第71回カンヌ国際映画祭にて最高賞“パルムドール”を受賞、現在も公開中の是枝裕和監督作『万引き家族』は観客動員300万人、興行収入37億円を突破、大ヒットを記録しています。

そして今回、是枝裕和監督の長編15作目、仏題『La Vérité(仮)』・邦題未定の製作が決定しました。

今度の舞台はフランスへ、是枝監督注目の次回作『La Vérité』

主演は、フランスの至宝、世界的大女優のカトリーヌ・ドヌーヴ。

共演には、『イングリッシュ・ペイシェント』(96)でアカデミー賞助演女優賞を受賞し日本でも人気の高いジュリエット・ビノシュ、アカデミー賞作品『6才のボクが、大人になるまで。』(14)のイーサン・ホーク、日本でも大ヒットを記録した仏映画『8人の女たち』(02)、『スイミング・プール』(03)のリュディヴィーヌ・サニエらを迎え、力強く情感豊かな家族の葛藤の物語を描き出します。

次回作『La Vérité』では、日本を飛び出し、フランスで撮影を予定しており、豪華キャスト陣と現地スタッフたちとタッグを組んだ日仏合作となり、2019年公開予定です。

映画『万引き家族』でカンヌ最高賞、是枝裕和監督最新作『La Vérité』製作決定!カトリーヌ・ドヌーヴ主演 film180717_koreeda_01

ねえ、ママ。教えて。人生って楽しい?

母はフランス映画のスター女優。

今の恋人、元夫、パーソナルアシスタント…彼女を愛してやまない男たちの上に君臨する。

そんな彼女の自伝の出版を機に、娘がアメリカから、夫と幼い子どもを連れて帰省する。

母と娘の再会は、たちまち対立へ変容する。

さまざまな真実は露わになり、愛と恨みは告白される…。

母は、SF 映画に出演することになるが、自伝に自分の名前がないことに傷ついたパーソナルアシスタントが突然辞めてしまい、娘が代わりに撮影現場に付き添うことに…。

その現場で出会った新進女優の姿に、母はかつて親友でライバルだった今は亡き女優の面影を重ねていくのだった。母と娘は長年に渡ってへだてられてしまったふたりの関係を果たして修復出来るのだろうか…。

『La Vérité(仮)』

2019年公開予定

原案・監督・脚本 是枝裕和
出演;カトリーヌ・ドヌーヴ、ジュリエット・ビノシュ、イーサン・ホーク、リュディヴィーヌ・サニエ
撮影:エリック・ゴーティエ『モーターサイクル・ダイアリーズ』(03)『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』(14)
製作:3B Productions(フランス)、分福(日本)、M.I.MOVIES(フランス)
日本配給:ギャガ 海外セールス:Wild Bunch・ギャガ 仏配給:Le Pacte
撮影時期:2018年10月初旬〜12月初旬(8週間)

髙橋 京太郎

髙橋 京太郎

Qetic編集部

Published on

TODAY'S RANKING