plan01_recruit_20181113a

ハワイ在住の生粋のロコガール、15歳のTegan(ティーガン)と14歳のKaylen(ケイレン)からなる、ボーカル&ウクレレ・デュオのティーガン&ケイレン(Tegan & Kaylen)

この夏、長谷川潤の出演するJAL HAWAII CMソング“今キミ想う”を含む7曲入りアルバム『Tegan & Kaylen』の全世界配信リリースでデビューし、<FUJI ROCK FESTIVAL’18>へ、フジ史上最年少での出演が大きな話題となっていたが、2人のパフォーマンスに魅了されたコメントも多くSNSで賑わせていた。

「15歳と14歳のTegan & Kaylenかわいすぎたし、前日の疲れを一気に癒してくれた演奏に感謝! 今年のフジMVP決定!」

「フジロック最年少出場、ハワイから来たウクレレデュオTegan & Kaylenが良すぎた!! 致死量の爽やかさだった……good musicは易々と海を越えるんだ!」

「Tegan & Kaylenのウクレレサウンドめちゃくちゃよかった・・・・・・ハワイと沖縄の風が苗場に吹いた!日本でめちゃくちゃ人気出そう!」

今回は、苗場にハワイの風を吹かせた注目のデュオの<フジロック>でのパフォーマンスのオフィシャルレポートが到着した!

Live Report:ティーガン&ケイレン
@FUJI ROCK FESTIVAL’18

ティーガン&ケイレンが苗場にハワイの風を吹かせた!ケンドリック・ラマー、ジャック・ジョンソンのカバーも披露! music180811_teganandkaylen_6-1200x873

ティーガン&ケイレンが苗場にハワイの風を吹かせた!ケンドリック・ラマー、ジャック・ジョンソンのカバーも披露! music180811_teganandkaylen_5-1200x800

<FUJI ROCK FESTIVAL’18> 7月29日(日)午前のGypsy Avalonステージに舞い降りたハワイのロコガール達は、ショートデニムで惜しみなく露出した健康的な素肌を輝かせ、続々集まる観客に「アローハー!」とハワイ流の挨拶。

キュートなルックスだけでなく、今年ハワイで行われた<インターナショナル・ウクレレ・コンテスト>では総合優勝含む、4冠を総ナメした実力を持つウクレレのスキルに、ギター演奏も交えたパフォーマンス。

ティーガンの大人顔負けのソウルフルなボーカルと、ケイレンのまっすぐでハスキーなボーカルが織りなすピュアなハーモニーを苗場に響かせる。

天使の歌声に聞き惚れたのか、ティーガンのマイクスタンドにはずっとトンボ(Dragonfly)が立ち止まっていた。

前日から<フジロック>入りしていたという2人は、MCで「お気に入りのアーティスト“ケンドリック・ラマー”のステージを観に行ったの!」と興奮気味に声を揃え、「今日は大好きなハワイ出身の先輩アーティスト“ジャック・ジョンソン”を観に行くよ!」と話し、ケンドリック・ラマー&SZAの“All The Stars”を歌とラップで聴かせ、ジャック・ジョンソンの”Upside Down”と“Banana Pancakes”を立て続けに披露という、彼女達なりの<フジロック>メドレーで観客を大いに沸かせる。

ティーガン&ケイレンが苗場にハワイの風を吹かせた!ケンドリック・ラマー、ジャック・ジョンソンのカバーも披露! music180811_teganandkaylen_2-1200x800

ティーガン&ケイレンが苗場にハワイの風を吹かせた!ケンドリック・ラマー、ジャック・ジョンソンのカバーも披露! music180811_teganandkaylen_7-1200x800

ティーガン&ケイレンが苗場にハワイの風を吹かせた!ケンドリック・ラマー、ジャック・ジョンソンのカバーも披露! music180811_teganandkaylen_4-1200x800

ティーガン&ケイレンが苗場にハワイの風を吹かせた!ケンドリック・ラマー、ジャック・ジョンソンのカバーも披露! music180811_teganandkaylen_3-1200x800

デビュー・アルバムに収録された、JAL HAWAII CMソングにもなっている美しいバラード“今キミ想う(Ima Kimi Omowu)”の作曲を手掛けたBEGINのギタリスト島袋優がスペシャルゲストとして登場し、“今キミ想う”を共演。そして、日系アメリカ人であるティーガンが「私が幼い5歳の少女の時から歌い親しんでいて、15歳になった今でも歌い続けている曲です。」と紹介し、なんと日本語でBEGINの名曲「涙そうそう」を2人で歌い上げる。

Tegan & Kaylen / 今キミ想う (Ima Kimi Omowu)

(ケイレンも沖縄の血が入っているそう。)

“涙そうそう”を歌い始めると、苗場にも雨が降り始めた。

ラストパートは、ハワイ・ローカル音楽界の歌姫、キミエ・マイナーの有名曲“Make Me Say”でコールアンドレスポンス、2年前に作ったというティーガン&ケイレンのオリジナル・ソング“All The Time”のアップチューンを披露、計9曲、40分のパフォーマンスで苗場をハッピーなヴァイブスで包んだ。

終演後は、ステージを沸かせた史上最年少出演<フジロック>アーティストの2人に、観客が握手や写真を求めに駆け寄り、一人一人に満面のアロハ・スマイルで対応する印象的な場面も。

ティーガン&ケイレンのインスタグラムでは、デュオならではの“フェスティバル・ファッション”のコーディネートや、ジャック・ジョンソンと対面した嬉しそうなショットも上がっている。

ティーガン&ケイレンが苗場にハワイの風を吹かせた!ケンドリック・ラマー、ジャック・ジョンソンのカバーも披露! music180811_teganandkaylen_8-1200x1498

まだまだ15歳と14歳という若きミュージシャン2人の成長が楽しみでならない。

8月25日(土)には、ハワイのアラモアナ・センターのセンターステージでパフォーマンスがあるというティーガン&ケイレン。

もしハワイに訪れる予定があれば、2人の歌声に触れに出かけてみるのも、また素敵な時間が過ごせること間違いないだろう。

SET LIST

M1.Perfect Day
M2.Guava Jam
M3.Wahine Ilikea
M4.FUJI ROCK SPECIAL MEDLEY
-All The Stars (Kendric Lamar,SZA)
-Upside Down (Jack Johnson) / Kaylen
-Banana Pancake (Jack Johnson) / Tegan

M5.今キミ想う(Ima Kimi Omowu) with Masaru Shimabukuro(BEGIN)
M6.涙そうそう with Masaru Shimabukuro(BEGIN)
M7.Fire
M8.Make Me Say (Kimie Miner)
M9.All The Time

Vocal/Ukulele/Guitar:Tegan Inoue
Vocal/Ukulele:Kaylen Landry
Drums/Bass:Leo Nanjo
Special Guest:Masaru Shimabukuro(BEGIN)
Photo:Bungo Tsuchiya

RELEASE INFORMATION

『Tegan & Kaylen』

ティーガン&ケイレンが苗場にハワイの風を吹かせた!ケンドリック・ラマー、ジャック・ジョンソンのカバーも披露! music180811_teganandkaylen_001-1200x1200

2018.07.25(水)
Tegan & Kaylen
[amazonjs asin=”B07F4465TS” locale=”JP” title=”今キミ想う / Perfect Day”]詳細はこちら
iTunes

Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

Published on

Last modified on