PR Presented by Mondo Alfa

アマン東京は、2014年12月、アマンの27番目のホテルとして、東京・大手町にオープンした。アマンは、1988年にプーケットのアマンプリからスタートした世界中に小規模なラグジュアリーリゾートを手がけるブランドだ。

現在、世界20カ国で31軒のホテル、リゾートやホテルを展開している。『アマン東京』は、そのアマンが手がける、初の都市型ホテルだ。

2017年11月には、『アマン東京』の総支配人(以下、GM)に八木朋子氏が就任。都内外資系ラグジュアリーホテル初となる、日本人女性総支配人が誕生した。今回はその八木氏の言葉を用いながら、東京のサンクチュアリとも称される、『アマン東京』の魅力を探っていきたい。

東京の高層ビルに隠れ家的リゾートを作る

アマンのコンセプトは、「プライベートな邸宅にいるかのような心温まるもてなしと、常に小規模であること、そして美しさの際立つラグジュアリーで非日常的な体験のできる、プライベートなリゾート・コレクション」だ。自然や遺跡に近い場所に展開しているアマンが、世界でも屈指の都市である東京にホテルをオープンするというニュースは、大きな話題を呼んだ。

「開業時には私はまだ在籍しておらず、立ち上げに関わることはできなかったのですが、『アマン東京』のロビーを見たとき、東京の高層ビルにリゾートを作るための、さまざまな工夫が施されていることを実感しました」

憧れのラグジュアリーホテルで、3月限定のアフタヌーンティーはいかが? food180312_amantokyo_2-1200x801
「ロビーの花は季節ごとに変えています。お正月には松を飾りました。これから春に向けては桜をお楽しみいただく予定です」

『アマン東京』は、地上38階、高さ約200mの複合ビル『大手町タワー』の最上層6フロア(33〜38階)に位置し、33階がロビーとなっている。デザインを担当した建築家、ケリー・ヒル氏は、ロビーフロアをワンフロア──ひとつの空間として捉え、中央に大きな生花を据えた池と、巨石を用いた石庭を配し、自然を愛でる日本人のライフスタイルを表現した。

「アマンでは、その土地の文化や伝統を尊重し、自然と調和することをコンセプトとしています。石庭や池を囲むように、縁側に見たてた廊下を作り、日本独自の文化である縁側で、四季の日本の庭を愛でることができるガーデンラウンジをイメージしました」

憧れのラグジュアリーホテルで、3月限定のアフタヌーンティーはいかが? food180312_amantokyo_1-1200x801

メインダイニングやカフェ、バーも33階にあるが、ガーデンラウンジと呼ばれるロビーエリアとのあいだにわかりやすい壁はない。“縁側“が、ロビーと、ダイニングエリアとの緩やかな境界線の役割も果たしているのだ。また、和紙を使い、障子を模した格子をあしらった、約30メートルの高さを誇る天井は、やわらかな光をたたえている。

「ガーデンラウンジは、『アマン東京』のなかでも、私が大好きな場所のひとつです。西側の壁一面の窓からは、空気が澄んだ日には富士山をのぞむこともできます」

全84室の客室は、もっともスタンダードな客室でも71平方メートル。東京のホテルの概念を覆す、贅沢なスペースのなかには、伝統とモダン、地域性の融合というアマンのコンセプトに基づき、木や石がふんだんに取り入れられている。

『アマン東京』の全貌を公開!
そして、3月限定のプレミアムアフタヌーンティーとは!?

続きを読む!

Text:Aya Hasegawa
Photos:安井 宏充

Qetic編集部

Qetic編集部

編集部

Published on