現在導入が検討されている次世代通信規格、5G。2020年にサービスが本格的に開始される、との噂が。5GとはFifth Generationの略で、簡単に言えば4Gに次ぐ第5世代の移動通信システムという意味だ。5Gの通信速度(10Gbps以上)は、現行4Gの約100倍と、通信速度が圧倒的に向上されることが特徴だ。目安では、2時間程度の映画を5Gだと約3秒でダウンロードできてしまうほどの速さになると言われている。

2018年10月3日に催された総務省による「第5世代移動通信システムに関する公開ヒアリング」にて、各キャリアが2019年から一部の地域を対象とした5Gのプレサービスを開始する計画を発表した模様。また、2020年には楽天が本格的にサービスを開始することも発表されたようだ。

5Gが導入されることによって、さらにIoT化が進むことが予想される。スマホのみならず家電、自動車、電車などあらゆる身の回りのものが、インターネットに接続することで簡単に利用でき、一層手間いらずになる。映像の8K化に遠隔での手術、自動運転のデータ収集による安全性の向上など具体的な事例も続々と紹介され始めている。小説や映画の世界がどんどん現実になってきている。果たして、まだまだ進歩する技術に私たちはついていくことができるのだろうか。

Published on