3月9日(金)~10日(土)の2日間、水曜日のカンパネラのコムアイが監修し、彼女が厳選した映画7本を無料上映する上映会『名画ニッコウ座』が開催されました。

『名画ニッコウ座』は、「映画館がない日光市で上映会を開催することで、日光/今市をサードプレイス(=米社会学者レイ・オルデンバーグの『The Great Good Place』で広まった「家」や「職場」とは違う第3の憩いの場)にしよう」という想いから実現したもの。日光市の協力によって2日間ともに入場料は完全無料で、『道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣』の多目的ホールで厳選した7本の映画を上映。地元の方々の協力のもと、35mmフィルムでの上映などこだわりの上映会が行なわれました。Qeticでは1日目の様子をレポートします!

Photo Report#1 はこちら

Photo Report #2

【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る Y1_0702-1920x1280
【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る Y1_0681-1920x1280
【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る Y1_0662-1920x1280
【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る Y1_0667-1920x1280
【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る Y1_0715-1920x1280
【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る Y1_0727-1920x1280
【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る Y1_0621-1920x1280
【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る Y1_0768-1920x1280

『道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣』が位置する日光市今市(いまいち)は、日光街道や会津西街道、日光例幣使街道今市宿の宿場町として繁栄した場所。近隣には奥日光や鬼怒川温泉などが位置していて、『日光江戸村』にも車で15分程度で向かえるロケーションです。

【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る Y1_1084-1920x1280
【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る L1030910-1920x1280

コムアイはここで、上映会を数か月にわたり準備。いよいよこの日当日を迎えました。取材に訪れた3月9日は朝方こそ激しく雨が降ったものの、開始直前には落ち着き、会場には若者から年配の方まで、多種多様な方々が来場。中でも入り口でひときわ目を引いたのは……。

【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る Y1_0917-1920x1280
【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る Y1_0922-1920x1280
【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る Y1_0927-1920x1280

この立体パネル!! 『名画ニッコウ座』の特設HPに通じるモチーフが使われたこのパネルはコムアイと一緒に映画館のイスに座っているような写真が撮れるため、来場者の人気写真撮影スポットに。また、この日だけのオリジナルグッズを含むグッズコーナーも注目を集めていて、「『名画ニッコウ座』限定スウェット」や「『名画ニッコウ座』限定トートの他、「水曜日のカンパネラ シネマT」といった人気アイテムがずらり。映画のパンフレットなども用意され、この日ならではの物販コーナーが広がっていたのも、ファンには新鮮だったはずです。

【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る Y1_0693-1920x1280
【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る Y1_0695-1920x1280
【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る Y1_0910-1920x1280

#細雪(1983年)

【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る Y1_0624-1920x1280
【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る a12a3b9ecdfb8f2023db2fc7267c88b2-1920x1280

(C)1983 東宝

上映会は市川崑監督が谷崎潤一郎の名作小説を映画化した『細雪』(1983年)からスタート。吉永小百合や古手川祐子、佐久間良子、石坂浩二といった豪華キャストの繊細な演技と細やかな雪の描写がリンクするような、ただひたすら美しい映画に上映後は観客から拍手が起こっていました。

#HOUSE(1977年)

【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る 443888f6fb964e8617ccf88a8f3afe5c-1920x1280

(C)1977 東宝

続く2本目の大林宣彦監督/池上季実子主演のカルトホラー映画『HOUSE』は一転、ポップでカラフルな色彩とブラックユーモアとが詰め込まれたナンセンスなホラーコメディ。

#あの夏、いちばん静かな海。(1991年)

【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る Y1_0968-1920x1280

(C)1991 オフィス北野

そして3本目は、真木蔵人らが演じる聾啞者のカップルを主役に、静寂の中で恋愛の機微を描く北野武監督映画『あの夏、いちばん静かな海。』(1991年)。この作品ではセリフが一切ない主人公2人と久石譲による劇伴のコントラストが印象的で、3本それぞれにバラエティ豊かで、個性を感じる映画が集まった雰囲気は、水曜日のカンパネラで様々な表現を見せるコムアイの多彩さに通じるものと言えるかもしれません。

【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る Y1_1096-1920x1280

この日は、会場に水曜日のカンパネラのメンバーが全員集結。とはいえ、上映会の中でステージに立って挨拶をしたりすることはせず、むしろコムアイ自身も映画館で”お客さんとして”観客と一緒になって映画を鑑賞し、空き時間には会場で観客と気さくに話し込んだりする姿がとても印象的でした。そうして感じられたのは、映画/芸術を起点にして、人々の輪が広がっていくということ。音楽の会話をすればその人の性格や考え方が分かるのと同じように、好きな映画を観たり、それについて話したりすることもまた、互いのことを知る機会になるはずです。上映会に訪れた人々も、それぞれの方法で楽しんでいたようでした。

【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る Y1_0762-1920x1280
【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る Y1_0736-1920x1280

「東京の板橋区から親子で来ました。コムアイちゃんのインスタのストーリーで上映会のことを知って、日光は母親の実家なので、一緒について来てもらいました(笑)。」
「『あの夏、いちばん静かな海。』から観ました。『道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣』が出来ているのは知らなかったですし、地元でこんな企画があって、しかも無料で映画が観られるなんて、とてもいいい企画ですね!」
「音楽がとてもかっこよかったですし、上映会自体もとても力が入っているな、と思いました。すごく楽しかったです!」(匿名/女性2人:親子)

「夫婦で今市に住んでいます。今回の上映会は市役所のチラシで知りました。今までの今市や日光の魅力の発信の仕方とはまた違ってお洒落な雰囲気で、芸術的で、とてもいい雰囲気だったと思います。若者向けの内容かと思っていたら、年配の方もたくさん来ていて、来場していた人の幅広さもとても印象的でした!」(タツミタロウさん/カナコさん:30代)

「3年ほど前にこの辺りに引っ越してきました。今日は『あの夏、いちばん静かな海。』だけしか観られなかったんですが、自分では普段選ばない映画ですごくよかったです。会話の少なさが逆に、頭の中で色々と考えさせられますよね。この上映会が決まるまでコムアイさんのことは知りませんでしたが、そのあとEテレ(NHK)を観ていたら『あっ出てる!』と気づいたりもして。とても面白い機会でした。ありがとうございました!」(匿名/女性)

では、上映会当日を迎えたコムアイの感想は? 1日目終了後にコメントをもらいました!

#KOM_I

【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る Y1_1063-1920x1280

「今回の上映会は半年以上かけて準備をしていきました。実は最初は別の企画をする予定だったんですけど、そこから『上映会をしよう』という話になったのが冬頃です。今回は(日常の中で「家」「職場」以外の憩いの場所として存在する”サードプレイス”がテーマのため)「お祭りにはしたくない」という気持ちがあって、私もみんなと一緒に映画を観るような雰囲気にしました。本当は私の名前を出す必要もないと思っていたくらいです(笑)。」

【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る L1030905-1920x1280

「今回上映した映画は、自分が好きな、自分が『美しいと思う映画』ばかりを集めました。観る際に映画の詳しい知識必要はないと思いますし、たとえ1本観てもらうだけでも、その人と映画の間に強い繋がりが出来たらいいな、と思って選んでいきました。日光劇場の人たちなど、地元のみなさんが協力してくれて準備も楽しかったです。」

【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る 9be899b187008c973dffadc3872f8f88-1920x1280

ブンミおじさんの森 ©Kick the Machine Films

「今市には下見で何度も来て、そのときによく散歩をして、『日光珈琲 玉藻小路』やたきた食堂がお気に入りになりました。あと、『道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣』にある船村徹記念館の3Dシアターは面白いので見てほしい!! とはいえ、私はどこに住んでいても人は一緒だと思っていて、今回の上映会も”その人と映画の関係性”の話だと思うので、同じようなことが東京でも、海外でも、どの都市でも出来そうですよね。機会があれば色々な場所でやってみたいです。今日もドイツから里帰りで来ている人や、彼氏の実家が宇都宮にある人など――。色んな人が来てくれていました。ツアーで来るのとは違って、イベントを客観的に見られるのも新鮮でした!」

【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る Y1_0847-1920x1280
【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る Y1_0820-1920x1280
【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る Y1_0848-1920x1280
【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る Y1_0861-1920x1280
【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る Y1_0785-1920x1280
【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る Y1_0636-1920x1280

今年は沢尻エリカ、吉沢亮などが出演する犬童一心監督作品『猫は抱くもの』で、コムアイが映画に初出演、グループとしても劇伴を担当することが決定している水曜日のカンパネラ。日光で実現した今回の『名画ニッコウ座』は、常識の枠にとどまることなく様々な活動を繰り広げていく、このグループならではのものだと言えるのかもしれません。そして、何より印象的に感じられたのは、アートやカルチャーをサードプレイスにすることで、日々がより面白くなるということ。『名画ニッコウ座』は、そんなワクワク感が詰まっている場所でした。

【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る Y1_0880-1920x1280
【フォトルポ#2】水曜日のカンパネラ×日光市による無料映画上映会『名画ニッコウ座』を振り返る Y1_0891-1920x1280

名画ニッコウ座

meiga-nikko-za.com

名画ニッコウ座 ドキュメンタリー映像

youtube.jp