊張感に満ちている。暴走するカズ役・毎熊克哉だけでなく振り回されるケン役・カトウシンスケの演技も新人俳優とは思えない迫力で、息が詰まるようなヒリヒリとした雰囲気を漂わせています。

一度味わったらやめられない!映画『ケンとカズ』、裏社会に生きる男達の生きざまを描いた予告解禁 film160524_kenkazu_5

一度味わったらやめられない!映画『ケンとカズ』、裏社会に生きる男達の生きざまを描いた予告解禁 film160524_kenkazu_4

一度味わったらやめられない!映画『ケンとカズ』、裏社会に生きる男達の生きざまを描いた予告解禁 film160524_kenkazu_3

あわせて『太陽を盗んだ男』の監督、邦画界のレジェンド・長谷川和彦から寄せられたコメントも解禁! 一度味わったらやめられないノワール純度が高すぎる『ケンとカズ』をお見逃しなく。

登場人物が、皆それぞれ固有のリアリティに満ち満ちているのに感心した。《覚醒剤密売に関わる最低最悪の人間たち》が、何故か「愛おしく」なってしまうのだ。過剰なクローズアップカットの連打も決して上滑りせず、観る者を《未知なる映画の世界》に引っぱり込んでくれる。「必見の新作!!」だろう。 長谷川和彦(映画監督)

 

 

ケンとカズ

7月30日(土)より渋谷ユーロスペースほかじゃ全国順次公開!

カトウシンスケ/毎熊克哉/飯島珠奈/藤原季節/髙野春樹/江原大介/杉山拓也
監督・脚本・編集:小路紘史
プロデューサー:丸茂日穂/小路紘史
撮影・照明:山本周平 
制作:原田康平/本多由美 
メイク:俵あずさ 
特殊メイク:森田優奈 
美術・衣装:尾身千寛  
録音:市川千裕/長谷川奈映
特別協賛:東京フィルムセンター映画・俳優専門学校
配給・宣伝:太秦
製作:「ケンとカズ」製作委員会(小路紘史/キッス・エンタテインメント/キューズファミリー/ニチホランド)
【2016年/日本/カラー/アメリカン・ビスタ/ステレオ/96分】 
(C)「ケンとカズ」製作委員会  

詳細はこちら

edit by Qetic

Published on

Last modified on

TODAY'S RANKING