plan01_celineH2_20181015

ダコタ・ジョンソン、ティルダ・スウィントン、クロエ・グレース・モレッツらが出演し、レディオヘッドのトム・ヨーク(Thom Yorke)が音楽を手がけることもすでに大きな話題となっている映画『サスペリア(原題)』。

先月には、来年1月の日本公開、さらにトム・ヨークによるアルバム『Suspiria (Music for the Luca Guadagnino Film)』のリリースが公式発表され、合わせて公開された表題曲にも称賛の声が集まる中、サード・シングル“Volk”が公開された。

Thom Yorke – Volk

ホラー映画のための音楽制作は、トム・ヨークに新たな挑戦と機会をもたらし、『サスペリア』は彼の今までのどのような作品とも一線を画すものになった。本作ではトム・ヨークが作曲とアレンジを担当し、レコーディングとプロデュースは、トム・ヨークとサム・ペッツ・デイビーズが行っている。

さらにアルバムには、ロンドン・コンテンポラリー・オーケストラと聖歌隊がフィーチャーされている。トムの息子であるノア・ヨークは“Has Ended”含め2曲でドラムを演奏し、パーシャ・マンスロブが“Suspirium”でソロフルートを演奏している。

トム・ヨークによる最新作『Suspiria (Music for the Luca Guadagnino Film)』は10月26日(金)に世界同時リリース!

国内盤は2枚組CD、本作を高音質で楽しめるUHQCD(Ultimate High Quality CD)仕様となり、歌詞対訳と解説書が封入される。数量限定でオリジナルTシャツとのセット販売も決定。

またiTunes Storeでアルバムを予約すると、公開中の“Suspirium”と“Has Ended”、“Volk”がいち早くダウンロードできる。

Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

Published on