ザ・チーフタンズ
PR

【ライブレポ】アイルランドが誇る国宝級バンド、ザ・チーフタンズ(The Chieftains)が魅せた特別な一夜

11月30日(木)、東京・Bunkamuraオーチャードホールにて行われた、アイルランドが誇る国宝級バンド、ザ・チーフタンズ来日公演。1991年の初来日から数えて11回目となる今回の日本ツアー。日本を代表する和太鼓奏者・林英哲や沖縄音楽を代表する歌い手・古謝美佐子ら豪華出演陣も登場した貴重な来日公演をレポート。

42
PR

【インタビュー】ストーンズと共演、キューブリック映画にも参加!生ける伝説、ザ・チーフタンズの偉大な歴史を辿る

2017年に結成55周年を迎える、アイルランド伝統音楽・ケルト音楽の最高峰バンド、ザ・チーフタンズ(The Chieftains)の矢野顕子、ハンバート ハンバートらをゲストに迎えての来日公演が開催。ザ・ローリング・ストーンズと同世代で共演歴もあるリーダー、パディ・モローニにインタビュー。長いバンドの歴史、来日公演への意気込みを訊いた

29
チーフタンズ
MUSIC

ストーンズ、ポール・マッカートニー、忌野清志郎とも共演、ザ・チーフタンズ来日!

2017年に結成55周年を迎える、アイルランド伝統音楽・ケルト音楽の最高峰バンド、ザ・チーフタンズ(The Chieftains)の来日が決定。スタンリー・キューブリック監督の『バリー・リンドン』で音楽を担当し、1975年にグラミー賞を受賞。ローリング・ストーンズ、ポール・マッカートニー、ジョニ・ミッチェル、ライ・クーダー、エルヴィス・コステロ、ロジャー・ウォーターズ、ヴァン・モリソン、パヴァロッティ、ジャクソン・ブラウン、アート・ガーファンクル、スティング、ロジャー・ダルトリー、ジョン・ウィリアムズ、ロンドン・シンフォニー・オーケストラ、矢野顕子、忌野清志郎、林英哲(和太鼓)、古謝美佐子、遊佐三森、元ちとせ、とも共演。

19
ウィ・バンジョー・スリー
PR

【インタビュー】ウィ・バンジョー・スリー、現代音楽シーンにおいて再評価されるアイルランド音楽の牽引者

目下の最新作である3rdアルバム『ストリング・セオリー』がUSビルボード・チャートのワールド部門で一位に輝くなど高い評価を受け、今週末開催の<Peter Barakan’s LIVE MAGIC!>2日目のトリも飾るウィ・バンジョー・スリー(We Banjo 3)のエンダ・スカヒル、マーティンとデイヴィッドのハウリー兄弟の3人にインタビューした。

52
INTERVIEW

【インタビュー】『ゲド戦記』や坂本龍一との共作で知られるガイタ奏者=カルロス・ヌニェスとは? 日本スペイン交流400年記念として来日する彼に迫る

[Carlos Nunez]ガリシア出身のガイタ(ガリシアン・バグパイプ)奏者であるカルロス・ヌニェスの音楽に実は私たちは数多く触れている。

0
plan03_mayo_20170818

RANKING

DAILY

WEEKLY

MONTHLY

Qetic Instagram 04 B