今年9月にも発表を控えているとされるAppleの最新iPhoneiPhone 13」シリーズ。すでにプロトタイプの製造も進んでいるとされる本シリーズは昨年発売されたiPhone 12シリーズ同様、計4種類のモデルが登場することも伝えられている。Proシリーズの登場も示唆されている中、この度新たな情報が飛び込んできた。

i

Phone 13のカメラはアップデートなしの可能性?

Apple関連の情報に精通するアナリスト、ミンチー・クオ氏が先日独自の調査レポートを発表し、2022年までiPhoneシリーズのレンズ仕様に関するアップデートは実現しない、という予測が記されていたことが判明している。クオ氏いわく、現在Appleのカメラレンズ類の提携サプライヤーであるラーガンと玉晶光電との間で、熾烈な価格競争が繰り広げられており、その結果サプライヤーの収益性に大きな影響を与える可能性があることが伝えられている。この価格競争は2022年まで続くことが予想されており、新型iPhoneのカメラレンズの性能に影響を及ぼす可能性もあるという。クオ氏は、終結までレンズ性能の刷新は実施されない、とも示唆している。

iPhone 12 Proシリーズでは、iPad Proにも採用されている光検知測距センサー「LiDARスキャナ」の搭載も実現し、甚だしい進化を遂げたことも注目を集めたが、iPhone 13シリーズではカメラ仕様が変わらない可能性も? さらなる情報に期待したい!

iPhone 13でカメラのアップデートは実現しない?2022年までレンズ仕様変わらずの可能性 tech210112_iphone13_1
Photo via Apple Newsroom