plan01_celine-3_20181119

スペインのビーゴで開催されたアーバンカルチャー&エクストリームスポーツのフェス<O Marisquiño>で桟橋が崩壊し300人以上が負傷をしたと報じられている。

数百人以上が負傷し9人が入院し、死に至るような重症者はいないが5人が重症だと『The New York Times』が報道。

事件が起きたのは、スペインのラッパーRels Bが出演していた深夜12時頃。

桟橋崩壊し、観客が水の中に折り重なるように滑り落ちたと伝えられています。

CBSは重量オーバーの可能性が高いと、ビーゴ港の責任者が推定していると報道。

ビーゴ市長がTwitterで地元警察、消防士、警備員など事故現場で活動中で、崩壊した桟橋の下敷きになっている参加者はいないと報告している。

AFPによると、桟橋は1990年代に設置されたもので、長さ30メートル、幅10メートルで木製。

ラッパーRels Bが観客にジャンプするように促したところ桟橋が崩壊したようだ。

フェスの主催者は事故への協力を感謝すると共に、事故の原因が専門家により検証されることを待っているとの声明を発表している。

また、ラッパーRels BはTwitterでフェスの主催者の投稿をリツイートしヘルプデスクの場所を投稿している。

Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

Published on

Last modified on