Advertisement japan_qetic_1140x180_summer19_logo

水曜日のカンパネラが新曲“マトリョーシカ”のMVを公開。

“マトリョーシカ”は、6月27日(水)にリリースされるEP『ガラパゴス』の中の1曲で、フランスのバンド、メロディーズ・エコー・チァンバー(Melody’s Echo Chamber)のギタリスト・パブロ率いるムードイド(Moodoid)とコラボレーションした楽曲となっている。

ムードイドとは、今年5月11日に東京・代官山 SPACE ODDで開催された<La Magnifique Society in TOKYO>と題した同フェスのキックオフパーティーでも共演しており、彼の2ndアルバム『Cité Champagne』の“Langage”という楽曲では、水曜日のカンパネラが参加する形でコラボレーションを行っている。

全編ワンカットで撮影されておりコムアイとムードイドが互いにどこからともなく登場する

今回公開されたミュージックビデオは、昨年8月に行った生配信ライブ『水曜日のカンパネラLIVE RECORD(170831石巻市荻浜)』の撮影・監督も手がけた山田健人氏が監督を務めている。
 
今作は山田監督が手掛ける初めての水曜日のカンパネラのMVとなる。光と影のコントラストが美しい廃墟の中で、全編ワンカットで撮影されておりコムアイとムードイドが互いにどこからともなく登場して、一見ワンカットで撮られていないようにもみえる不思議な映像となっている。

“マトリョーシカ”は6月1日(金)よりEP『ガラパゴス』のリリースに先駆け、デジタル先行配信がスタートしている。

来月からは<La Magnifique Society>、<Les Eurockeennes>と2ヶ月連続でフランスで開催されるフェスに出演する水曜日のカンパネラ、フランスを代表するアーティストムードイドとの今回のコラボレーションでどんな作品が生まれたのか音源とMV両方をぜひチェックしてほしい。

コムアイ コメント

はじめてのフランス人のともだちと、たのしい曲をうたいました!

身体は宇宙。輪廻を繰り返す細胞のうた。

MVもぜひ。

水曜日のカンパネラ&Moodoïd『マトリョーシカ』

RELEASE INFORMATION

EP『ガラパゴス』

水曜日のカンパネラ、新曲“マトリョーシカ”のMVを公開!コムアイとムードイドが出演するワンカットMV music180323_wedcamp_1

2018.06.27(水)
水曜日のカンパネラ
CD WPCL-12888 ¥2,500(+Tax)
アナログ WPJL-10103 ¥3,500(+Tax)

収録曲
01.かぐや姫
02.南方熊楠
03.ピカソ
04.メロス
05.マトリョーシカ
06.見ざる聞かざる言わざる
07.愛しいものたちへ
08.キイロのうた

詳細はこちら

EVENT INFORMATION

水曜日のカンパネラ・円形劇場公演

2018.06.30(土)、07.01(日) ※雨天決行・荒天中止
OPEN 17:00 / START 18:00
河口湖ステラシアター 野外音楽堂
先行チケット全席指定
大人:5,500円(税込)
高校生~大学生:3,900円(税込)
子供~中学生:2,500円(税込)
お子様:2歳以下は無料。親同伴

GARAGEチケット先行
受付期間:4月9日(月)18:00〜4月15日(日)23:59

受付URL:http://g.wed-camp.com/news/detail/334
詳細はこちら

▼RELATED
水曜日のカンパネラとのコラボ曲も収録!サマソニでの共演も期待したいムードイド(Moodoid)新作リリース決定!

Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

Published on