『ヘルタースケルター』(2012)以来6年ぶりとなる沢尻エリカの主演、若手演技派俳優の吉沢亮出演、犬童一心監督がメガホンをとる映画『猫は抱くもの

水曜日のカンパネラのコムアイが猫役で出演の沢尻エリカ主演作

『猫は抱くもの』は、思った通りの自分になれず、投げやりな毎日に慣れてしまった“元アイドル”の沙織(沢尻エリカ)と“自分を沙織の人間の恋人だと思い込んでいる猫”良男(吉沢亮)が、自分らしい生き方を見つけていく物語。

水曜日のカンパネラのコムアイが猫のキイロを擬人化した姿を演じ、銀幕デビューを果たしている。また、ロックバンド「銀杏BOYZ」でボーカル&ギターを務める峯田和伸が、物語のキーマンとなる画家・ゴッホとして登場。

こじらせた1人と1匹の、妄想とリアルが入り混じる演出が見どころの『猫は抱くもの』。実写の猫に加えて、演劇風の演出、アニメーションなど数々の演出が織り込まれ、映画好きこそ見るべき、新鮮な演出が盛り込まれている。そんな本作において沢尻を過去と現在で振る2人のサイテー男を演じたのが、若手演技派俳優・柿澤勇人だ。

柿澤勇人が沢尻エリカを2度振る

柿澤は劇団四季出身で、近年では『デスノート The Musical』で浦井健治と共にダブルキャストで主役を務めるなど次世代を担う実力派若手俳優として活躍しており、現在はミュージカル『メリー・ポピンズ』に出演中。また『先に生まれただけの僕』(NTV)、『デザイナーベイビー』(NHK)、NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』など舞台以外にも活躍の場を広げている。さらに今年の9月から上演される、福田雄一が演出・上演台本、山田孝之と共にダブル主演で贈るミュージカル『シティ・オブ・エンジェルズ』が控えており、まさに今もっとも勢いのある俳優。

柿澤は本作で過去と現在で一人二役を演じる。過去では沙織の所属するアイドルグループに近づくTV局のプロデューサー・ササキ、現在では沢尻が勤めるスーパーの本社社員・高橋という人物だ。いかにも業界風なプロデューサーとして、また一見好青年ながら沙織に手酷い裏切りを加える上司として異なるサイテー男を演じている。沙織はこの2人のモテ男に、フラれてしまい益々、自信を失い、こじらせ街道まっしぐら…と沙織の人生に大きな影響を与える役という重要な役どころだ。

沢尻エリカを2度振る!映画『猫は抱くもの』サイテー男を一人二役で演じた演技派俳優・柿澤勇人 film180412_nekodaku_1-1200x800

沢尻エリカを2度振る!映画『猫は抱くもの』サイテー男を一人二役で演じた演技派俳優・柿澤勇人 film180412_nekodaku_2-1200x799

沢尻エリカを2度振る!映画『猫は抱くもの』サイテー男を一人二役で演じた演技派俳優・柿澤勇人 film180412_nekodaku_3-1200x783

素顔の柿澤は本作で演じるキャラクターとは真逆の人間。実は柿澤の曾祖父と祖父は共に浄瑠璃と三味線で人間国宝を受賞している筋金入りの芸事一家。優れた血統と確かな実力を併せ持つ柿澤勇人が将来、人間国宝受賞にも大いに期待ができる。

実写、演劇、アニメーションが組み合わさった遊び心が満載の世界で、堂々と2人のサイテー男を演じ切る舞台の貴公子・柿澤勇人の演技に注目だ!

『猫は抱くもの』

6月23日(土) 新宿ピカデリー他、全国ロードショー!

監督:犬童一心
原作:大山淳子『猫は抱くもの』(キノブックス刊)
脚本:高田亮
音楽:水曜日のカンパネラ
沢尻エリカ / 吉沢亮 峯田和伸 コムアイ(水曜日のカンパネラ) / 岩松了
藤村忠寿 内田健司 久場雄太 今井久美子 小林涼子 林田岬優 木下愛華 蒔田彩珠
伊藤ゆみ 佐藤乃莉 末永百合恵 / 柿澤勇人
企画製作・配給:キノフィルムズ
制作プロダクション:ADKアーツ
2018年/日本/カラー/ビスタ/DCP5.1ch/109分
©2018「猫は抱くもの」製作委員会
詳細はこちら

Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

Published on