Advertisement japan_qetic_1140x180_summer19_logo

現在、Googleで開発中のウェブサイト認証システム「reCAPTHCA v3」は超高性能。あの煩わしい文字入力や画像選択をする必要もなくなるそうだ。

これまでの人間とボットを見分けるシステムの多くは歪んだ文字を読んで手入力したり、条件にふさわしい画像を複数選択したりと、かなり面倒で複雑な作業が必要になる。しかも、文字入力するにしても歪みすぎて結局読めなかったり、画像選択するにしても抽象的な質問が多かったりする。きっと皆さんもそんな経験があるだろう。

現在開発中の「recapthca v3」であれば、こうした面倒くさい作業が一切必要なくなるようだ。

Introducing reCAPTCHA v3

ソフトウェア企業のSilktideのCEOであるOliver Emberton氏の解説によると、人間かボットかを分析するため、現行の「reCAPTCHA v2」では、使用しているコンピューターのタイムゾーンやIPアドレスとおおよその場所、さらにコンピューターの画面サイズと解像度といったハード面のスペックにウェブブラウザ、プラグインや拡張機能などソフトウェアに関する項目、またページの表示に要した時間、マウスをクリックした回数や、タップやスクロールの回数など、さまざまな要素がチェックされているそう。

また、Googleはウェブブラウザの中に「Fingerprint(指紋)」と呼ばれる目に見えないテキストや画像を描いて、それをGoogleに確認のために送信させるということを行っているとのこと。このFingerprintの表示速度やその結果をGoogleのサーバーで解析することで、人間とボットを見分ける手がかりを得ているようだ。つまり、私たちが経験しているような煩わしい作業がある程度必要である、ということだ。

一方で、先ほども説明した通り開発中の「reCAPTCHA v3」ではこれらの作業がまったく不必要になるとか。一体どのように機能するようなるのか、またその仕組みについて、現在のところ全く手がかりがない、とEmberton氏も説明している。

「私はロボットではありません」に応える必要なし?新たな認証システムが開発中 recaptcha-190218-1200x800

参照:GoogleQuora

Photo:Duncan Rawlinson

竹田賢治

竹田賢治

ライター

Published on

Last modified on