plan01_celineH2_20181015

PR Presented by mysound

mysoundイチ押しのアーティストにテーマに合わせた楽曲をピックアップしてもらい、その曲にまつわるエピソードから本質を掘り下げていくプレイリスト企画。今回はピアノ・スリーピース・バンドRyu Matsuyamaの3人が登場。5月17日にリリースされた『Leave, slowly』の収録楽曲“In the beginning”はBSフジの旅番組『小林希 世界の猫宿』のテーマ曲に選ばれた話題作。さらに、<情熱大陸ライブ2017>の出演も決定! そんな、飛ぶ鳥を落とす勢いを見せている3人のテーマは「『Leave, slowly』の制作中によく聴いていた楽曲」。果たして、どんな曲が彼らに影響を与えたのかチェックしましょう。

Interview:

【インタビュー】Ryu Matsuyamaの素顔がわかる!『Leave, slowly』制作中によく聴いていた楽曲 interview170721_ryumatsuyama_1-700x467
L→R : Tsuru(Ba) , Ryu(Vo,Pf) , Jackson(Dr)

Ryu“「この作品はこうです」って言いたくない”

——<情熱大陸ライブ2017>のご出演おめでとうございます!

Ryu ありがとうございます。いやぁ本当に嬉しいです。

Jackson 前々から「騙されたと思って、一度大きなステージに上がらせてください。」って色んな人に言ってたので実現したのが嬉しいです。

——『Leave, slowly』は旅をテーマにした作品だそうですね。

Ryu 旅という自然を音でどう表せるかを追い求めた作品になってます。前作『Grow from the ground』の主人公が旅の中で見てきた風景を描きたいと思って、あえて前作と今作の2部作品にしています。

——最後が“In the beginning”で締まるのは面白いですね。

Ryu 旅って終わりに着いても、また始まりに戻るのではないかなと思ってて。終わらない旅ということで、『Leave, slowly』というタイトルにしました。

——結末に向かうワケではない、と。

Jackson 結末に向かっていたけど、そこに立った時に違う景色が広がっていて「あ、また始まりだ」と思った感じですね。

Ryu 僕の好きな映画って最後にどんな終わり方を迎えたのか定義付けしていない作品なんです。最後は人にお任せしますっていう。だから、僕らの音楽も「この作品はこうです」って言いたくないんですよね。

——そこに僕はグッときますね。最後のピースをはめるのは聴いている人っていう……。

Tsuru スッゴイ良いこと言いますね。

Ryu 僕らがインタビューで言えなかったことを、訳してもらえました(笑)。

——あははは、光栄です(笑)。次はプレイリストについてもお聞きしますね。今回は「『Leave, slowly』制作中によく聴いていた楽曲」として3曲を選んでいただきました。まずはRyuさんから。

Ryu カントリーなのに、ロックなのに、自然っていう不思議なバンドなんですよね。しかも男性の声と女性の声が入り混じったりして。特に参考にさせてもらったのは、テール感というか古い絵本を読んでいるかのような感じではなくて、少しロックに寄った感じ。僕のルーツにRadioheadがいるので、そういうものに近づけつつもOf Monsters And Menみたいな広がりにも影響を受けました。

Of Monsters And Men – “Dirty Paws”

——音の広がりっていうことでいうと、Coldplayはまさにそれですね。

Ryu 音の広がりといえばレジェンドですから。聴きながら、この音をどうすれば再現できるんだろうって考えましたね。特に“Life In Technicolor”は『VIVA LA VIDA OR DEATH AND ALL HIS FRIENDS』がリリースされた当時はインストだったんですよ。それで「良い曲なのに、なんで歌を乗せないんだろう。」って思ったら、その半月後にEPが発表されて、やっぱり凄く良かったんですよね。

——インストの曲よりも、グッと良くなったんですね。

Ryu そう。今のColdplayってデジタル音が多い印象があるんですけど、本来は生音に凄くこだわっているバンドなんですよね。

Coldplay – “Life In Technicolor ii”

——3曲目は大分、毛色が変わりますね。

Ryu 映画『LIFE!』の主題歌なんですけど、コレを聴いた瞬間に全てが崩壊しましたね。Jose Gonzalezってガットギターと声だけのイメージだったんですけど、コレを聴いて旅へ出ようと思いました(笑)。もう一人、Dan Manganってミュージシャンがいるんですけど、この2人は旅の曲を書かせたら天才なんじゃないかと思います。あとはリズムですね。「なんで、ここにドラムなんだろう。」とか、凄い参考にして聴いてました。

——この3曲で共通してることってありますか?

Ryu  Of Monsters And MenとJose Gonzalezはウーファーが魅力的。僕もウーファーを楽器として取り入れたいんですけど、この2組は理にかなって出来てるんです。Coldplayに関してはピアノの音ですね。あんなに音数があるのに、ピアノの音をなんで外に出せるんだろうって。(音の)ブレンドの仕方を凄く研究してますね。

Jose Gonzalez – “Step Out”

【インタビュー】Ryu Matsuyamaの素顔がわかる!『Leave, slowly』制作中によく聴いていた楽曲 interview170721_ryumatsuyama_3-700x467

、『Leave, slowly』の制作中によく聴いていた楽曲をチェック!

続きをmysoundで読む!

text & interview by 真貝聡
photo by山口 真由子

Qetic編集部

Qetic編集部

編集部

Published on

Last modified on