plan01_celineH2_20181015

ジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence)のヌード写真を流出させたハッカー、ジョージ・ガロファノが8ヶ月の懲役刑の判決をうけました。

ジョージ・ガロファノはジェニファー・ローレンスのiCloudアカウントに違法にアクセスし、ヌード写真を含むプライベートな写真や個人情報をインターネット上に流出させ逮捕。

8ヶ月の懲役刑の判決のほか、釈放後にも3年間保護観察処分も課せられたようです。

他に3人が逮捕、懲役刑。ケイト・アップトン、アリアナ・グランデらも被害

ジョージ・ガロファノは2014年に発生した著名人たちへのハッキングで訴追されている4人のうちの1人で、その他の3人は9ヶ月から18ヶ月の懲役をすでに課せられています。

被害にあった著名人はジェニファー・ローレンスだけでなくケイト・アップトン、アリアナ・グランデ、キルスティン・ダンストらも被害にあっています。

ID、パスワードを聞き出そうとするフィッシングサイトなどに注意!

今回の事件では、AppleのiCloudのセキュリティが破られた訳ではなく、IDとパスワードが不正な方法で引き出されたことが流出の原因だったようです。

今でもフィッシングメール、フィッシングサイトなどを用いて、IDとパスワードを不正に盗むという犯行が日々行われています。

ID、パスワードを入力する場合にはサイトに不審な点がないか、URLが不正なドメインのものではないか確認することが重要になりそうです。

Appleはアカウントの安全性をより確かなものにするために「2ファクタ認証」の設定を推奨しています。

iCloudのセキュリティの概要 – Apple

Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

Published on