plan01_recruit_20181113b

ルギー出身のダンスロック・バンド、ソウルワックスのメンバーとして90年代から活動するデイヴィッド&ステファンのディワーラ兄弟によるDJ ユニット、2manydjs(トゥー・メニー・ディージェイズ)

世界で最も成功しているダンス・アクトであり、世界的なエレクトロ人気の礎を築いた張本人でもある彼らが11月27日(水)に『As Heard on Radio Soulwax Pt. 2(アズ・ハード・オン・レディオ・ソウルワックス・パート2)』をリリースした。本作は、現在までに10作以上発表されていた人気ミックスCDシリーズ『アズ・ハード・オン・レディオ・ソウルワックス』の唯一の公式リリース作品。

収録曲にはデスティニーズ・チャイルドと10cc、ザ・ストゥージズとソルト・ン・ペパー、ロイクソップとドリー・パートン、ベースメント・ジャックスとエマーソン・レイク&パーマー・・・などなど。誰もが一度は聴いたことのある、ありとあらゆるファンキー・チューンを切り刻んでマッシュアップさせた、全45曲約60分(!)の有り得ない超絶ミックス CDとなっている。10 年経っても色褪せない、完全無敵のオリジナル・ミックスはDJミックスの真骨頂と言っても過言ではないだろう。

そんな彼らは来る11月29日(金)に<エレクトラグライド2013>の出演で間もなく来日予定。今回の作品について、また<エレグラ>当日のセットついてなどデイヴィッド・ディワーラに聞いてみた。

Interview:デイヴィッド・ディワーラ(2manydjs)

――『As Heard on Radio Soulwax Pt. 2』は、当時のアンダーグラウンドなクラブ・シーンにおけるマッシュアップというカルチャーを世に広く知らしめただけではなく、2000年代を席巻したエレクトロやクロスオーヴァー・シーンの礎を築いたという点で、歴史的に重要な意義がある作品です。その事実を今どのように受け止めていますか?

ずいぶん前に起きたことの様な気がするね。自分の音楽が沢山の人にインパクトを与え、沢山の人に聴いてもらえたということはとても喜ばしいことだよ。だけどPt.2で見せたかったことは、音楽のジャンルに境界線はないということ、つまり新しいジャンルを開拓したかったんだ。マッシュ・アップについては毎回のごとく聞かれるから、飽き飽きしちゃうんだよね。実際今やってることとここ10年でしてきたことは違うから、なんとも言い難いよね。しいて言えば、即時性のない時事問題について話しているような感じなんだ。だけどマッシュ・アップの盛り上がり(アルバムの一番お気に入りの部分たちをくっつけていくこと)は僕たちが始めたことではなくて、ディスコやヒップホップが出始めた頃から存在していたものだと思うんだ。だからマッシュ・アップは僕たちの作品のみならず、世界中の音楽を通して生き続けるものだと思うよ。

――何でもありという自由な精神、あるいは既存のルールに縛られないパンク・マインドというのは、あの作品の大きな魅力のひとつだと思います。ただ、自分達としては、どうしてあのミックスCDがこんなにも大きなインパクトを世間に与えることになったのだと思いますか?

タイミングがよかったんじゃないかな。Pt.2で模索してきたこと、そしてそれ以上にここ数年の間Radio Soulwaxのウェブサイトで模索してきたことは異なる音楽の関連性。それが何であろうが、どこから来ていようが、いつ作られたものだろうかなんて関係ないんだ。インパクトを与えるアルバムっていうのは、人と一番繋がりを持たせるものであって、様々なジャンルを卓越するものなんだ。このアルバムは沢山の人に引きを求めてできたものじゃなくて、とにかく良いアルバムを作ろうと思った結果なんだ。そしたらそのアルバムが独立した魅力を持ち出したんだ。

――日本では正確な情報も少ないので、基本的なところも訊かせてください。あなたたち兄弟がDJをやり始めたのはいつ頃のことですか? また、そのきっかけは?

1997年からDJをしているよ。だけどステファンと俺は12歳くらいの頃からDJをしてきたんだ。父親がDJだったから、環境上幼い頃から音楽に囲まれていたんだ。だけど行く行くは自分がコレクターになって、親が持ってないアルバムなんかを買い出すんだよね。そうするとありえないくらい最高な音楽を見つけたりして、それを共有したくなるんだ。それで自分がそれに多大なる影響を受けているから、他の人も同じように影響されるだろうっていう確信を持ち始めるんだ。それが一番のモチベーションだな。DJをすることはシェアをすること。その考えは今も変わっていない。

――最初から『Pt. 2』に近いようなスタイルでやっていたのでしょうか?

話を短縮してしまえば、そうだね。いつも俺たちが気に入っているアルバムをプレイするっていう根本的なところは変わってないよ。

次ページ:【ロール・モデルとしていたDJはいた?】

Published on

Last modified on