リーボック(Reebok)は、環境へ配慮し持続生産可能な商品の新たな取り組みとして、“栽培”が可能な素材を使用したシューズ「Cotton + Corn(コットン+コーン)」を開発し2018年8月にアメリカで発売。(※日本での発売はなし。)

このシューズの開発プロジェクトは、環境に配慮し、持続生産が可能な“栽培”で生み出だすことができる素材を用いてシューズを作り出すことをゴールとして2017年に始動。

シューズのアッパーはコットン100%でできており、トウモロコシをべースとしたソールが採用されています。

またインソールは唐胡麻の実の油からできており、100%リサイクルのパッケージも使用されています。

Reebok、“栽培”が可能なエコスニーカー「Cotton + Corn」を開発! fashion180918_reebok_1-1200x801

プロジェクトの責任者ビル・マックイネス コメント

「スニーカーの多くは、フォーム材によるクッショニング性とシンセティックラバー(合成ゴム)を作り出すため石油を使用しています。毎年、200億足ものシューズが生産されていますが、その生産方法は環境的に持続生産可能なものではありません。リーボックでは、栽培ができる素材を活用することから始め、石油系の素材ではなく植物を使用することにしました。サスティナブルな資源を使用し、テストと開発を重ね、履き心地や性能は他のシューズと引けを取らない植物由来のシューズを完成させました。」

「『NPC UK Cotton + Corn』は、USDA(アメリカ合衆国農務省)の承認を受けたバイオ素材を75%含んだ、シューズ市場で唯一 の商品です。しかしこれはリーボックにとってスタートでしかなく、今後私たちは様々なデザインのシューズを提供していく予定です。 購入者はそれぞれが持つシューズがどのような製品で、素材は何を用いているのかを知ることで気持ち良く履くことができるようになるでしょう。」

今回のシューズはアメリカでのみ販売されていますが、将来的に日本でも購入することができるようになる日がくるのかもしれません。

Reebok、“栽培”が可能なエコスニーカー「Cotton + Corn」を開発! fashion180918_reebok_3-1200x1800

詳細はこちら

Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

Published on