plan01_recruit_20181113b

–––– ちょっと話がそれますが、藤井さんはTV音源だけをミックスして期間限定で公開した“TVミックス”の話を伺いたいなと思います。これは正にそれは影響を受けたヒップホップカルチャーと藤井さんの今のやっているTV仕事がある意味直結してる感じがするんですけど。

Japanese TV’s Greatest Hits

藤井 企画として面白いと思ったんですよね。TVで使ってる曲なんだけどちょっとカッコいいみたいな。思いついてから忙しくて少し放ったらかしたんですけど、少し落ち着いた時にこれをやるのは僕しかいないなと思いまして(笑)。TV業界の人やTV好きが聴くと面白い要素もあって、この番組の曲とこの番組の曲のつなぎは「制作チームが同じスタッフつなぎ」みたいな。

一同 (笑)。

藤井 「M-1グランプリ」のファットボーイ・スリムに乗っけて何曲かミックスしてるんですけど、そこは「M-1」を制作してるABC(朝日放送)の流れでテレ朝系でまとめてみるっていうメガミックスっぽい流れがあったり。

–––– 手法としてはメガミックス、マスターミックスといわれたキスFMで流れてたエディットのような感じがします。

藤井 知らなくても楽しめるけど、基本知ってる曲が多いじゃないですか。ま、何のためにやったかよくわからないんですけど(笑)

一同 えーっ(笑)。

藤井 思いついたからやらなきゃか……って(笑)。

–––– 幻のミックスですよね。なかなか一般的に聴くことはできないっていう。でちょっとそっちの話をしてゆくと、10月10日(金)に〈ODDJOB〉10周年のイベントがありますが、そのUNIT公演にも出演されると聞きました。

藤井 そうですね。ただ基本、表に出るような人間ではないので一人でやるのはちょっと無理っていうか、嫌だっていうか……。なのでRGさんに来てもらって、僕は何か作って持って行く感じでやろうかと。

–––– RGさんが煽り的な?

藤井 形としてはTVミックスのようなものに映像をつけて、それに対してRGさんに解説じゃないけれど、しゃべったり煽ったりしてもらおうかと……。

–––– 相当楽しみですね、それは!

シンゴ 原宿のギャラリーVACANTで行われる<ODDJOB展>では、藤井さんとやっている「水曜日のダウンタウン」で使われている、うちのクリエーター高田さんの挿絵が強烈なので<ODDJOB展>ではその絵から選抜した面白い絵を並べて、かつその絵をステッカーにして、来ていただいたかたにプレゼントしようかと思っています。

–––– ちょっといろいろ話を伺いましたが、これからもお二方とも仕事をされると思いますが、それがありつつもどういう感じになっていきたいですか?

シンゴ 今後は自分たちのオリジナル・アニメを作っていかなくてはならないなということは使命感としてあって。サザエさんやクレヨンしんちゃんなど、僕は家族ものがやりたいので「日本版シンプソンズ」みたいなものを作りたいです。他は今までのように続けて、まだまだ僕のアンテナがまだ張っているうちは、若い才能を持っている子を探しつつ、その人たちに何か発表出来る場を作り続けたいなと思っています。

【特別対談】シンゴスター(ODDJOB)×藤井健太郎(TBSプロデューサー)世代とジャンルを超えたカルチャーの共通項とは? interview141007_oddjob_13

藤井 ちょっと関係ないですけど、シンゴさんたちの下の人たちすごく優しいひと、性格が穏やかな人が多いなって。なんかそこちょっと社風なんですかね?

シンゴ 当時の上の人たちって激しい方多かったじゃないですか。揉め事もたくさんありましたし。僕たちは、そうではなく、みんなで一緒にセッションした方が楽しいな、と思ってて。

藤井 本当、皆さん穏やかです。

シンゴ そうですね。僕『スクール・オブ・ロック』とか『頑張れベアーズ』とか大好きなんですよ。

一同 (笑)。

シンゴ 食いしん坊で足は遅いけれど、ここぞってとことでホームランかっ飛ばすとか。個性的な子たちが優勝するっていう映画とかドラマとかがずっと好きで、それこそ初期の『グリー』とか。お互い得意なところを相手に託して、上手く一つのことをやるってことはすごい好きです。

–––– 藤井さんはそんな印象をもたれてたと。

藤井 そうですね。だからみんな優しい。優しい人たちの集まり。

–––– 藤井さんの今後は?

藤井 そんなに具体的にはないんですけれど、基本的には、面白いTV番組を作っていくということですかね。何かカルチャーの話を聞いて思ったんですけど、やっぱり地上波のTVってマスなメディアだし、番組を幅広い層に向けて作る時って「多くの人が分からないものは要らない」ってなりがちなんですけれど。気づく人が気づけばいいってことや、少し別のカルチャーの要素なんかもエッセンスとして入れていくことを僕は大事にしたいと思っていて。ちょっとつっこんで見たときに「こんなとこにもシャレが効いてるんだ」みたいなことが番組の深さとして意外に大事なのかなと。

【特別対談】シンゴスター(ODDJOB)×藤井健太郎(TBSプロデューサー)世代とジャンルを超えたカルチャーの共通項とは? interview141007_oddjob_9

–––– ついそういう部分って見ちゃいますね。

藤井 普通の人は気づかなくて全然いいんです。でも気づいた人用にはそういうところまで準備してあるってことが大事かなって。「水曜日のダウンタウン」ってタイトルが決まって、曲をどうしようかなって思った時に「“水”曜」だし「ダウンタウン」だから“Blow Your Mind”(ゲイシャガールズ)→“ブロウ・ヤ・マインド~アメリカ大好き”(KOJI1200)→“水星”(tofubeats)で、“水星”を思いついて。じゃあPUNPEEくんのリミックスがいいなって。そしたら、この前PUNPEEくんもオープニング曲のロングバージョンで、ゲイシャガールズオマージュのリリックを書いてきてくれて、じゃあ映像もその部分にゲイシャガールズ入れなきゃって。どうでもいいことなんですけど、なんかそういうのがあると楽しいよねってことで。

–––– そういうのすごく好きです。

藤井 もちろん、それはメインではないですけれど。ただそんなことも余裕があるうちはやっていけたらと。浅いモノと思われがちなTVですけど、意外と面白いとこあるよって。

(text&interview by Roger Yamaha)

Event Information

第1部:ODDJOB 10th Anniversary Exhibition
2014.10.10(金)、12(日)、13(月・祝)@VACANT
OPEN 12:00/CLOSE 21:00
※10(金)にてオープニングレセプションが19:00 – 21:00開催
ENTRANCE FREE!!

【作品展示アーティスト】
シャシャミン、Sachicafe、せきやすこ、野口路加、サヌキナオヤ、きたむらみなみ、YUPPA、ケイト・アロー、上野勇、森朋子、きうちえみ、yohey from mocrock、野原早夏、榛葉大介、稲垣豪、高田硝子 etc…
★『水曜日のダウンタウン』コーナーあり!
★来場者先着『水曜日のダウンタウン』ビジュアルステッカーをプレゼント!

第2部:ODDJOB & UNIT 10th Anniversary RADIOSHOCK!!!
2014.10.10(金)@代官山UNIT、SALOON、UNICE
OPEN/START 23:30
ADV ¥3,000/With Flyer ¥3,500/DOOR ¥4,000

LINE UP:
Special Guest:Ryan Hemsworth
tofubeats、PUNPEE、Seiho、スチャダラパー、DJみそしるとMCごはん、AFRA、HNC、嫁入りランド、藤井健太郎 feat. レイザーラモンRG、BACK TO SCHOOL、Roger Yamaha、tomad、1-DRINK、Mr.MELODY、Threepee Boys、DJ MAYAKU、submerse、DJ KM、Akeem the Dream、shakke-n-wardaa、and more….
VJ:onnacodomo、ハワイ旅行

TICKET:
[ウェブ]チケットぴあ(Pコード:242-784)、ローソンチケット(Lコード:73136)、イープラス
[店頭]diskunion 渋谷CLUB MUSIC SHOP、diskunion 新宿CLUB MUSIC SHOP、diskunion 下北沢CLUB MUSIC SHOP、diskunion 吉祥寺、diskunion 北浦和、diskunion 柏、JETSET TOKYO、UNIT

Qetic編集部

Qetic編集部

編集部

Published on

Last modified on