•        
plan01_recruit_20170927

PR Presented by mysound

ヤマハの音楽配信サイト「mysound」の読みもの企画。「ザ・スロットル」、「SANABAGUN.」、「SWINGERZ」で活躍する高岩遼が、銀座に店舗を構える「GINZA ROOTS TOKYO」に訪れ、オーナーの橋本武士さんと銀座、そしてジャズ談義に花を咲かせた。

東京、銀座。ハイブランドのショップがひしめき合うこの街に、人々から羨望の眼差しを向けられているダイニングバーがある。

その名は「GINZA ROOTS TOKYO」。銀座2丁目の一等地、ビルの7階にあるこの店は、ハイソサエティな雰囲気が漂い、銀座、そしてジャズを愛する“通”の人々が連日訪れる。そんな憧れの店に、若き一人のジャズボーカリストが訪れた。

高岩遼、27歳。2013年に同じ大学のメンバーによるジャズとロックを融合させた「ザ・スロットル」を結成。同年に、ジャズ×ヒップホップグループ「SANABAGUN.」、2015年には「SWINGERZ」という総勢13人のクリエイター集団を立ち上げるなど、今、ミュージックシーンで熱き注目を浴びる男だ。

そんな彼のルーツはここ銀座にもある。かつてこの地で、ジャズボーカリストとして修行した過去を持つという。再び銀座に舞い戻ったその胸中はいかに? 憧れのGINZA ROOTS TOKYOで、オーナーの橋本武士さんと銀座、そしてジャズ談義に花を咲かせた。

僕の“東京感”が、このGINZA ROOTS TOKYOにはある

夢、葛藤、成り上がり——。辿り着いた銀座と高岩遼とジャズ mysound_1710253-700x394

GINZA ROOTS TOKYOは、ニューヨークにある高級ブティックホテル「グラマシー パーク ホテル」のラウンジをイメージし、広々とした店内は、バーカウンター・ダイニング・ソファラウンジ・VIPルームによって構成されている。ここでは高級感あふれるテーブルや椅子、ソファで艶やかなムードに浸りながら、お酒はもちろん、カジュアルなイタリアンをコースで味わえる。 また同店は、DJブースに大型液晶モニター、プロジェクターなどを完備し、極上の音楽を楽しむことができるのも特徴だ。

夢、葛藤、成り上がり——。辿り着いた銀座と高岩遼とジャズ mysound_1710254-700x394夢、葛藤、成り上がり——。辿り着いた銀座と高岩遼とジャズ mysound_1710255-700x394夢、葛藤、成り上がり——。辿り着いた銀座と高岩遼とジャズ mysound_1710259-700x394夢、葛藤、成り上がり——。辿り着いた銀座と高岩遼とジャズ mysound_17102510-700x394

到着した遼さん。ビシッと決まったスーツ、そしてインナーのレッドがこの店のカラーとバッチリ合っている。

高岩遼(以下、高岩)「このスーツ、銀座でジャズボーカリストとして修行していたときに着てたものなんですよ。今日のためにクローゼットから引っ張り出しました」

夢、葛藤、成り上がり——。辿り着いた銀座と高岩遼とジャズ mysound_1710252-700x394

高岩「出身は岩手県の宮古市、超田舎っぺです。ジャズの音大に行くために地元を出て、当時は川越に住んでました。銀座で働いていた店は、資生堂の本社の前ぐらいにありましたね」

と振り返る。改めて今回、GINZA ROOTS TOKYOをチョイスした理由を伺うと……。

高岩「まずジャズを歌い始めた頃、店に来た偉いおじちゃんとかに、『おまえあの店行ったことないの?』って言われることがけっこうあって。『俺、ROOTS行ってきたんだよ』っていう感じが、すごいイケてたんですよ。18歳で東京へ出てきて、そこから20代前半の僕の “東京感”が、このGINZA ROOTS TOKYOにはある。当時行きたくても『まだタイミングじゃないのかな…』とか考えたりしてました。だけどようやく……今回話をもらって来れた、来たよ! って感じです」

夢、葛藤、成り上がり——。辿り着いた銀座と高岩遼とジャズ mysound_1710251-700x394

そんな憧れの店を、一代で築き上げたのがオーナーの橋本武士さん。

橋本武士(以下、橋本)「僕は福岡出身で、東京の人からは『よくこんな一等地に広いお店持ってるね』『あなたは雇われ社長で、バックに誰かいるんでしょ?』とよく言われましたね。

夢、葛藤、成り上がり——。辿り着いた銀座と高岩遼とジャズ mysound_1710256-700x394

華々しい“銀座ドリーム”を成し遂げた橋本さん。お店を始めたキッカケとは?

橋本「この店は9年目なのですが、東京に来て最初は西麻布で店をやっていました。それこそ上京してすぐ、『東京ってこんな街なのか……』と洗礼を受けましたね。ただ銀座は、福岡に似ているところがあるんですよ。それは“来るもの拒まず”的なところ。ティファニーもブルガリもあれば、松屋も吉野家もやまちゃんラーメンもある。結果的に銀座が僕には合っていたのだと思います」

夢、葛藤、成り上がり——。辿り着いた銀座と高岩遼とジャズ mysound_1710257-700x394

また、夢を叶える場所として銀座を選んだのには、ある歌の存在があったという。

橋本「吉幾三さんの『俺ら東京さ行ぐだ』の中で、《銀座に山買うだ》ってあるじゃないですか。やっぱ田舎者にとって、東京での最終目的地は銀座っていうのがあったんでしょうね。西麻布の後、最初は銀座なんて全く頭の中に無かったんですが、ある方の助言で一度見に行ってみるかとなって。物件屋さんにいくつか紹介してもらったんですけど、良いのが見つからなかったんですよ。諦めて嫁さんと寿司でも食って帰ろうかな……って通ったのがたまたまこの店の前。テナント募集が貼ってあって電話したら、トントン拍子で話が進みました」

高岩遼が銀座、そしてジャズを語る。「銀座で思い浮かぶプレイリスト」をチェック!

続きをmysoundで読む!

interview & text by ラスカル(NaNo.works)
photo by 大石隼土

plan02_recruit_20170927b
ラスカル

ラスカル

NaNo.works/編集者/メッセンジャー

編集プロダクション、メッセンジャー(自転車便)を経て、妻であり編集者の野中ミサキと「NaNo.works」を結成。紙&WEBメディアなどで企画・編集・執筆に携わる。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数