ARIKAが6月6日(水)から16日(土)に渡って、鉛筆で描かれた666枚の個展<666>を半蔵門のANAGRAで開催する。

6月9日(土)にはオープニングパーティーも催され、i-Dなどに取り上げられたバンドthe hatchがライブを、akiram enEMARLEらがDJとして登場する。

ARIKA Solo Exhibition

「666」


2017年8月
この企画はARIKAを含め数名の作家と吉祥寺で呑んだ時に半ば冗談で始まった
 
666枚描いて来年の6月6日にANAGRAで展覧会をする
バカみたいでシンプルな思いつき

翌日彼から『あれだけ盛り上がったんだから責任取ってくださいよ』とメールが来た
だいたいざっくりと計算して毎日3枚くらいのペースで描いて行けば間に合うと

僕はアーティストの展覧会を企画する時できるだけ彼らに憑依して、お客さんをどう楽しませるかを考える
やるかやらないかはそれやってみたい、見てみたいと思うかどうかが判断の基準

ただでさえ無茶な企画なのに彼のスタイルは全然この企画に向いていない
手数は多いし、コンピューターに頼ることもできない
描いて終わりではなく定着剤で処理もしなければいけないしそもそも完成というのを見極めるのが困難な作品が多い
そんな彼が毎日3枚の作品を仕上げ2018年の6月6日までに666枚の作品を描きあげる
まるで修行のような話だけれど僕は勝手にワクワクしていた
666枚描きあげるまでに一体どんなストーリーが待ち受けているだろう
描くということと生活するということが同意になり日常で得たナニカが新鮮なうちにアウトプットされる
意識が無意識に変わった時彼がどんな絵を描き始めるのか楽しみでしょうがない

僕らは定期的に雑談を交えて色々な経過を報告し合う

昨日も報告を受けた
僕が預かっていた最初に描いた100枚を目の前にしてサイズも内容も現在進行しているものとは全然違うしこの時描けなかったものが描けるようになったという

そういう実感を得ることは実はすごく難しい
反復と工夫が必要だし見直すタイミングも重要だ
『何があっても続ける』僕の尊敬するアーティストが教えてくれた秘密
誰でもわかることだけど本当は一番難しいこと

ARIKAのずっと続けていることの、そしてこれからも続けていくことの途中がANAGRAの壁を隙間なく埋め尽くす
この展覧会は東京で生活する25歳の芸術家のドキュメンタリー
生きていることで作品に全然関係ないことなんてひとっつもないという意思の表明

2018年4月某日某所
細野晃太朗

ARIKA

1992年生まれ。多摩美術大学絵画学科版画専攻卒業。鉛筆を使ったドローイングによる表現をしている。様々なモチーフで構成する画面の気持ちのよさを重視し、其れ等の織りなす空間、物語を想像できるかのような作品を制作している。多岐に渡り作品提供・コラボレーション等、活動の幅を広げている。(2018)

ARIKAさん(@arika_dx)がシェアした投稿

EVENT INFORMATION

ARIKA Solo Exhibition
「666」

2018.
06.06(水)〜06.16(土)


平日 15:00-22:00 / 休日 14:00-21:00
半蔵門 ANAGRA

詳細はこちら

EVENT INFORMATION

opening party

ARIKAが個展「666」をANAGRAで開催。鉛筆で描いた666枚を6月6日より展示開始 art_culture180523-anagra-2

2018.
06.09(土)
22:00 – 5:00
¥1,500(+1d)
LIVE
the hatch

DJ
akiram en
EMARLE
adak7(GARDEN)
dew(-Drone屋敷-)

詳細はこちら

ARIKA

船津晃一朗

船津晃一朗

Qetic編集部

Published on

Last modified on