•        
plan01_recruit_20170927

[マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画]その「境界線」は誰が決めるのか!? 異才・佐々木誠監督が、満を持して現代・ニッポンに向けて放つ「問題作」!『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』 2015年2月14日(土)公開! 全てのあたりまえを「疑え!!」

9・11以降の世界を若き僧侶の魂の冒険と成長という側面から描き出した『Fragment』(06)、生まれついての視覚障害者はSFアクション映画を作れるのか? という問いから始まる『INNERVISION』(13)など劇場公開作品から、フジテレビNONFIXで放送され大きな話題となった『バリアフリーコミュニケーション 僕たちはセックスしないの? できないの?』(14)まで、現代社会の固定観念を打ち砕く作品を作り続ける映画監督・佐々木誠が、新たに放つ問題作『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』が、渋谷アップリンクにて2015年2月14日(土)公開が決定した!

現代・ニッポンに向けて放つ問題作!『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』公開! film141222_sasaki-makoto_5

本作は、2008年に公開された『裸over8』というオムニバスの中の一篇『マイノリティとセックスに関する、2、3の事例』の長編版。とはいえ単なるブローアップではなく、「マイノリティとマジョリティ その境界線を決めているのは誰なのか、何なのか」という問いにメタフィクション的なアプローチで迫りながら、3・11以降の日本の変化に対する危機感と、それでも信ずるべき希望を描き出そうとする意欲的な作品である。その表現方法は、過激なだけでなく、真摯に人間を見つめる。映画監督・佐々木誠の「マイノリティからの視点」は一貫している。

現代・ニッポンに向けて放つ問題作!『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』公開! film141222_sasaki-makoto_4

出演は、自身もARTHROGRYPOSIS(アルトログリポージス・先天性多発性関節拘縮症)を患っていながら、障がい者の社会進出や表現活動の重要性を積極的に発信してきた門間健一。佐々木監督の友人にして本作の「共犯者」という関係を続けてきた門間さんだったが、昨年、この映画の上映を待たず急逝。映画には彼の「普通でいる事、当たり前に居られる事の難しさ。でもそうある為に、現状を突破していかなくてはならない」という思いも刻まれている。他にも鉄割アルバトロスケット主宰・作家の戌井昭人、映画作家・想田和弘、映画監督・竹馬靖具などが虚実入り混じった世界に出演する。

現代・ニッポンに向けて放つ問題作!『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』公開! film141222_sasaki-makoto_2

今回の公開に際し、チラシ・ポスターのメインビジュアルを人気イラストレーター・サイトウユウスケの作品を使用。予告編のナレーションも作家・DJとして活躍するロバート・ハリスが担当するなど、作品のテーマに共感した人々の力が結集した。 

また一切の境界線を無くしたいという願いを込めて、劇場鑑賞料金を「NO BORDER価格」として、ご鑑賞いただく全ての方を均一の料金に設定されている。

マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画

2015年2月14日(土)より渋谷アップリンクにて公開

監督:佐々木誠 
出演:門間健一、中島教知、中島朋人、クリスティーナ・ロバーツ、MAMI、竹馬靖具、熊篠慶彦、山本修司、LILY、想田和弘、戌井昭人 
英語字幕:Garro Heebae 
イラスト:サイトウユウスケ
デザイン:高橋キンタロー、足利瑞枝 
予告編ナレーション:ロバート・ハリス 
音楽:UNpro by hideki 
協力:鉄割アルバトロスケット、上田茂、小山巧、Terumi Hashimoto Myhrvold、松田高加子、蔭山周
(2015年/英語・日本(英語字幕)/85min/SD/4:3/配給・宣伝:WaterMethodMan)
配給協力・宣伝:contrail © Makoto Sasaki
ご鑑賞料金:NO BORDER として、前売/当日ともに¥1,300均一
(ご鑑賞いただく全ての方が均一の料金となります)
※前売り券のみ限定オリジナル缶バッジ付。2回目以降受付で缶バッジご提示で、何度でも¥1,000でご覧いただけるリピーター割引あり。

STORY:
◆Chapter 1「中島兄弟」(2009年):
ある「事件」が起きた。だが容疑者である少年・ノリツグ(通称「弟」)は、証拠不十分のために釈放される。数年後、「事件」のことを知った映像作家志望の 学生「ワタシ」は、その真相に迫ろうとカメラを手にし、現在の「弟」が所属するパフォーマンス集団「鉄割アルバトロスケット」に潜入する。

◆Chapter 2「クリスティ」(2007年):
重度の身体障害者・モンマと知り合った「ワタシ」は、特殊改造された車椅子を操り、精力的に活動・発言する彼の姿に、いまの自分よりも充実した生活を送っ ているのではないか?と強く疑問を感じるようになる。そして偶然出会ったアメリカ人留学生のクリスティに対し、思い切ってアクションを起こすのだが……。

◆Chapter 3「リリィ」(2010 – 2014年):
有名になりつつあるモンマにテレビのドキュメンタリー番組出演の依頼が来る。そんな中、東日本大震災が起こったことで、それぞれの日常は考えもしなかった 方向へと変化していく。原発事故を抱えた日本で暮らす「ワタシ」が「行き着く先」の本当の意味とは?

plan02_recruit_20170927b
Qetic編集部

Qetic編集部

編集部

Qetic(けてぃっく)は、国内外の最新カルチャーニュースを配信中!今、世界で話題となっている音楽や映画、ファッション情報からネットを騒がすゴシップまで、あらゆる世代の興味を沸かせる情報をお届けしつつ、時代に口髭を生やすニュースメディアです。 ただいま、編集アシスタント・ライター・カメラマン募集中!!

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数