Advertisement japan_qetic_1140x180_summer19_logo

2018年4月7日(土)開催される都市型フェスティバルSYNCHRONICITY’18の第6弾ラインナップが発表となった。

今回発表されたのは、フィリピンからUDD(Up Dharma Down:以下、UDD)、台湾からElephant Gym、香港からGDJYB、タイからMoving and Cutのアジア勢4組。

<SYNCHRONICITY>ではアジアからの来日客も増えており、より一層アジアとの音楽シーンを近づけるべく、今回のブッキングに至ったそうだ。

UDD(Philippines)、GDJYB(Hong Kong)、Moving and Cut(Thailand)の3組は初来日となる。今回の発表で48組のアーティストが出演決定となった。

また、UDDの初来日を記念して、インストバンドRegaを擁する〈WORDS Recordings〉と都市型フェスティバル<SYNCHRONICITY>で日本独自編成ベスト盤を4月4日(水)にリリースすることも発表された。

UDDは、フィリピンの重要インディーロック/ポップバンドの一つで、これまで三枚のフルアルバムをリリース。Red Hot Chili PeppersやThe xx、Bloc Party、Incubus、Tahiti 80などのオープニングアクトとしても演奏。本国では10,000人規模の単独公演を行っている。

<SYNCHRONICITY’18』、及び、『SYNCHRONICITY’18 After Party!!』の出演アーティストは今後も追加となるので、引き続きの発表も楽しみに待とう。チケットはイープラス、クラベリア、及び、TSUTAYA O-EAST店頭にて販売中となっている。

EVENT INFORMATION

<SYNCHRONICITY’18>

2018.04.07(土)
open 13:00 / start 14:00(時間予定)
TSUTAYA O-EAST、TSUTAYA O-WEST、TSUTAYA O-nest、duo MUSIC EXCHANGE、clubasia、VUENOS、Glad、LOFT9

第6弾発表アーティスト
・UDD (Philippines)
・Elephant Gym (Taiwan)
・GDJYB (Hong Kong)
・Moving and Cut (Thailand)

第1弾〜第5弾発表アーティスト
・渋さ知らズオーケストラ
・サニーデイ・サービス
・toe
・SPECIAL OTHERS
・SOIL&”PIMP”SESSIONS
・水曜日のカンパネラ
・the band apart
・bonobos
・Ovall
・韻シスト
・WONK
・LUCKY TAPES
・ReN
・toconoma
・fox capture plan
・JABBERLOOP
・CHAI
・向井太一
・Tempalay
・MONO NO AWARE
・Have a Nice Day!
・King Gnu
・Ryu Matsuyama
・DALLJUB STEP CLUB
・MISTAKES
・TENDRE
・踊Foot Works
・MANON
・Maika Loubté
・pavilion xool
・パブリック娘。
・Lucky Kilimanjaro
・betcover!!
・SUPER SHANGHAI BAND
・DJ New Action!
・ニーハオ!!!!
・ドラびでお
・DMBQ
・milkcow
・FUCKER
・柴田聡子
・DEATHRO
・チーターズマニア
・Limited Express (has gone?)×ロベルト吉野

<SYNCHRONICITY’18 After Party!!>

2018.04.07(土)
openstart 22:00(時間予定)
clubasia
20未満の入場はできません。入場の際に写真付身分証明証の提示が必要となります。

出演アーティスト
【LIVE】
・KONCOS
【DJ】
・FREE THROW(弦先誠人/神啓文/タイラダイスケ/cabbage boy)
・CLUB SNOOZER(田中宗一郎/ヒサシ the KID)
・shakke-n-wardaa

各種チケット

SYNCHRONICITY’18 ¥5,800
SYNCHRONICITY’18 After Party!! ¥2,800
SYNCHRONICITY’18 & SYNCHRONICITY’18 After Party!! 通し券 ¥8,000

販売期間:1月27日(土)正午12:00~

※前売券完売の際は、当日券の発行はございません。

オフィシャルウェブサイト

イープラス

クラベリア

Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

Published on

Last modified on