ART&CULTURE

57
photo by レアメタル伊藤(左から、美紅、いちごれあ、miyako、ひつじちゃん、ソノラマ)
plan01_recruit_20181113a
蜷川実花×異色肌ギャルのコラボが実現!六本木アートナイト2017が極彩色に染まった夜。 sub-700x1064
photo by レアメタル伊藤(左から、美紅、いちごれあ、miyako、ひつじちゃん、ソノラマ)

 

9月30日(土)、港区六本木で開催された「六本木アートナイト2017」(同イベントは9月30日〜10月1日にわたって開催)にて、同イベントのメインプログラム・アーティストを務める「蜷川実花」が演出を手がけたパフォーマンス「TOKYO道中」に、いまネット上で話題の「異色肌ギャル」が出演。まさに極彩色×極彩色の見事なコラボレーションが実現した。

六本木ヒルズアリーナに設置されたメインステージは、蜷川実花の鮮やかな世界が観客を非日常の世界へと誘う大規模なインスタレーション作品となっており、18時と19時45分の2回に渡ってこのメインステージを使ったパフォーマンス「TOKYO道中」が行われた。

「映画 攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL」のオープニングテーマ「川井憲次 / 謡I」が流れ、会場が幻想的な雰囲気に包まれるなか、異色肌ギャルほか、KUMI、ちびもえこ、GIMICO、檜山晃、竜電、山田葵、MASHUFO、キリコガール、An’’z、POILABらが出演。

すし詰め状態となった六本木ヒルズアリーナの会場からは、どよめきと歓声があがっていた。
 

蜷川実花×異色肌ギャルのコラボが実現!六本木アートナイト2017が極彩色に染まった夜。 DSC_9535-700x466
photo by @lmskii
蜷川実花×異色肌ギャルのコラボが実現!六本木アートナイト2017が極彩色に染まった夜。 DSC_9598-700x466
photo by @lmskii
蜷川実花×異色肌ギャルのコラボが実現!六本木アートナイト2017が極彩色に染まった夜。 DSC_9635-700x466
photo by @lmskii
蜷川実花×異色肌ギャルのコラボが実現!六本木アートナイト2017が極彩色に染まった夜。 DSC_9648-700x466
photo by @lmskii
蜷川実花×異色肌ギャルのコラボが実現!六本木アートナイト2017が極彩色に染まった夜。 DSC_9771-700x466
photo by @lmskii
蜷川実花×異色肌ギャルのコラボが実現!六本木アートナイト2017が極彩色に染まった夜。 DSC_9815-700x466
photo by @lmskii

六本木アートナイト2017

蜷川実花 / TOKYO道中

異色肌ギャルとは?

蜷川実花×異色肌ギャルのコラボが実現!六本木アートナイト2017が極彩色に染まった夜。 miyako-main-700x700

モデルやライターとしても活動する「miyako」によってプロデュースされたプロジェクト「異色肌ギャル」。2017年6月に新宿歌舞伎町「蓮」にて撮影された写真がネットニュースやtwitterを中心に大きな話題を呼び、世界中から注目を集めている。
 


 

蜷川実花×異色肌ギャルのコラボが実現!六本木アートナイト2017が極彩色に染まった夜。 S__15638553-1-1-700x700

miyako プロフィール

 

コラムはこちら 

船津晃一朗

船津晃一朗

Qetic編集部

Published on