plan01_recruit_20181113a

「都市と音楽の未来」をテーマに東京・渋谷から発信する音楽カルチャーの祭典<TOKYO MUSIC ODYSSEY 2018>の一環としてジャンル、カテゴリをも超越したラインナップが揃う<SCRAMBLE>が6月9日(土)、6月10日(日)の2日間にわたって開催される。

<SCRAMBLE>とは?

2018年・渋谷。
古くから音楽やファッション、アート等をはじめとするストリートカルチャーの発信地として根強い街であり、東京五輪を控えた今現在は都市計画が進み、海外からの旅行者も増え、多文化・多国籍な街として日々変化している。

街中にもSNS上にもストリート文化は存在しており、どちらにも出会いやきっかけが詰まっている様に思える。その双方の混同点を楽しめる音楽イベント、それが <SCLAMBLE>だ。

気になるラインナップを紹介!

6月9日(土)の <SCRAMBLE 1>では、向井秀徳アコースティック&エレクトリック、国府達矢、呂布カルマ、Campanella といったポエトリーとオルタナティヴな要素を兼ね揃える奇才な演者が集結。

そして、imai、YELLOWUHURU の参戦でより混沌とした空間になる事必至だろう。

6月9日(土)深夜の <SCRAMBLE 2> は、kZm(YENTOWN)、Ryohu from KANDYTOWN(Band Set)をはじめ、東京のクラブシーンを加熱化させているアクトが登場。

映像作家として活躍する山田健人のKENTO YAMADA AUDIO VISUAL CRASHやWWWβでも定期イベントを行っているDJクルー・CYK等、各々様々な振り幅で活動するアーティスト達が一堂に会する稀有な一夜となる。

6月10日(日)に終日開催される <SCRAMBLE 3>は、バンドサウンドを軸に日本各地を拠点する出演陣が、1日目からバトンを受け取り更にフロアの熱気を上げる。

北は北海道からthe hatch、南は沖縄からヤングオオハラといった、エモーションを具現化するかの様なライブアクトに胸打たれるに違いない。

ジャンルやカテゴリを超越していると言っても過言ではないラインナップが揃った<SCRAMBLE>というあらゆる混同空間で、体感者それぞれに新たな出会いやきっかけが生まれること間違いない!

EVENT INFORMATION

<SCRAMBLE 1>

2018年6月9日(土)
OPEN 17:30/START 18:00
Shibuya WWW/WWWβ
ADV ¥2,800/DOOR ¥3,300(1ドリンク別)
向井秀徳アコースティック&エレクトリック/Campanella/呂布カルマ/国府達矢/imai/YELLOWUHURU/Romy Mats (解体新書 | N.O.S.)/矢車

詳細はこちら

<SCRAMBLE 2>

2018年6月9日(土)
OPEN 24:00/START 24:00
Shibuya WWW/WWWβ
ADV ¥3,000/DOOR ¥3,500(1ドリンク別)
KENTO YAMADA AUDIO VISUAL CRASH/kZm(YENTOWN)/ Ryohu from KANDYTOWN (Band Set)/THE THROTTLE/Qiezi Mabo/OKAMOTO REIJI/LISACHRIS/食品まつり a.k.a foodman SEKITOVA/CYK

詳細はこちら

<SCRAMBLE 3>

2018年6月10日(日)
OPEN 13:00/START 13:30
Shibuya WWW/WWWβ
ADV ¥3,500/DOOR ¥4,000(1ドリンク別)
jan and naomi/スカート/バレーボウイズ/Homecomings/TENDOUJI odd eyes/the hatch/uri gagarn/ヤングオオハラ/ゆnovation/butaji/酒井少年/NTsKi/Mom/DAWA/TOMMY/光の森 (FOOD)/しのぶ先生の背後霊スケッチ
詳細はこちら

Published on