25's view

#04 フォトグラファー・SAEKA SHIMADA

Photo by Ryoskrr

     

「大人でもなく子供でもない。じゃあ私たちは何者なんだろう。」

人生の分岐点といわれる25歳
その節目に何を感じているのだろうか?

写真家・Ryoskrr(リョウスケ)が
25人の25歳に「いまの答え」をインタビューし
写真に記録する連載シリーズ。

第四回目となる今回登場するのは、フォトグラファーのSAEKA SHIMADA

25’s view
SAEKA SHIMADA / フォトグラファー

【25's view】フォトグラファー・SAEKA SHIMADA|25人の25歳へインタビュー pickup190314_25sview_3
【25's view】フォトグラファー・SAEKA SHIMADA|25人の25歳へインタビュー pickup190314_25sview_4

――自己紹介をお願いします。

SAEKA SHIMADA。25歳。フォトグラファーです。

【25's view】フォトグラファー・SAEKA SHIMADA|25人の25歳へインタビュー pickup190314_25sview_8
【25's view】フォトグラファー・SAEKA SHIMADA|25人の25歳へインタビュー pickup190314_25sview_7

――25歳の今どんなことを感じていますか?

歳を重ねることに喜びを感じられる人生にしたいですね。
自分がそういう動きをしていれば、そうなると思うので。

だから、私は年齢という点においては
何か特別に感じていることはないですかね。

それよりも、私の場合、音楽やファッションが好き!という気持ちが強くて、
でも何をしたらいいか分からない。。という中で
勢いで上京した20代前半がすごく大変だったので、、

むしろ、「あぁやっと25歳か。25歳でやっとお仕事が貰えて、出来ているのが幸せ。」
という気持ちです。

【25's view】フォトグラファー・SAEKA SHIMADA|25人の25歳へインタビュー pickup190314_25sview_2

――あなたがいま持っている、生きていく上での覚悟を教えて下さい。

”平和”に生きていくってことですね!
それは、自分も、みんなも。

例えば、仕事でいうと、撮影の現場で私はみんなを笑顔にしたいし、
「撮影は楽しい!」って私がフォトグラファーで参加する現場の人達には思って欲しいんです。

自分も楽しく、周りも楽しくハッピーにさせられたらいいなあ。

【25's view】フォトグラファー・SAEKA SHIMADA|25人の25歳へインタビュー pickup190314_25sview_1

――座右の銘は?

「我が道を行く」ですかね。
とにかく自分のやりたいことをやる!って感じです。

直近のことでいうと、社員だったDroptokyoを辞めて
フリーになった時もすっごく不安だったし、
プライドもあったけど、
その時もあえて先のことは考えないようにしました。
それも、自分の道を切り開いて進んで行くためですね。

【25's view】フォトグラファー・SAEKA SHIMADA|25人の25歳へインタビュー pickup190314_25sview_5
【25's view】フォトグラファー・SAEKA SHIMADA|25人の25歳へインタビュー pickup190314_25sview_6

――最後に、5年後の自分へ一言お願います。

写真に関して言うと、自分の頭の中で作り上げている
「こういう写真を撮りたい!」という写真を、
現実のものにしていて欲しいですね。

あとは、プライベートで言うと、30歳までに結婚したいですね!
30歳の後半では、田舎で自給自足の生活をするのが夢で。

でもそれは、写真にも共通してくる部分があって、
自分の本当に撮りたい写真って何か?っていう問いの答えって、
「作り込んでないリアルなものを撮る」なんです。
私がこれまで撮ってきたストリートスナップも、もちろんそう。

だからこそ、「自給自足の生活をして、その自然を撮る」というのは、
自分の撮りたい写真にもつながってくるんです。
その自分の撮った写真で、何かを伝えらえたら嬉しいですね。

もちろん、どこへ行ってもいくつになっても、写真は一生撮りますよ!

【25's view】フォトグラファー・SAEKA SHIMADA|25人の25歳へインタビュー pickup190314_25sview_9

SAEKA SHIMADA

25歳、フォトグラファー。

熊本出身、1993年生まれ。
幼少期よりHIP HOPやR&Bといった音楽を通してブラックカルチャーに大きく影響を受けてきた。
20歳で上京し写真を撮りはじめる。2015年よりウェブメディアDroptokyoにフォトグラファーとして参画。ストリートスナップやパーティーフォトを精力的に撮影し続け、東京のストリートシーンの第一線で活躍してきた。
これまでにVOGUE girlやNYLON JAPAN、ELLE girl、SHEL’TTER、Ollieといったファッション誌をはじめ、数々のブランドのルックブックやカタログ、E-girlsのオフィシャルライブフォトや会報誌、ドラマ『HiGH&LOW』のスチール撮影などを手がけるなど、その活動は多岐にわたる。
2018年7月よりフリーランスとして活動をスタート。
2019年よりLos Angelesへと拠点を移し活動予定。

Instagram

Ryoskrr(リョウスケ)

1992年生まれ。
ストリートカルチャーへのアプローチと新たな表現を求めて、NYやLA、イタリアでのスナップからフォトグラファーとしてのキャリアを開始。その他、アーティトや俳優のポートレート、ファッションフォトなど幅広い分野で活動中。渋谷西武×HIDDEN CHAMPION主催の”POP&STREET展 -AN ANNUAL- 2018″に選出されるなど、写真作家としての活動も行なっている。

Instagram

Qetic TOP