Qetic LINE@ 01 B

MARQUEE BEACH CLUBのサウンドに影響を与えた楽曲とは?

mysoundが注目するアーティストにテーマに合わせた楽曲をピックアップしてもらい、その曲にまつわるエピソードからアーティストの本質を掘り下げていくプレイリスト企画。8月に1stアルバム『Flavor』をリリースしたMARQUEE BEACH CLUBからコイブチマサヒロ(Vo,.Gt,Syn)とイシカワヒロヒサ(Dr,Cho)の2人が登場です。

今回は、『MARQUEE BEACH CLUBのサウンドに影響を与えた楽曲』というテーマでプレイリストを作成。00年代終盤に頭角を表した海外のバンドからの影響を素直に感じさせるダンサブルなロックサウンドを軸に、日本人の耳に馴染むメロディやノスタルジーを織り込んだMARQUEE BEACH CLUBのサウンドや自由度の高いパフォーマンスのルーツとなるものが、プレイリストから見えてきました。

Interview:MARQUEE BEACH CLUB

【インタビュー】MARQUEE BEACH CLUBのサウンドに影響を与えた楽曲プレイリスト

イシカワ“ライブでのお客さんとの一体感もより高まったような手応えは感じています”

——まずは、8月にリリースされた1stアルバム『Flavor』のお話を。1曲1曲は抽象的で独立したものなのに、全体を通して聴くとひとつにまとまって情景が見えてくる、パズルのようなアルバムだなと感じました。記念すべき1枚目、どういったコンセプトで製作されたものなのでしょうか?

コイブチマサヒロ(以下、コブイチ) やっぱりどこを切り取っても勝負できるっていうのを意識しつつ、1枚目のアルバムなのでMARQUEE BEACH CLUBがどういうバンドなのかわかるような曲を詰め込みました。

イシカワヒロヒサ(以下、イシカワ) 『Flavor』を出したことでライブでのお客さんとの一体感もより高まったような手応えは感じています。ライブを重ねるごとに、お客さんとコミュニケーションが取れるビートやメロディっていうものがわかってきた気がしていて。その感覚は楽曲にも表れているんじゃないか、と。

コイブチ MARQUEE BEACH CLUBはもともと僕のソロプロジェクトとして始まったので初期の頃は特に僕の趣味趣向が色濃かったんですけど、『Flavor』はメンバー同士で音を提案し合いながら作ったこともあって楽曲にバリエーションが出たし、バンドの方向性もより明確になった気がしています。

——今回は、『MARQUEE BEACH CLUBのサウンドに影響を与えた楽曲』というテーマで、それぞれ5曲ずつ挙げてプレイリストを作っていただきました。まず、コイブチさんの1曲目。Passion Pit“Sleepyhead”。

コイブチ Passion Pitは、本格的に洋楽を聴くようになった頃、それまでの僕の中でのバンド像を壊してくれたバンドで。やってることは難しいのに、親しみやすいというか。彼らの曲が持っていうキラメキは、MARQUEE BEACH CLUBにも取り入れたいなって思ってます。Passion pitについては、イシカワ君とよく討論していたし、来日するたび一緒にライブも観に行っていて。こういうことを日本の音楽シーンでできたらカッコいいよなって思わせてくれたバンドです。

Passion Pit – “Sleepyhead”

——2曲目は、Bombay Bicycle Club“Shuffle”。MARQUEE BEACH CLUBの曲にも感じられる温度感ですね。

コイブチ デジタルなのに温かみを感じさせてくれる絶妙なバランスが、すごく素晴らしいなって思います。この曲の冒頭で昔のバンドの曲をサンプリングしたりしていて、手法を問わず作品としていいものになればいいのかなって思わせてくれた曲です。バンドに女性ボーカルを入れたいなと思ったのもBombay Bicycle Clubへの憧れからだし、音楽の自由さという面でいろんな気づきをもらいました。

Bombay Bicycle Club – “Shuffle”

——3曲目、Foals“Total Life Forever”。先の2曲と比べると、よりナマな人力のバンドサウンドが引き立つ曲ですね。

コイブチ ギターの音を歪ませずにロックをやっているのが美しいなと思ったし、ロックのギターってただ歪ませるものではないんだと、改めて思い知らされたというか。音で空気感や空間の広がりを表現することも学ばせてもらったし、メロディもすごく牧歌的で聴きやすいですよね。『Flavor』ラストの曲“Always”も、こういうなめらさを表現したいなと思って、参考にさせてもらいました。

Foals – “Total Life Forever”

——4曲目、Two Door Cinema Club“next year”。メロディアスで、一時期シーンを席巻したいわゆるデジタル・ロックというものからの深化を感じさせる1曲です。

コイブチ もう、最初に聴いた瞬間「これ、みんな好きなやつだ!」って思いました(笑)。作品を出すごとに音楽的に深みを増しているんだけど、ちゃんとリスナーのことも引っ張っていて素晴らしいなと思います。どんな歌詞が乗ってもメロディだけで感情を表現できているところなんかも、すごく見習いたいですね。あと、メンバーが同い年なので、なんとなく親近感を感じたりしてます(笑)。

Two Door Cinema Club – “next year”

イシカワヒロヒサのプレイリストも公開!

続きをmysoundで読む!

RELEASE INFORMATION

Flavor

2016.08.10(水)
MARQUEE BEACH CLUB


詳細はこちら

EVENT INFORMATION

1st album “Flavor” Release Tour

2016.11.14(月)
OPEN 18:00/START 18:30
名古屋 池下CLUB UPSET
ADV ¥2,000/DOOR ¥2,500

2016.11.15(火)
OPEN 18:00/START 18:30
南堀江knave
ADV ¥2,500/DOOR ¥3,000

2016.12.02(金)
OPEN 18:00/START 19:00
新宿MARZ
ADV ¥2,500/DOOR ¥3,000
詳細はこちら

Twitter

photo by Mayuko Yamaguchi

野中ミサキ

野中ミサキ

ライター

某レコード ショップ勤務後、雑誌編集者を経て2015年にフリーライター/エディターへ転向。月刊誌・書籍~ウェブメディアでの執筆まで幅広く 携わる。FREE ならぬ FLOWの精神で、おもしろいほうへと漂うように活動中。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数