celine_plan01_20180916

2015年に始まった、カルチャーパーティー<SETSUZOKU>のラウンジイベント<SETSUZOKU LOUNGE>。DJ SARASAやDJ HASEBEなど豪華DJ陣のプレイだけでなく、Levi’sやNIKEなどの企業や、国内外のストリートブランドとのコラボレーションを数多く手掛け世界で活躍するペインターMHAKが一年がかりのペイント (公開制作) を行うなど、音楽だけではない “カルチャーパーティー”としての魅力に溢れたイベントとして人気を博しています。

その人気イベントが10月から場所をCIRCUS TOKYOに移し、毎週木曜日に開催されることが決定! そこからさらに11月、そして12月のスペシャル開催へと続いていきます。様々なカルチャーを共有する場所として刺激を提供してきた<SETSUZOKU LOUNGE>のスペシャル開催という事で、12月のスペシャル開催に期待が高まります。

そんな12月開催の予習、そして助走をつけるために10月の<SETSUZOKU LOUNGE>は見逃せないところ。しかしながら、夜開催のイベントに苦手意識がある方や、そもそもイベント自体を知らなかった、という方もいらっしゃるはず。そこで今回はそういった方々に向けて<SETSUZOKU LOUNGE>の魅力をお伝えします! 注目のアーティスト・DJはもちろん、エキシビションやVJといった“音楽以外“のカルチャーの情報、さらにはイベント当日を丸々楽しむ為の周辺情報もご紹介します!

見どころ&アーティスト紹介!

10月6日(木)

初日となる10月6日(木)の目玉はなんと言ってもtofubeats。2013年、森高千里らをゲストに迎えたEP『Don’t Stop The Music』でメジャーデビューをする以前から、ネットで膨大な量の楽曲を公開し続け、その中でも、当時大学生だった彼が配信した楽曲“水星 feat.オノマトペ大臣”がiTunes Storeのチャートの総合1位を獲得。新世代のトラックメーカーとして一気に頭角を現しました。

– 水星 feat,オノマトペ大臣(PV)

2015年には所属していた事務所を離れ、自身のマネジメント会社を設立。そして同年には岸田繁(くるり)、中田ヤスタカ、okadada、小室哲哉、さらには玉城ティナ、Dream Amiといった錚々たるメンバーを迎えた『POSITIVE』をリリースしました。

/ トーフビーツ -「すてきなメゾン feat. 玉城ティナ」

tofubeats / トーフビーツ -「POSITIVE feat. Dream Ami」

様々な人々を巻き込みながら、日本のポップミュージックの先端を走るtofubeats。“新世代”という冠ももう必要ないのかもしれませんね。この日はその他にも、長きに渡りシーンのトップDJとして精力的な活動を続けるDJ HASEBE、レーベル〈Melody&Riddim〉を運営するシンガーソングビートメイカー・DJ、G.RINAも参戦。初日から間違いない布陣が揃います!

10月13日(木)

13日(金)はDJ STYLISHこと鎮座DOPENESSに大注目。ラッパーとして活躍する彼を語る上で欠かせないのがフリースタイル。まずはこちらの動画をご覧ください。

鎮座DOPENESS 鎮座ドープネス @ CISCO 2

圧倒的なスキルでMCバトルコンテスト<ULTIMATE MC BATTLE 2009>を制した鎮座DOPENESS。さらに、ももいろクローバーZのアルバムに作詞家として参加したり、YUKIの“波乗り500マイル(feat.KAKATO)”に参加したりとその活躍は多岐にわたります。

 『波乗り500マイル(feat.KAKATO)』

ちなみに、この時に組んだもう1人のラッパー、環ROYとのユニットKAKATOも、トラック、ラップ共に中毒性抜群なので是非チェックして欲しいところです。

わーい waai / KAKATO(環ROY×鎮座DOPENESS)

今年の夏にEP『ぼくの夏休み』を発売した、“HIPHOP界のTUBE”ZEN-LA-ROCKと、HIPHOPユニット「サイプレス上野とロベルト吉野」のラップ担当、LEGENDオブ伝説 aka サイプレス上野もこの日に登場します!

10月20日(木)

20日(木)には、般若とRumiとともにヒップホップ・グループ般若で活躍し、2015年 には<OUTLOOK FESTIVAL JAPAN 2015 SOUND CLASH>で優勝を飾るなど、現在もシーンの最前線を走り続けるDJ BAKUが登場します。

DJ BAKU & MC CARDZ / OUTLOOK FESTIVAL SOUNDCLASH 2015 JAPAN

鎮座DOPENESS同様、DJ BAKUもジャンルの垣根を超えて活躍する人物の1人。いとうせいこう、七尾旅人を迎えて制作された “CALL“のリリースや、渋谷慶一郎&東浩紀コラボの
初音ミクを使用したアルバムに参加。さらには相対性理論と渋谷慶一郎の公演にもゲスト出演しています。アニソンDJもこなすサービス精神旺盛な、国内屈指のターンテーブリストのプレイは見逃せません!

DJ BAKU feat.いとうせいこう,七尾旅人 – 『CALL』

この日はその他に、国内だけでなく、海外でも人気のエレクトロダンスユニットDEXPISTOLSの元メンバー・DJ DARUMAと、Louis Vuittonやadidasなど、様々ブランド主催のパーティでもDJを行うDJ SARASAも参戦します。

次ページ:10月ラストの<SETSUZOKU LOUNGE>10月27日(木)の見どころは?

Qetic編集部

Qetic編集部

編集部

Published on

Last modified on

celine_plan02_20180916