2012年より開催し、年明けの恒例行事になりつつある<未体験ゾーンの映画たち>。

来年も、2019年1月4日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷にて<未体験ゾーンの映画たち2019>が開催決定。

さらに今回、ラインナップが発表された。

「未体験ゾーンの映画たち」とは?

<未体験ゾーンの映画たち>は様々な理由から⽇本公開が⾒送られてしまう傑作・怪作映画を、映画ファンがスクリーンで体験可能なイベントとして、2012年よりヒューマントラストシネマ渋⾕をメイン会場として開催している。年々規模を拡⼤し、着実に未体験ファンともいえるリピーターを獲得!

2019年も新年の幕開けとともに、各国のあらゆるジャンルから厳選した全58本にもおよぶ劇場未公開作品を⼀挙上映予定。

『シークレット・ヴォイス』

ティモシー・シャラメの幻の主演作ほか、未公開作大公開!未体験ゾーンの映画たち2019 film181214_mitaiken2019_01-1

前作『マジカル・ガール』で、劇場デビュー作ながら、サン・セバスチャン国際映画祭でグランプリと監督賞のダブル受賞という快挙を成し遂げ、巨匠ペドロ・アルモドバルをして「宝⽯のような映画」と⾔わしめた新鋭カルロス・ベルムト。

世界中から注⽬が集まる中発表された本作は、記憶をなくした国⺠的歌⼿と彼⼥に⼼酔する貧しい
シングルマザーという⼆⼈の⼥性を主⼈公に据え、出会うはずのなかった⼆⼈の⼈⽣の交錯を、美しく、時に残酷に描く魅惑のミステリー。

トロント国際映画祭正式出品、サン・セバスチャン国際映画祭で今度はFeroz Zinemaldia Awardを受賞と、またも観客・批評家双⽅から圧倒的⽀持を獲得している。

『シークレット・チルドレン 禁じられた⼒』

ティモシー・シャラメの幻の主演作ほか、未公開作大公開!未体験ゾーンの映画たち2019 film181214_mitaiken2019_02

本作は、『君の名前で僕を呼んで』で世界的スターとなり、次回作『Beautiful Boy(原題)』ではオスカー候補の呼び声も⾼いティモシー・シャラメと、テレビシリーズ『マッドメン』で知られ Netflixのシリーズ『サブリナ:ダーク・アドベンチャー』での主演で⼤ブレイクを果たしたキーナン・シプカが、超能⼒を持つ兄妹を演じる異⾊の⻘春 SF スリラー。

アダム・ウィンガード監督とのコンビで『ユーアー・ネクスト』『V/H/S』などを⼿がけた撮影監
督のアンドリュー・ドロス・パレルモが初めて⻑編劇映画のメガホンを取った監督デビュー作です。2019年は『BeautifulBoy(原題)』に続き、『Hot Summer Nights(原題)』の⽇本公開も控え、世界的に今、もっとも注⽬される俳優のひとりであること間違いなしの“ティモシー・シャラメの幻の主演作”とあって、⼥性ファンや映画ファンの期待は早くも⾼まっている。

『ザ・スリープ・カース』

ティモシー・シャラメの幻の主演作ほか、未公開作大公開!未体験ゾーンの映画たち2019 film181214_mitaiken2019_03

また、『⼋仙飯店之⼈⾁饅頭』『エボラシンドローム』の怪優アンソニー・ウォンと⻤才ハーマン・ヤウ監督のコンビで贈るカニバリズムの祭典、『ザ・スリープ・カース』はこれぞ<未体験ゾーンの映画たち>という問題作。

これまでに『⼈⾁饅頭』のウォン、『エボラシンドローム』のカイ、残虐⾮道な殺⼈⻤を演じれば右に出るものはいないアンソニー・ウォンが、今度は不眠症のサイコパス・Dr.ラムとなり観客を恐怖のどん底に突き落とす。

そのほか、世界各国のファンタスティック映画祭を席巻!

不気味な森を舞台に、闇に⽣きる者たちの儚い運命を描く、戦慄のダーク・ファンタジー・ホラー『アンデッド/ブラインド 不死⾝の少⼥と盲⽬の少年』や、⽇本⼈監督の溝⼝友作がハリウッドで完成させた現代マフィア映画『マフィオサ』など、今回も絶対に⾒逃すことができない“⽇本⼈未体験ゾーンの映画たち”が出揃い注目だ。

未体験ゾーンの映画たち 2019

2019年1⽉4⽇(⾦)より、ヒューマントラストシネマ渋⾕にて開催︕

鑑賞料⾦:1300円均⼀(毎週⽔曜、毎⽉1⽇は1100円均⼀)、リピーター割引あり、TCG 会員割引あり

※シネ・リーブル梅⽥では2019 年1 ⽉下旬より開催予定

詳細はこちら

髙橋 京太郎

髙橋 京太郎

Qetic編集部

Published on