plan01_recruit_20181113a

先日発表された2018年のMacBook Proの15インチモデルでカスタマイズすることのできる「第8世代の2.9GHz 6コアIntel Core i9プ‍ロセッサ(Turbo Boost使用時最大4.8GHz)」。

最新のMacBook Proの中で最高のカスタマイズを施したこのモデルで負荷のかかる作業をした場合、熱により性能が低下してしまう可能性をテック系のレビューを投稿するYouTuberデイブ・リーが指摘しています。

MacBook Pro 15 (2018) – Beware the Core i9

MacBook Pro(2017)よりレンダリングテスト結果が悪い?

動画では5K動画レンダリング速度テストが行われ、Intel Core i7搭載の2017年のMacBook Pro 15インチモデルが35分22秒でタスクを終えたのに対し、Intel Core i9搭載の2018年のMacBook Pro 15インチモデルは39分37秒かかってしまっています。

試しに冷凍庫に入れて同様のテストを行なった結果27分18秒でタスクを終えることができています。

長年使用しているデバイスや真夏の暑い屋外、室内などでの仕様で性能が低下することはありますが、一般的なの使用環境で性能が低下するとなれば冷却など対策を考えなければならないかもしれませんね。

MacBook Pro – Apple

▼RELATED
約400日ぶりに登場!新MacBook Proは旧モデル比で過去最大級の性能向上!

新MacBook Proに搭載、第3世代バタフライキーボードは改善されている可能性が高い!

Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

Published on