6月27日(木)よりクラウドファンディングサイトMakuakeで、有線含む最大5台のデバイスを同時に充電可能なワイヤレス充電器「GAZE TRAY」が先行予約受付中だ。

見た目もクールなワイヤレス充電器「GAZE TRAY」

「より良い人生を」「新たなライフスタイルを」という目標からスタートしたGAZE TRAYは、AppleiPhoneApple WatchAirPodsユーザー向けの製品で、Appleのさまざまなデバイスを一度に充電できる。デバイスを充電する際に設置位置に悩む必要がなく、各デバイスの決まった位置に置くだけで充電が可能。iPhoneはiPhoneスペースに、Apple WatchはAppleWatchスペースに、AirPodsはAirPodsスペースに。シンプルで便利な使い心地となっている。

クラウドファンディングで達成率驚異の969%!最大5台も充電できるスタイリッシュなワイヤレス充電器「GAZE TRAY」が登場 tech190710_gazetray_1-1920x1440

また最大48Wの出力が可能となっているので、それぞれのデバイスをしっかり充電することができる。iPhoneの充電部分は最大10Wの充電システムを搭載。またApple WatchとAirPodsの充電部分は純正充電器と同一の最大3W対応のワイヤレス充電器が採用されている。

Apple製品だけでなく、Samsungの「Galaxy S8|S8+」以降のGalaxyシリーズにも対応しているため、Appleユーザーでなくても利用が可能となっている。

クラウドファンディングで達成率驚異の969%!最大5台も充電できるスタイリッシュなワイヤレス充電器「GAZE TRAY」が登場 tech190710_gazetray_9-1920x1215

クラウドファンディングで達成率驚異の969%!最大5台も充電できるスタイリッシュなワイヤレス充電器「GAZE TRAY」が登場 tech190710_gazetray_7-1920x2247

クラウドファンディングで達成率驚異の969%!最大5台も充電できるスタイリッシュなワイヤレス充電器「GAZE TRAY」が登場 tech190710_gazetray_6-1920x702

充電だけじゃなく、物置きとしても利用可能

Appleデバイスの充電スペース以外にも他の所持品を置けるように、264㎠と広めのトレイサイズになっていることも魅力のひとつだ。充電スペース以外に財布やサングラス、ネックレスや名刺など色々な持ち物を置くことができる。

さらにiPhoneの充電状態を確認できるLEDライトも内蔵されており、充電中には緑、待機中は青、エラーが起きると赤で点灯するように設計されているため、一目で充電状況が確認できてしまう。

クラウドファンディングで達成率驚異の969%!最大5台も充電できるスタイリッシュなワイヤレス充電器「GAZE TRAY」が登場 tech190710_gazetray_5-1920x1280

しかも3つの材質と9つのカラーから選ぶことができるので、自身の好みに合う最適なデザインを選ぶことも可能。Apple Watchを使わない方のためのLiteバージョンもあったりと、まさに非の付け所のない製品となっている。

これ一台あれば、もう複数の充電器を買う必要もなし。もし、ワイヤレス充電器をお探しの方でどれにするか迷っているという方は、一度チェックしてみるといいかも。

クラウドファンディングで達成率驚異の969%!最大5台も充電できるスタイリッシュなワイヤレス充電器「GAZE TRAY」が登場 tech190710_gazetray_3-1920x1401

クラウドファンディングで達成率驚異の969%!最大5台も充電できるスタイリッシュなワイヤレス充電器「GAZE TRAY」が登場 tech190710_gazetray_4-1920x1401

PRODUCT INFORMATION

GAZETRAY / GAZETRAY Lite

クラウドファンディングで達成率驚異の969%!最大5台も充電できるスタイリッシュなワイヤレス充電器「GAZE TRAY」が登場 tech190710_gazetray_main-1920x1281

大きさ(全製品同一):295mm X 197mm X 18mm
重さ(電源アダプターは除く):450g(Classic Lite, Basic Lite, Chrome Gold Lite)
電源アダプター:ダークグレー(Classic)|ホワイト(Basic, Chrome Gold)
構成品:GAZETRAY本体1 EA、マニュアル1 EA、電源アダプター1EA
(電源アダプター:韓国、ヨーロッパ兼用変換端子/イギリス専用変換端子/アメリカ、日本兼用変換端子)

詳細はこちら

竹田賢治

竹田賢治

ライター

Published on