plan01_recruit_20181113a

俳優ポール・ダノ(Paul Dano)初監督作品『ワイルドライフ』(原題 WILDLIFE)が、2019年7月5日(金)より、YEBISU GARDEN CINEMA、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開することが決定した。

パートナーのゾーイ・カザン(Zoe Kazan)と共同で脚本・製作を担当

『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』、『プリズナーズ』、『スイス・アーミー・マン』など、独特のナイーヴな演技で、ポール・トーマス・アンダーソンドゥニ・ヴィルヌーヴら鬼才とのコラボレーションを重ねてきた演技派スター、ポール・ダノ。そんなカリスマ俳優が満を持して鮮烈な監督デビューを飾った。『ルビー・スパークス』で共演したパートナー、ゾーイ・カザン(Zoe Kazan)と共同で脚本・製作も担当し、サンダンス映画祭やカンヌ映画祭で絶賛を浴びた。

キャリー・マリガン(Carey Mulligan)とジェイク・ギレンホール(Jake Gyllenhaal)が夫婦役で共演。

物語の舞台は、1960年代、カナダとの国境にほど近いモンタナ州の田舎町。14歳のジョーは、ゴルフ場で働く父ジェリーと、家庭を守る母ジャネットの1人息子だ。新天地での生活がようやく軌道に乗り、睦じい夫婦の姿を息子が安堵の面持ちで眺めていたのもつかの間、ジェリーが職場から解雇されてしまう。

さらに、ジェリーは命の危険も顧みず、山火事を食い止める出稼ぎ仕事に旅立ってゆく。残されたジャネットとジョーは働くことを余儀なくされ、母はスイミングプール、息子は写真館での職を見つけるが、生活が安定するはずもない。やがてジョーは、優しかった母が不安と孤独にさいなまれ、生きるためにもがく姿を目の当たりにすることになる……。

悲嘆と狂おしいジャネットの思いを圧巻の演技で見せるのは、キャリー・マリガン。米アカデミー賞にノミネートされた『17歳の肖像』や、『私を離さないで』、『ドライヴ』、『未来を花束にして』などで観客を魅了してきた儚げな雰囲気を封印して、1960年代のアメリカ北西部の主婦が抱えるジレンマを見事に浮かび上げてみせた。相手役ジェリーには、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作『プリズナーズ』でポール・ダノと共演しているジェイク・ギレンホール。アン・リー監督作『ブロークバック・マウンテン』ではアカデミー賞にノミネート。その他、『ゾディアック』でデイヴィッド・フィンチャー、『ノクターナル・アニマルズ』でトム・フォードなど話題の監督と組んでいる若き名優は、『ナイト・クローラー』では主演だけでなく製作者としての道も歩みはじめている。

ポール・ダノ、キャリー・マリガン、ジェイク・ギレンホール。良質な作品を数多く世に送り出してきた30代の若き才能たちが作り上げた、普遍的な家族の物語。そして、監督ポール・ダノ自身の心情が投影された。14歳の少年ジョーの成長物語でもある。ダノの繊細さと優しさが詰まった『ワイルドライフ』は、観客ひとりひとりの記憶をそっと呼び起こし、温かい余韻をもたらすに違いない。ぜひ劇場で。

Wildlife-official Teaser

     

INFORMATION

ワイルドライフ

2019年7月5日(金)より、YEBISU GARDEN CINEMA、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開
ポール・ダノ初監督作品『ワイルドライフ』公開決定!キャリー・マリガンとジェイク・ギレンホールが夫婦役で共演。 6b144cfaa665777b582bec06188473e6-1200x650

監督:ポール・ダノ
脚本:ポール・ダノ、ゾーイ・カザン
出演:キャリー・マリガン、ジェイク・ギレンホール、エド・オクセンボールド・ ビル・キャンプ
原題:WILDLIFE
2018年/アメリカ/105分/PG-12

田中有紀

田中有紀

Qetic編集部

Published on

Last modified on