新世代のジャズ・トランペッターとして世界に名を轟かせるキーヨン・ハロルド、最新アルバム『ミュジシャン』が9月29日(金)から発売開始。アルバム収録曲でロバート・グラスパー等が参加した“ウェイフェアリング・トラヴェラー”の試聴もスタート。

Wayfaring Traveler (Audio)

ロバート・グラスパーがピアノを担当

この新曲にはロバート・グラスパーがピアノ、ジャーメイン・ホルムズとジョージア・アン・マルドロウがボーカル、他にマーカス・ストリックランド(b-cl)、バーニス・トラヴィス(b),サム・バーシュ(key)が参加。キーヨン・ハロルドが作曲、作詞はジャーメイン・ホルムズとジョージア・アン・マルドロウとの共作。

ロバート・グラスパーも参加。音の魔術師キーヨン・ハロルド最新作『ミュジシャン』から新曲公開 keyon-700x700
『ミュジシャン』ジャケット写真

二人の男女をテーマに音と魂の旅路がゆったりと綴られてゆくこの曲は、2015年9月にキーヨンの車から全ての曲が盗まれる事件に遭遇した際、難を免れて手元に残ったという幸運の1曲でもあるという。

マイルス・デイヴィスの演奏シーンを担当

キーヨン・ハロルドは2016年に公開されたマイルス・デイビスの伝記的映画『Miles Ahead/マイルス・デイヴィス 空白の5年間』(原題:Miles Ahead)でドン・チードル扮するマイルスの演奏シーンを担当していた。その豊かな音楽性とソウルフルなパフォーマンスに感激したドン・チードルは、“Musician”(ミュージシャン) と“Magician”(マジシャン)を合わせた造語の“ミュジシャン”というニックネームをつけて大絶賛した。

同映画の音楽監督をグラスパーが担当。オリジナル曲も提供しており、この新作『ミュジシャン』誕生に深く関わったプロデューサー的存在と言えるかもしれない。アルバム『ミュジシャン』には1曲ずつ異なるゲストを迎えており、ゲイリー・クラーク・ジュニア、ビラル、ビッグ・クリット、ファラオ・モンチ、クリス・デイヴ、テラス・マーティン、ジェームズ・ポイザー等シーンを牽引する錚々たるアーティストたちが参集している。

RELEASE INFORMATION

[amazonjs asin=”B0756CJ8XV” locale=”JP” title=”ミュジシャン”]
詳細はこちら

Published on

TODAY'S RANKING