町田康の傑作小説『パンク侍、斬られて候』が主演・綾野剛、脚本・宮藤官九郎、監督・石井岳龍という最強の布陣で実写映画化。

二度と集結不可能な超豪華キャスト達が、宮藤官九郎の脚本と石井岳龍監督による爆裂ワールドで極限の個性を爆発させた映画『パンク侍、斬られて候』は6月30日(土)公開となる。

セックス・ピストルズ楽曲が日本映画の主題歌に初公式使用!

今回、主題歌がパンク・ロックを代表するイギリスの伝説的バンド、セックス・ピストルズ(Sex Pistols)の“Anarchy in the U.K.”に決定したことが発表された。彼らの様々な伝記映画など、セックス・ピストルズの音楽が使用された映像作品は多いが、日本映画の主題歌にセックス・ピストルの楽曲が公式に使用されるのは今回が初めてのこと。

同曲は1976年に発売されたピストルズのデビュー・シングルであり、過激な歌詞とキャッチーなサウンドで彼らの人気を決定づけた代表曲。彼らの解散後もメガデスやモトリー・クルーなど様々なロック・バンドにカバーされ、愛されているロック史に残る名曲だ。同曲をはじめ、彼らの音楽に影響を受けたバンドやミュージシャンは後を絶たず、今もなおセックス・ピストルズは伝説以上に音楽界の血肉となっていると言えるだろう。

将軍の格好をした猿は永瀬正敏だった!

主題歌の発表と同時に、これまでビジュアルや特報映像が解禁する度に、誰が演じているのか話題となっていた将軍の格好をした猿、大臼延珍(デウス ノブウズ)役が永瀬正敏であることも明かされた。永瀬が大臼になるまで約3時間以上かかるという。

この特別映像にセックス・ピストルズ“Anarchy in the U.K.”が使用されているので公開より先に是非チェックして欲しい。

映画『パンク侍、斬られて候』6月30日公開 主題歌解禁特別映像

『パンク侍、斬られて候』

6月30日(土)全国ロードショー

監督:石井岳龍
脚本:宮藤官九郎
原作:町田康『パンク侍、斬られて候』(角川文庫)

出演

綾野剛
北川景子、東出昌大、染谷将太、浅野忠信、村上淳、若葉竜也、近藤公園、渋川清彦、國村隼、豊川悦司ほか

配給:東映
(C)エイベックス通信放送

詳細はこちら

Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

Published on